2010年12月08日

1000ルピア硬貨

DSC00561.JPG

今まで紙幣だった1000ルピア、硬貨のほうもマカッサル市場にもだいぶ出回るようになってきた。
500ルピア硬貨よりも形は小さいが、重みはある。
小学生のころ、500円札が500円硬貨になりつつあったころを思い出す。
500円硬貨、ずっしりしていて握るだけで優越感があった。

1000ルピア硬貨の裏の絵はアンクルンという、インドネシアの伝統楽器が描かれている。
アンクルンに関しては、先日アジアウェーブに記事を書いたので、こちらを参照していただきたい。
http://www.asiawave.co.jp/rhama201012.htm

紙幣が硬貨になるということ、それはまさしくインフレ。
インドネシアに5年住んでいるが、「また高なった」と言う言葉を何度繰り返し買い物していることだろう。
野菜や卵、牛乳は約1.4倍は値上がりしていると思う。
不動産にいたっては、2〜3倍である。
1000ルピアでインスタントラーメン一袋が買えていたが、もう今は買えない。
硬貨となればもはや、子供らに握り締められて駄菓子屋のかごにチャリーンの運命をたどるのみ。
さて次は2000ルピア硬貨か?
その日も近いかもしれない。
財布が硬貨でパンパンになるというのは、うーんー、やっぱぶさいくや。
posted by ubor at 15:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常チャ飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1000ルピアが大雑把に言えば訳10円。
6月に行ったインドネシア下見の旅行で、桁の多さになかなか慣れず。
紙幣だと高額という印象を持ってしまうので、たんまり持っているつもりが、00を取ってみるとお財布の中にたいしたお金が入ってないよってことがたびたびありました。

Posted by hatsue at 2010年12月08日 20:56
>hatsueさん

今、0を3つとろうという改革の動きもあるようです。
桁の多さに慣れるにはまず、日本語で○○ルピアと言わないことです。
数字(金額)はすべてインドネシア語で。
簡単なのですぐ覚えられると思います。
Posted by ubor at 2010年12月09日 10:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/172353177
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。