2007年12月14日

す・しゅ・つ・ず・じゅ

日本にいる頃、だんなの友達(インドネシア人)が日本人の友達とした会話。

イ「明日すりに行くんですよ」
日「えーーー、すり?どこで?」
イ「電車に乗って、ずーっと向こうの・・・」
日「で、電車の中ですりするの?」
イ「なんで!どうやって電車の中ですりするの?海や川じゃないと魚いないでしょ」
日「あー、つりか。びっくりしたー」


こんな間違いは頻繁なこと。
インドネシア人にとって、日本語の

す・しゅ・つ・ず・じゅ

を区別するのは難しい。

すり
釣り
修理
ずり
受理

うちのだんなですら言ったり聞いたりはできても、書けと言われるとう〜ん〜とうなってしまう。
なのでインドネシア人とお付き合いのある方、これらの言葉でおかしなことを言ってるようでしたら、す・しゅ・つ・ず・じゅをあてはめてみてください。
きっとしっくりくるはずです。

日本のことをよく知っているインドネシア人なら必ず歌える長淵の歌。


♪かたーいきずなに おもいを寄せて
  
  かたーりつくせぬ せいんの日々


鹿児島出身の長渕が、東北仕様になっちまうー。
お許しくだされ〜。
この記事へのコメント
ぶははは。わかります!わかります!
子供の名前付けるとき その「す」「つ」とか
こちらの人のいいずらい文字は避けましたよ。
Posted by biru at 2007年12月14日 22:08
わかるわかる!
日本語教師をしていたときは練習に「くつした」
「すずしい」を何度も何度も言わせてました。
Posted by ニサ at 2007年12月15日 07:33
>biruさん

あー、うちもね、ユメのとき名前の候補で「あんず」ってのが挙がってたんですけど、その‘ず’の部分のため却下されました〜。


>ニサさん

すずしいは確かに難しい!
すすしいとか、すじゅしいとか、なんか生徒さん、もう訳わからんくなってきてませんでした?
英語を勉強し始めた頃の‘th’の発音練習を思い出します。
Posted by ubor at 2007年12月15日 14:54
今日のお昼さ、「そうめん」だったのよ。
そうしたら夫「しょうめん」って言ったのよ。
10年も日本に住んでて「しょうめん」はないだろう・・・・。
夫の日本語能力に愕然としたわ。
Posted by Sarah at 2007年12月16日 22:27
>Sarahさん

Rさん、口内炎でもできてたんじゃない?(笑)
ついでに「じょーうさん、じょーうさん、おー鼻が長いのね」って歌わないでね。(笑)
Posted by ubor at 2007年12月17日 18:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。