2008年12月04日

募金

今朝早くに玄関チャイムが鳴った。
月初めに朝早く来る人といえば、
私「ケーブルテレビの集金やわ、5万ルピアとってこな」
だんな「孤児院が来た、はよ2万ルピアとってこーい」」
と意見は分かれたが、玄関ドアを開けたらだんなの正解。
孤児院のおっちゃんだった。

孤児院が定期的に募金集めに来るんよね。
日本で募金って言うと街頭とか、学校の募金箱とか、個人の意思でするようなかんじ。
しかしここではまるで訪問販売のごとくやってくる。
しかも孤児院だと訪問販売のようにむげにできず、払わないなんて言えない。

イスラム教は、困っている人を助けたり、物やお金をあげたりするのが普通である。
いや、そうしなければならない、言わば義務である。
怪我した人がいると、急いでいるからといって決して素通りすることは誰もしない。
どんどん人が集まってきてあれやこれやと手を差し伸べる。
そしていいことをすれば、その分自分に返ってくる。
日本語で言うところの「情けは人のためならず」という教え。

今日孤児院に募金した分、なんかいいことあるかな〜。
2万ルピア(約165円)分、ん〜ちょっとしょぼいか・・・
posted by ubor at 20:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 学ぶ、イスラム教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
募金の類は嘘も多いから、ほんまに募金するならどこからきてるか聞いて自分で持って行くようにしてたっていうとったわ、うちの旦那。2万ルピアしょぼくないやろ。インドネシアより物価の高い日本でも10円とか100円でもありやし。
Posted by りなごん at 2008年12月05日 15:16
>りなごんさん

そう、怪しいやつもいっぱいいてんのよなー。
うちが募金してるとこは、その孤児院の名前やロゴ入りの封筒に入れて出して、募金表も作って持ってくるのねん。
日本の詐欺師やあるまいし、そこまで手の込んだ偽者はおらんやろうと思ってんねんけどな。
日本って物価がごっつい高いわりには募金額低いよな。
Posted by ubor at 2008年12月05日 17:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。