2010年12月31日

よいお年を

今年も今日で終わりとなった。
年末の挨拶と言えば、「よいお年を」。
しかしながら、この言葉をインドネシア語にして言っている人はいない。
幼稚園でも最終日先生に言われたのは、
「楽しい休暇を過ごしてください」
これはちょっと日本語の「よいお年を」とは異なる。
別の休暇でも使える言葉であり、年末限定ではない。
よいお正月を迎えてくださいの、「迎える」という意味が入っていないように思う。
英語の“Have a nice holiday.”にしろ、やはり「迎える」感じではない。
正月を「迎える」と言う言葉、日本人の民俗、慣習を感じる。

さて、インドネシアでは正月と言えども、日本とは違い、ごく普通の休日にすぎない。
日本でいうところの正月は、国民の大多数を占めるイスラム教徒にしてみれば、断食明け祭だと思う。
レバランという日。
そのレバラン前には「よいお年を」に近いレバラン特有の挨拶がある。
“Mohon maaf lahir dan batin.”
(モホン マアフ ラヒル ダン バティン)
今までの数々の御無礼をお許しください、という意味である。
レバラン前に会った人皆にこの挨拶をする。
最初は会う人会う人に謝ってまわるのは、なんか変なかんじだなと思っていたが、「よいお年を」と当てはめると日本人としてはしっくりくる。

うちも今から忙しい。
そばは売ってないので、年越しうどん。
そのうどん生地を冷蔵庫に寝かせてあるので、それを伸ばして麺状に切ってゆでて。
時差のため6時半から始まる紅白にそなえて、うどんはさっさと用意しておかなきゃならない。
あ、明日の朝のためのもち米も買いにいかなければ。

2010年も当ブログを御愛好くださり、ありがとうございました。
では皆さん、来年もよろしくお願いいたします。
よいお年をー!
Mohon maaf lahir dan batin.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。