2009年11月30日

言葉武勇伝2

結婚してからもうぼちぼち丸7年を迎えようとしている。
だんなは私と付き合い始めてからというものだから、7年以上は日常的に日本語で会話しているということになる。
7年経ったからといって完全なる日本語ではなく、日に1度は必ず「は?何その日本語」と注意が入る。
(前回の言葉武勇伝はこちらクリック
今日は、「言いたいことはわかるが・・・」特集。


@
だんな「四人入るべやの患者さんが・・・」

「四人部屋」でいいねんで。
でもどうしても「入る」と言うならば、「四人入るへや」やから。
ま、言いたいことはわかる。


A
だんな「戦争1の頃にな、インドネシアは・・・・」

第一次世界大戦、
確かに長いよなー、言いにくいよなー、覚えにくいよなー。
ま、言いたいことはわかる。


B
だんな「あのジュースはかす入りみかんやから人気あるんちゃうか」

つぶつぶオレンジよな。
私も好きやわ。
言いたいことはわかる、でも、でも・・・その言い方は・・・
汚らしい感じがするので、これは厳重注意となったのであった。
この記事へのコメント
かす入りミカン・・・のところで笑ってしまいました。
おもしろい。
確かに。
けど販売してる会社から厳重注意を受けそうですね。
Posted by はつえ at 2009年12月01日 10:46
>はつえさん

ねー、汚いかんじでしょ。
みかんのつぶだけじゃなくて、皮とか種とかも入ってそうな。
Posted by ubor at 2009年12月01日 16:23
そうですか・・
でも、KCがしゃべっている
インドネシア語も、ひどいんだろうなぁ・・

どこがひどいのかは、
わかりませんが・・・笑い

Posted by KC at 2009年12月03日 00:34
私も「かす入りミカン」に座布団3枚!
ほんとに不味そう(笑)

でも、KCさんに激しく同意で、うちは私が武勇伝連発だと思います。
ここで生活すると聞き取りは確かに上達するものの、読み書きの機会は減ったし、マナド語の言い回しが普通になったりで、私のインドネシア語はどんどん汚くなってます。
Posted by エイプリル at 2009年12月03日 09:21
>KCさん

インドネシア語は日本語ほど細かい注意点がないような気がするんですが。
私はいつもマカッサル語を使うと笑われます。


>エイプリルさん

エイプリルさんもよく使ってしまうであろう言葉、「〜〜ト?」これじゃない?
私これ、ジャワ人にでも無意識に使ってしまうなー。
「〜〜カン?」がすらっと出てこない。
Posted by ubor at 2009年12月03日 22:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。