2010年10月28日

津波・噴火・洪水

今週インドネシアは天災続き。
地震で津波(スマトラ島)、火山噴火(ジャワ島)、洪水(ジャワ島)、ニュースを見ていてもかわいそうな映像ばかりが流れている。
南スラウェシは人災はいつものことだが、今のところ天災はこれといってない。
いつも心配してメールをくれる皆さん、大丈夫ですよー。
日本のみんなはこのブログを更新していることで、私の安否を確認しているようだ。

床上浸水の映像は、ほんとにもう見慣れたというと申し訳ないのだが、慢性的なものになってきている。
今後50年のうちに首都ジャカルタは水没するという予測もある。

火山噴火はびっくりするぐらい火山灰が飛んでいるようだ。
えー、そんなとこまでー、とかなり離れた距離の場所で、せっせこせっせこ灰掃除している人が映っていた。
火山灰のせいで呼吸困難となり亡くなった乳児もいる。

津波、これは本当に見るに耐えない。
海岸沿いの村落がまるごとなくなっている。
その荒地に黒いビニールでくるまれた無数の遺体。
それらの横で静かに涙を流す数人の女性。
これも運命ということか、泣きじゃくったり取り乱したりしている人はいない。

イスラムでは亡くなった人に対して、取り乱すのはよくないこととされている。
神の決めた運命。
遺体の横でじわーっと泣く。
ちなみに死後から遺体埋葬前の清浄をするまでの間、人の涙を遺体に落としてはいけない。
なので、日本のテレビドラマで見るような、亡くなったあとに遺族が泣きながら遺体を揺さぶったりしてる光景はまずない。
とにかくじわーっとハンカチで涙を押さえる。

今週は暗いニュースばかりだった。
亡くなった方々の御冥福を祈るとともに、現在避難されている方々が、1日でも早くもとの生活を取り戻せるように願っている。
posted by ubor at 18:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常チャ飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Terjadi Bencana banyak ですね・・

今、Temanが、Mentawaiにいっています。

この国のえらいひとたちが、
現地の悲惨さを見て、
心から、こういうことがないように
しないといけない、
と思ってほしいと思っています・・・
Posted by KC at 2010年10月30日 15:48
>KCさん

メンタワイ、正直もうあの島からは退去したほうがよさそうです。
スマトラは津波が頻繁で、復興してもいずれまた津波がやってくるように思います。
でも被災者の皆さんの気持ちを考えると、ふるさとを失うというのは耐えられないでしょうね。心が痛みます。
Posted by ubor at 2010年11月07日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。