2009年02月15日

金縛り

昨夜、10年ぶりくらいに金縛りにあった。
久々の恐怖。
とはいっても幽霊を見たこともないし、霊感があるということもない。
ただ疲れがたまっているだけかと思われる。
10年前も確か大学の卒論だかなんだかで疲れていた。
今ストレスを抱えていることもあり、またやってきたようだ。

金縛りとは、かかったことのない人には分かり辛いだろうが、とにかく小指1本動かせない。
声も出せない。
で、私の場合は、寝ている自分とは別の自分が体から出ようとする。
そう、幽体離脱。
寝ている自分は出ようとする自分に、出たらあかん、出たらあかん、と心で叫び戻そうとする。
出ようとする自分が少し起き上がったところでグッとものすごい力で戻されて、目が覚め体も動くようになる。

この話をだいぶ前にだんなにしたところ、
「『ビスミッラー』って言わんと寝るからや」と言われた。
「ビスミッラー」とはイスラム教徒のよく使う言葉で、床につくとき、車に乗るとき、ご飯を食べるときなど何かするときに言う言葉。
意味は簡単に言うと、私の身は神様のもので神様が守ってくれる、というようなこと。
正確には「ビスミッラーヒラフマニーラヒー」と長く続きがある。

夕べ寝る前、言ってなかったよー、「ビスミッラー」。
でも金縛りにあってる間はだんなの言葉を思い出し、ひたすら「ビスミッラー」を唱えた。
でも遅かったようだ。
効かなかった。
しかも昨日は完全に体が離脱して立っていた。
でもふわっと浮いて倒れて元の体に戻った。
でもまた出ようとして、引き戻して、それを何回か繰り返してやっと解けた。
もうほんっまに怖ーて怖ーてがく〜(落胆した顔)
すぐさまだんなのベッドに行って揺すり起こした。
「ちょっと、『ビスミッラー』何回言うても体が出て行こうとするねん、めっちゃこわいーこわいー、一緒に言うてよー、手持っといてよ」
だんなは寝ぼけ眼でむにゃむにゃしながらも添い寝してくれて、無事に普通の眠りにつくことができた。
今日は絶対に忘れんと「ビスミッラー」言うて寝よう。
「ビスミッラー」の続きの言葉も全部言うて寝ないかんわ。
その前にまずストレスと疲れを解消せんといかんのやけど。
posted by ubor at 02:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 学ぶ、イスラム教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きゃーーー!恐ろしい!こわいですね、リアル(描写が上手い!)私自身はないですが・・・。
私も言ってます〜。寝る前。旦那がこないだ金縛りにあったみたいで、隣で寝てたら私に「ママ、叩いて起こしてよ!!」って言うんです。でもどの瞬間から金縛りにあってるかなんてわからないし・・・(笑)ビスミッラ言い続けて、手をつないで、ビクッてなったら叩いてあげました☆三日ほど続いたみたいです。







Posted by kazumi at 2009年02月15日 18:41
幽体離脱!
あるんですね〜。まったく経験がないので、怖いもの見たさでちょっと体験してみたい気もします。
自分から魂が抜ける・・・不思議ですね〜。
Posted by gugu at 2009年02月16日 10:57
>kazumiさん

だんなさんもここ最近きっと疲れてるんでしょうね。
見た目には多分分からないと思います。
私の感覚では薄目開いててそれが白目です。
やっぱりビスミッラがいちばん効果的なようですね。


>guguさん

多分ね、一度あってしまうとそれからよくなるようになってしまう気がします。
例えばデスクワークのようにじーっとしてて疲れることを延々として、それで硬い敷き布団もしくは直に床で寝ると金縛りにあう確率は高いです。
もちろん怖いのであんまりおすすめはできませんよ。
Posted by ubor at 2009年02月16日 23:39
ビスミッラーの前に「アッウーンズビーラヒミナッシャイターンニッロズィーム」をつけたしてみてはいかがでしょう。ayat kursiを寝る前に読むのもいいそうですよ。

しょっちゅう起こると嫌ですよねえ。相当お疲れのようですのでゆっくり休んでくださいね!
Posted by ニサ at 2009年02月18日 07:03
>ニサさん

新たな対処法をどうもありがとうございます!
あれ以来金縛りにはあってないのですが、今の疲れは4月まで続いていく予定なので、寝る前は絶対忘れることなく言おうと思います。
だんなはだんなで一回ウスタスに話を聞いてもらおうって言ってます。
Posted by ubor at 2009年02月18日 23:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。