2007年11月03日

ブラス

buras.JPG

これは竹の棒ではない。
ブラスと言う食べ物だ。
ご飯がバナナの葉に包まれている。

おもに、断食明けに訪れた客にもてなすご飯。
断食があけてから数週間経つが、材料がまだ残っていたのか、お義母さんが作った。

作り方はわりと凝っている。
普通のもち米と、黒もち米を混ぜて研いだものとココナッツミルクを混ぜる。
それを、バナナの葉っぱの型の中にギュッギュギュッギュと入れる。
その後は蒸して、さらに炭火で焼く。

バナナの葉をむくと、

174.JPG

このように赤飯状のものがころんころんと出てくる。
味も見た目も赤飯そっくり。
小豆さえ入っていれば。


ブラスを見てこの機会に!とピンときた。

アオのお箸の練習をしなくては!

今までも何度か挑戦したが、何しろインドネシアのご飯はモチモチ感がなく、箸ではなかなかつかめない。
だから練習しても、目の前に食べるものがあるのにうまく食べられないイライラで、アオはいつもごねていた。

でもブラスなら箸でもつかめる。
今日なら弱音を吐かずにできるかも!
いざ挑戦。

DSC00175.JPG

できました〜。

意外にもあっさりと。
持ち方も正しい。
こっちが拍子抜けしたくらいだ。
しばらく日本に帰っていたから、みんなのを見て覚えて帰ってきたのか?

アオは勢いづいて、晩ご飯も箸で食べると言ってノリノリで食べていた。
ブラスさまさまぴかぴか(新しい)

なんで今まで気付かんかったんやろ。
ユメのときもブラスで練習することにしよ。
posted by ubor at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おふくろの味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64385710
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。