2010年06月03日

トラジャコーヒー

トラジャ旅行記B

日本人でトラジャを知る人は、コーヒー通の人が多いかもしれない。
トラジャの名産品「トラジャコーヒー」は有名である。
コーヒー関連の日本企業が入っているので、友人にお願いしてコーヒー農園を見学させてもらってきた。
恥ずかしいが言っておこう。
私はカフェインアレルギーのため、コーヒーが飲めない。
さらに、だんなは典型的インドネシア人のごとく、コーヒーにはスティックシュガー4本、ミルクポーション2つも入れるという、コーヒー通でもなんでもない夫婦である。
でもかねてから見たかった。
インドネシアのプランテーションというものを。
そしてコーヒーの木というものを。
緑茶は製造工程が想像できるが、コーヒーは?マークがいっぱいである。
コーヒー豆の何がどないにどうなってコーヒーとなるのか。
さてさて、レポートいたしましょう。


行き道。
これにはおったまげた。
四駆で行くなんとかラリーとはこのことか。
道なき山中を行く。
右を見れば深い谷底、左を見れば崖崩れしそうな山肌。
心中穏やかではない。
座っているのに何度もジャンプして頭やあごを打った。
そんなジャングル山道をぐんぐん突き進む。
熱帯雨林のジャングルにあるといえば、こちら。

IMG_0430.JPG

カカオの木もいっぱい。
こんな実からどうやってチョコレートができるのか、気になるな。
今度はどっかカカオ農園も行ってみたいと思う。
カカオアレルギーのくせにまたそんなことを考えてしまった。

ラリーを終え、農園到着。
高級品、B級品、炒る前、薄皮付きの豆、いろんな豆を見せてもらい、工場での作業も見学。
IMG_0420.JPG

おばちゃんが手作業で選別していた。
実をとって、豆の薄皮むいて、選別して、それでもう出荷するそうだ。
その時点で色は薄緑のような大豆のような色。
出荷先で炒ってあの黒ーい色になる。

これはコーヒーの木。
ki.JPG

けっこう低木なんやね〜。170センチほどか。
そして実。
mi.JPG

さくらんぼ風。
赤いのがもう熟している実で、何粒か拝借して食す。

甘い!

そらそうか、木の実やもんな。
でも実とは言え、食べる部分はない。
皮からプチュッと出てきた種をねぶる感じ。
梅干の種をいつまでも口に残しておくと・・・そんな状態。
だからねぶってもすぐペッと種を出さなきゃならない。
あ、でもこの種の部分がコーヒー豆になるんやな・・・

コーヒー通ではない夫婦とはいえ、一応私も2口ほど飲ませてもらった。
ブラックのやつ。
さらっとした酸味の後に苦味がほわん。
芳ばしい香りがのどから鼻まで漂っていく。
だんなも、あれ、これはブラックででも飲めるな、とびっくりしていた。
そらそら全部手作業の高級品ですから。
ガイドのおじさんは、ブルーマウンテンに近いが、もうブルーマウンテンは有名になりすぎて機械を使っていい加減なものになってきている、と言っていた。
そうかー、いいコーヒー作りには手作業がかかせないんやな。
山にわんさかなってるコーヒーの実を、一つ一つ手で収穫し、人間の目で選別し、なんと手間をかけているのだろう。
トラジャコーヒー万歳!である。

実は、この農園でアオは泣いてしまった。
というのも蜂が多かったから。
ワーとかギャーとか言うとよけい近寄ってくるから、静かにじっとしときなさいと言ったのだが、それができないお兄ちゃん。
いじけていたので、ラリー並みの帰り道にはちみつを買ってやった。
IMG_0432.JPG

山道沿いに、こんなビール瓶に入れられて道々売っていた。
農園でとれたもののようだ。
コーヒー農園に行って蜂蜜を買って帰る。
なんかおかしいな。
いや、これが我が家風ということにしておこう。
posted by ubor at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常チャ飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コーヒーの木の実をたべたなんてすごい☆
見た目から「コーヒーチェリー」って呼ばれると聞きました。
甘さの他に酸味や香りなどはありましたか?

あ、わたしもコーヒー滅多にのまないんですけど(笑)
トラジャコーヒーは日本の喫茶店でもよく見かけるので、
ついオーダーしてしまいます。
上品なコクがあって好きな味です♪
Posted by ユリ at 2010年06月04日 13:34
>ユリさん

そうかー、コーヒーチェリーなら納得。
甘さのほかは特にないですねー、どんぐりみたいで。
喫茶店のコーヒーなら本物っぽいですね。
アメリカ系とかでよくあるコーヒーチェーン店のは、トラジャコーヒーと言えどもB級品らしいので。
Posted by ubor at 2010年06月04日 18:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152075214
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。