2008年01月04日

木?米?

大晦日の夜、だんなと紅白歌合戦を見ていた。
最近の歌はわからないし、歌手を見ても誰?という人も。
でも昔のなら分かるので、曲のタイトルと、歌手名が表示されてわかる曲なら、さっと懐中電灯をマイク代わりに持ち、歌っていた。

私は、アンジェラアキも和田アキ子もなんかいろいろ気持ちよく歌った。
だんなはコブクロの歌を歌った。

もちろん二人とも歌詞を見ながらである。
私はいい。
だんな・・・漢字が読めない。
だから漢字をとばして、ひらがなカタカナだけ気持ちよく歌っていた。
しかしやはりそれでは消化不良なようで、だんだん漢字をむちゃくちゃに読み出した。

「歩きながら」を「いきながら」と読んだり、
「石」を「みぎ」と読んだり。
数限りなく無謀な読み方をし、私は訂正をしてあげながら、
「もうええって、無理せんでええって」
を繰り返した。
いい加減疲れ果てた頃、だんなが

「あ、次あれやで、木木CULB

しれ〜っと私は懐中電灯を取り、浪漫飛行を熱唱してやった。

♪君と出逢ってから いくつもの 夜を語り明かした
  はちきれるほどMy Dream
   トランク一つだけで浪漫飛行へIn The Sky
飛びまわれ このMy Heart

       By 米米CLUB           
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
いつも楽しく拝見させていただいております。
確かにインドネシアの年始は(年末、クリスマスも)風情がないので、紅白は、わたしにとっても、楽しみの一つです。周りの人の視線なんか気にせず歌ってました。(笑)
Posted by ぶーちん at 2008年01月06日 00:19
>ぶーちんさん

あけましておめでとうございます。
紅白を見て、やっと今日は12月31日だと実感がわいてきますよね。
風情がないのは、季節がずーーっと夏だからってのもの理由なのかな。
ぜひぜひ毎年大晦日は懐中電灯を片手に!
Posted by ubor at 2008年01月07日 00:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。