2008年01月10日

一月一日

今日1月10日はインドネシアでは祝日だった。
私は、インドネシアの祝日をはっきり覚え切れていない。
はてはて、今日は何の日かな・・・

新年(ヒジュラ歴)

あらあら、知らなかったわ。
イスラム教徒の使っているヒジュラ歴の1月1日である。
でもお正月の雰囲気はまったく無し。
テレビでは、首都ジャカルタのほうでしている催し物がニュースで取り上げられていたけど、マカッサルでは特に何にもなかったんじゃないかな。
ごく普通の祝日。


ヒジュラ歴は太陰暦である。
西暦は1年365日だが、それより約12日程度短い。
だから、毎年12日なり13日なり前へ前へとずれる。
おのずとヒジュラ歴に関係する祝日もずれていく。
あっ!
てことは!
ぺらぺらっとカレンダーの12月のところまでめくってみると・・・

ありましたー!

12月29日祝日。

もちろんヒジュラ歴の新年。

なんと今年は新年の文字が2回もカレンダーに載っている。
これって何十年に1回のめずらしいことのはず。

もしこれが子供時代で、日本のようにお年玉をもらえてるなら年に2回はめちゃうれしい。
いや、今でも紅白を年に2回見れるとなると、なんかうれしい。
おもちも食べれるとさらにうれしい。

が、マカッサル・・・何も無い・・・

ヒジュラ歴のお正月も盛り上がろうよー、インドネシア人たちー!
posted by ubor at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 学ぶ、イスラム教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77650973
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。