2007年11月19日

メガロマン

アオはウルトラマンが大好き。
顔を見れば誰でどんな技を持っているか言える。

インドネシアでもテレビ放映されている。
今はウルトラマンマックス。
日本では数年前に放映されたもの。
すべてインドネシア語に吹きかえられている。

日本語のはYou Tubeにお世話になっている。
インターネットを通して、けっこう古いのも見ている。
なぜかだんなも隣で。

だんなも子供の頃、日本の戦闘系のテレビをよく見ていたらしい。
25ルピア(約4円)でレンタルもできたと。
その中でもだんなのお気に入りは、メガロマン

メガロマンなんて私は知らない。
調べると、日本では1979年に放映されていたようだ。
You Tubeでメガロマンを探し出し、アオと見ていた。
だんなもメガロマンを真似して、アオと戦闘シーンを繰り広げる。
だんなが叫んだ。

メガロマーン フィレー

megalo9.jpg

メガロマンの必殺技で、長い髪の毛が炎に包まれ、それで敵を攻撃する。
メガロマンフィレ。

?ちょっと待って。
フィレって何?
魚のフィレ?
肉のフィレ?
それがその技と何の関係があるの?

不思議に思って調べると、

Megaloman fire

ファイアーやん!

何がフィレや!

メガロマンファイアーじゃー!

それで火の出る髪の毛に納得がいった。


インドネシア語は、ローマ字のようにアルファベットをそのまま読む。
だからだんなは何の迷いもなく、20年以上「メガロマーン フィレー」と言っていたのだろう。

日本語のカタカナ英語も聞き取りにくいが、アルファベットのそのまま読みも、欧米人からしたら、たいがいびっくりじゃないかい?

ファイアーとフィレ、非なるものではないのだが。
アオにはきちんと英語の発音で「ファイアー」と教えておきました。
この記事へのコメント
ぎゃっはっは!!いやー笑いました。
うちのだんなもメガロマンに燃えていたそうです。その血を受け継いだ長男のウルトラマンシリーズをようつべで探していたらメガロマンがあって、そのときのだんなの喜びようといったらもう・・(笑)

さすがにフィレー!は聞けませんでしたがうちもインドネシア語読みでローマ字読むので一時期通りすがりのバス停の「警察前」を「けいさとぅだって!!けいさとぅ!!KEISATU」ってしばらくネタにしてました。

Posted by ニサ at 2007年11月19日 19:33
メガロマンですか?初めて聞きました。
そのまま読み ありますよねー。
それにしても YOUTUBEで 見るんですか?
いいですね。わたしなんか 毎月のUP,DOWNロード容量決っていますから あまり動画は見れません。
その上 私の場合、MP3のダウンロードだけでも かなりの量になってしまいますので ビデオクリップでさえ 気軽に見れません。ドラマとか見れるんですか?
羨ましいなー。
Posted by biru at 2007年11月19日 22:44
>ニサさん

おっ、ニサさんのだんなさんとうちのだんなは同世代ですね!
そのうち息子くんも「メガロマーンフィレー」と言うようになる可能性大。

けいさとぅで思い出しましたが、古代の日本語で、鼻血(はなぢ)は‘はなてぃ’と言っていたそうです。


>biruさん

You Tubeはうちもダウンロードはしていません。
そのまま見てます。
さらっと見れるものと見れないものがあって、長いドラマだと無理ですね。
そのへんの海賊版を買って楽しんでます。
そのことについては一度書きましたので、よければのぞいてください。
http://aotoyume.seesaa.net/article/50494551.html
Posted by ubor at 2007年11月19日 23:57
あすなろ白書は 94年か95年にこちらで放映されましたよね。もちろん吹き替えで。
あのころって 日本のドラマが たて続きに放映されてました。よく見ました。
Posted by biru at 2007年11月20日 19:56
>biruさん

そんな前に放映されてましたか!

最近は花より男子やってましたね。

でもテレビだとインドネシア語に吹き替えであって・・・やっぱり日本語で見たいです。
Posted by ubor at 2007年11月21日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67608669
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。