2010年03月09日

ムンガジ

DSC00283.JPG

こちらはアオの家庭教師の先生。
家庭教師といっても国語や算数ではない。
mengaji(ムンガジ)と言って、コーラン(イスラム教の経典)を読めるようになるための練習。

イスラム教徒にとってはコーランの勉強をするのは当たり前のこと。
これが読めなければ学校の宗教のテストもできないし、できなければ落第するのみ。
結婚式のときも確かだんなは読んでいた。
日常の中に宗教があるのである。

村落ではボランティアでこの読みだけを教えているおばちゃんが一人二人いて、みんな学校から帰るとイスラム服に着替えて、そのおばちゃんの家に本を持って読みの練習に行く。
親戚の叔母もそれをやっていて、夕方訪ねると子供らでごった返している。
また、うちもそうだが住宅地では、そういったおばちゃんのところよりも、読み書きを教えてくれるモスク(イスラム寺院)に通う子がほとんど。
うちもそうするつもりだったが、ママ友情報により、今は通う子供が多すぎて勉強せずに走り回ったりしている子もいる、とのこと。
家で一人でなら集中して進みも早いだろうと思い、家庭教師を呼ぶことにした。

さて、コーランとは、必ずしもアラビア語なのである。
こちらは入門書。DSC00291.JPG

DSC00287.JPG DSC00289.JPG

左の方がイクロ1といって、もっとも簡単。
すべてが単体で書かれている。
「ジャーアーハー、ジャーハーツァー」というふうに読んでいく。
右のほうは今アオがやっているイクロ4。
短いが、つづけ字になっている。
「ワーフーダン、マーバーラーカン」とちょっと難しくなる。
この入門書で文字を覚え、最終的にはコーランが読めるようになる。
お恥ずかしいことだが、まだ私は1のレベル。
単体でならなんとか読めるものの、つづけ字になるとちょっと・・・
アオはもうつづけ字もすらすらっと書きよるんよね。
6歳の息子に負けるなんて不勉強以外の何ものでもないのだが、今度ユメと一緒にがんばっていくつもりだ。
ぜったいユメとする!ここで公言しておこう。
それまでに退化しつつある脳を鍛えてとかんといかんな。
posted by ubor at 22:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 学ぶ、イスラム教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はアラブ人です
I can help you
to learn the arabic language
Posted by JoReNa at 2010年06月05日 01:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143187473
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。