2010年09月18日

カポック綿

無事に断食も終わり、月曜日から子供たちの学校がまた始まる。
この休み中に作ったものがこちら。

IMG_0617.JPG

枕。

普通のを一つと抱き枕二つ。
もっと作る気だったが綿がなくなったので、また綿を仕入れてからにする。
カバーはユメが新生児のころに使っていたおくるみを縫い直した。
中身の綿は、このブログにもよく登場する田舎のおばあちゃんが集めてとっておいてくれたもの。

インドネシアの枕の綿は、カポック綿といって、その木はわりとどこにでも生えている。

kapuk.JPG watanomi.JPG

30m以上はあるかな。
実がなって、皮がむけて中の綿が盛り上がって出てきだしたら、だいたい落ちてくるので、その落ち葉ならぬ落ち綿をおばあちゃんが集めておいてくれた。

中身の詰まった新しい枕、やっぱり寝心地が違う!
抱き枕なんかアオとユメで取り合いするし。
ギューッと詰まってるかんじが羽毛布団とはまったく違うけど、なんなんやろこの抜群な弾力性。
でっかいゴムの塊の上で寝てるみたいやわ〜。

しかし綿詰めってけっこう大変なんやね。
綿がフワフワ舞って、服にいっぱいついて、もうちょっと小さいものにしといたらよかった。
次回は座布団にチャレンジしよう。
おばあちゃんの日々の綿拾いに感謝感謝!
posted by ubor at 18:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 動植物も熱帯性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

お歳暮

やっと断食29日目。
あと1日である。
ふうーー。
きつかった。
この断食中に3回も熱が出て、もうふらふら。
でもご飯の用意とか掃除は私しかしないし、主婦は病気でも断食でも年中無休。
さらに、年々胃が弱くなってきているのをひしひしと実感した。
断食が始まってしばらくすると、嘔吐及び胃痛をともなってくるのは毎年恒例。
同じく胃弱な父からもらった胃薬は、このたびはまったく効かなかった。
だんなは「もう断食やめ」と言った。
これも毎年恒例のことである。
さて来年は断食しているんだろうか。

断食が終わる前、日本で言うところのお歳暮シーズンとなる。
だんなが仕事関係の会社からもらってきたお歳暮がこちら。

DSC00468.JPG

日本のお歳暮の品と比べると、なんか派手。
あと、日本ならハムのセットとか、佃煮のセットとか、1種類の品物が違う味やパックで入っているのだが、インドネシアのものはいろいろ入っている。
バター、ペプシ、砂糖、お菓子、練乳、コーヒー、紅茶、なんかが詰め合わせられている。
また、箱ではなく、木のかご入りで、透明のラッピングがされている。
言うとくけどええ値するんよ。
うちもアオの家庭教師の先生に、一通りそろえてこのようなお歳暮を渡した。

明日から4日間、どこも定休日となる。
みんな田舎に帰ったり、親戚を訪ねていったり。
ともかく、明日1日だ。
ま、正確に言えば女性は断食の不足分をしなきゃならないのだが。
私は来週からすぐまた不足分するわと言ったら、だんなは
「また今度でええ」と。
こう甘やかされて、結局しない。
だんなは30日間きっちり断食した。(ちなみに禁煙も持続中!)
自分に厳しく奥さんに甘い。
ん、それでよいでしょう。
posted by ubor at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常チャ飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。