2010年12月18日

アオが携帯を持った

DSC00584.JPG

わけではない。

インターネット接続を今まで家の電話回線を使っていたのだが、調子が悪くなって解約し、携帯の回線を使うのに変えた。
そのネット接続専用として買った携帯を、アオは自分のために買ってくれたと勘違いして使いこなそうとがんばっているのである。
うれしくてうれしくてしょうがないようだ。
真実を告げずともよしとする。

それでメールの仕方もを覚えたらしく、何度か私にメールをしてきた。
インドネシア製の携帯なので、アルファベットしか入力できない。
で、そのメールの中に気になるものが。

gomeng

ごめんのngになっている!

日本語の「ん」は音声上4つに分類される。
だが、表記はすべて同じ「ん」。
インドネシア語の場合の表記はそれらが3つに分かれる。
「さんま」の「ん」はm
「あんない」の「ん」はn
「げんき」の「ん」はng
「ほん」の「ん」もngで、言語学上ではこれはNと書いて区別する。
音声も an、am、ang ではインドネシア語の場合区別しなければならないが、日本人は意識しないとなかなかこの区別ができない。

日本語をアルファベットで書く場合、アオは律儀にこのの区別をしてくれているようだ。
「ん」を区別しないのが、なんか気持ち悪いらしい。
いや、別に私はnであればそれでええんやけどなぁ。
でも、私もその区別したい気持ちはわかる。
インドネシア語はザ行もサ行で発音し、zをセットと言う。
いやいや、ゼットやから。
二つの言語のはざ間で、自分なりのその表記方法を維持していくのだろうか。
いや、でも日本語のローマ字表記にngはいかんなぁ。
ローマ字表記を学ぶにははメールを活かすということになるか。
7歳の子が携帯を操作できる、もう今はそういう時代なんだよなぁ。
この記事へのコメント
これ、私には、全く気別できません・・

難しいですよね??

以前、日本人は、なんで、みんなngで
発音するんだ、といわれたことがありますが、
そんなこといったって、わからんのじゃもん、
という感じでした・・・泣
Posted by KC at 2010年12月22日 14:14
>KCさん

じっと口元を見ていればわかることもあるんですが、パパパッとしゃべってるのを聞いただけではなかなかね・・・
日本人ならn,ng,mは十分に意識しながらじゃないと難しいですね。
Posted by ubor at 2010年12月23日 19:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174008589
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。