2007年11月08日

ぶつぶつ

最近なかなか寝付けない。
というのも、手の平と足の裏にできたぶつぶつのせい。
かゆくてかゆくてたまらない。
小さな小さな水ぶくれがブツブツブツーーーと。
インドネシアに住みだしてからときどきできるようになった。

何のアレルギーやろ?
マンゴー?
カツオ?
ダニ?
どれも日本にいたときも触れたことのあるもの。
でもこの3つが有力説だとだんなは言う。

日本に帰ったときにでも皮膚科に行こうと思うのだが、日本に帰ればまったく姿を現さないこのぶつぶつ。

一度医者に行ったことがある。
残念ながら、いつものごとくビタミン剤を処方されて終わっただけだった。
めまいがひどくて行ったときもビタミン剤だった。
どんな病気でもビタミン剤。
効くか効かないかは、信じるか信じないかにかかっているとも言える。

私のインドネシアぶつぶつ、経験者&このアレルギーでは!とピンときた方、是非ご一報いただきたい。

あー、今日もひつじを何匹まで数えれば眠りにつけるのだろう・・・
posted by ubor at 20:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

お土産

義弟が日本で買ってきたお土産を見てみた。

友達にはみんなに5本指の靴下。
確かにここでは売ってない。
そして安くてかさばらない。
決して友達全員が水虫というわけではないと思うが。
グッドチョイスである。

自分用に買ったものは、つま先がとんがったもんのすごいライダー靴。
若者ネックレス。
若者の服。
ボクサーパンツ。
いずれも、大きい声では言えないが、ファッションセンターしまむ○にて購入した。
もちろん義弟は、しまむ○に売ってるもののランクなど知りもしない。
今さら伝える必要もないだろう。

あと、いかにもという土産物屋で買ってきた日本地図のかかれたTシャツ。

DSC00173.JPG

この類の絵柄は、日本人は絶対買わないが、外国人観光客にははずせないもののよう。
さっそく大学に着て行っていた。

このTシャツ、ラベルのところに

サイズ150(14)

と書いてあった。
14歳くらいの身長が約150センチの子用ってことだろ!
ゆったりめなのか、ぴちぴちでも窮屈そうでもない。

外国人相手にものを売るなら、せめて
サイズSIZEと書いてて欲しかった。
気に入っているようなので、あえて何も言わないでおくか。
posted by ubor at 22:50| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

写真

昨日、日本からマカッサルに帰ってきた。

義弟はさっそく写真を現像に出してきて、旅の思い出を振り返っていた。

これは水族館に行ったとき。

DSC00408.JPG

大型淡水魚を、まるで幼稚園児のごとくへばりついて見入る義弟。
19歳の日本人男性でこれほど見入る人はいないだろう。

その他いーろいろな写真を撮っていた。

・自動販売機にお金を入れるところ
・その辺に停められていた大型バイクにまたがって
・稲
・近所のスーパー
・何の変哲もない信号の前で、おもいっきりニコニコピース
などなど。

撮ったもののチョイスが、日本人ではあり得ない、というかちょっとお恥ずかしい。
ま、初海外だから良しとするか。
楽しんでくれたようで何より何より。
posted by ubor at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

戦線離脱

昨日の早朝、トイレへ駆け込んだ。

そして吐いた。


水を飲み、ほっと一息。

一日中ずーっと胃が痛い。

断食してないのに何も食べられない。
水とポカリで昨日一日乗り切った。
今日も一日、水とポカリといつもの半分程度の食事で持ちこたえた。


胃炎。


ということで、断食戦線離脱。
はー、くやしい。
もうあと半分だってのに。


インドネシアに来てから、年に1、2度は胃炎になる。
食事に揚げ物が多いからというのは、分かっている。
でも油を使わないインドネシア料理は少ない。
断食に入ってかなり気を付けていたのだが、なるときはなってしまう。
断食は終了時刻、終了日があるが、胃のムカムカは果てしなく続き、参ってしまう。


治す方法?
どんな胃薬よりも効果的なものがあるのだ。
もちろん

日本食

今回は幸い、数日後に帰国予定だ。

きつねうどん、たまご豆腐、ようかん・・・

早く私の胃を潤わせたい。
posted by ubor at 23:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

寝坊

深夜トイレに行くため起きた。
用を足していると、「ハイヤラッサラーーー」とモスクからお祈りの時刻を告げる音(アザーンと言う)が聞こえた。

えっ、今何時!?

部屋に戻って時計を見ると午前5時。
ガビーーーン!
寝坊や!

断食中は、日の出の約1時間半前に食事を済ませていなければならない。
だいたい午前3時から3時半の間に食べて、日中の断食に備える。
だが5時は・・・

急いでだんなをゆすり起こした。
私「ちょっと、もう5時やで!」
だんな「うそっ」
私「な、もうあかんの?もうアウト?ぎりぎりあかんの?」
だんなはうなだれて「やってもうた・・・」と。

いつもなら義両親のどちらかが起こしに来てくれるので、だんなはお義母さんに文句を言いに行ったら、お義母さんも今気付いたと。
家族全員寝坊。

目覚まし時計セットしとけよって?

実際、目覚まし時計がある家は少ない。
ではどうやって起きるのか。

目覚ましグループなるものがやってくるから、それで起きられるのだ。
地域によって様相は異なる。
鉄棒で各家の門をゴンゴンたたいていくもの、スピーカーを背負いマイクで歌いながらいくもの、ありがたいような迷惑なような。
うちの前を通るのはかわいいもので、午前2時ごろバイクに乗った若者たちが、太鼓をたたきながら通り過ぎていく。
私たち夫婦の寝室は2階で道路側ではないから、ほとんど聞こえない。
義両親の部屋は1階で道路に面している所でよく聞こえるので、義両親が皆を起こすことになっている。
たまたま今日は太鼓の数がいつもより少なく、うちの家族を起こすまでに至らなかったようだ。

昨夜、私だけ用があって2時過ぎまで起きて調べ物をしていた。
カシューナッツをぽりぽりとつまみながら。
床についたとき、うっすらと目覚まし太鼓の聞こえたような気がしたが、眠さのため1時間だけ寝てからもう一回食べに起きればいいやと思ったが、それが間違いだった。


今日の断食はだんなも義両親もさぞ辛かったろう。
カシューナッツ効果か、私はまだましだったかも。
寝坊しようがしよまいが断食はする。
寝坊したからと言って断食しなければ、断食によって培われる精神力がまったく養われない。
寝坊はなるたけ避けたい。
もちろん、今日からは携帯のアラームをセットして寝ることにする。
寝坊はもう絶対しない!
でも、・・・携帯の充電がなくなっってしまっていたとき・・・
んー、なきにしもあらず。


大昔のイスラム教徒はどないして起きてたんやろうなー。
寝坊食い止め術、伝授してほしいわ。
posted by ubor at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

おさしみ

今日はマカッサルに住みだして初めて、まぐろのおさしみをいただいた。

一口食べた瞬間、「ん〜」と鼻の穴が数倍に広がったような気がするほどに、美味キスマーク

これぞほんまのおさしみやーーー!

刺身だけでなく、すべて日本米の寿司、焼きおにぎり、おいなりさん、さつまあげもあり。
ここはもしや日本じゃ?
いやいや、外の建物を見てしまえばインドネシアだ・・・


こんなに日本料理が堪能できたのは、おとといにも書いた、かごしま丸内でのパーティーに参加したから。
食後にまたまた船内を見て周り、操縦席でアオは調子に乗ってキャプテン気分。

DSC00290.JPG

船内を見てもとの場所に戻ってくると、もう早小腹がすき気味。
はい、わたくし断食中でございます。
そんな私たちのために、残った食べ物を包みに入れて持って帰ってもいいですよと。
こ、こんな高価な食材を!
はい、わたくし円で生活しておりません、ルピアで生活しておる身でございます。

よ、太っ腹、かごしま丸!

とたんに関西のおばちゃん化した私は、折り箱8つ、ジュース8本もいただいてしまった。
ありがたや。
かごしま丸の方々には、本当にお礼の限りだ。


さて、家に帰って、もちろん包みを開けてまた食べた。
はー、満足、満足。
お腹いーっぱい。

おーっと、断食中はお腹いっぱいになってはいけないのだ。
飢えに苦しむ人々の気持ちを少しでも分かり、普段の生活での飲食のありがたさを心の底から感じるため、食べてもある程度でとめておかないといけない。
今日の私は・・・厳しい判定のようだな。
いや、まだシュークリームとぜんざいならいけるはず。

ということで八分目かな?
自己判定○手(チョキ)
posted by ubor at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

船内見学

DSC00286.JPG

船に向かって日本国旗を振るアオ、だんな、ユメ。

なんと、日本の鹿児島県から、はるばるインドネシアのマカッサルへと、鹿児島大学の実習船がやってきたのだ。
毎年来ているらしいが、私たちは今年始めて見に行った。

到着後、船内を若い大学生が案内してくれた。

おもしろい!

わけのわからん機械や地図があちらこちらにある操縦席には、アオもだんなも大興奮。
はえ縄漁をおこなう船らしく、ロープや網などが船内の至る所にある。
そうかと思えば自転車や卓球台がある。
そして案内してくれる学生の鹿児島弁が好感度大大大

何を隠そう私は、学生時代に神戸から鹿児島まで一人でバス旅行したことがあるくらいの鹿児島弁ファン。
あさっても船内で催し物があるので行くつもりだが、私に限り、鹿児島弁堪能のためとも言える。


今日は断食初日。
初日に結構突っ走ったことをしてしまったようだが、満足満足グッド(上向き矢印)
空腹よりも鹿児島弁exclamation×2
明日は市内散策をしている学生たちを探しに外出してみようかな。
「そんなに鹿児島弁聞きたいの?」
「はい、聞きたいです」
わーい(嬉しい顔)
posted by ubor at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

フィットネス

うちのだんなは細い。
太るのは難しいが、やせるのはすぐだ。
んー、うらやましい。
だが本人は気にしている。
日本にいると、ステーキや焼肉をたんまり食べて少しは太れるが、インドネシアに住んでるとやせるやせる。
暑くて食が細くなるのもあるし、肉を食べないというのもある。

つい最近、友人に「お前やせてもて、麻薬でもやってんのか?」と言われ、かなりショックを受けたらしい。
そこで一念発起。
フィットネスクラブに通って、筋肉つけよう!と。

いろいろなフィットネスクラブを見学しに行ったが、ピンきりで迷った。
いろんなマシーンやサウナ、プールなどが備わっている高級なところもあれば、一通りのマシーンがあるだけで更衣室すらない激安なところもあり。
結局中級のにした。
日本にもあるようなマシーンがあり、シャワー室があり、エアロビクラスもあり。
ただ、狭いためかすべて男女兼用仕様で、女性は午後1時から5時まで、男性は午後6時から10時までと決められている。
私も行きたかったが一緒に行けないので断念した。

客層は、お金持ってそうな中年が多い。
あと、やせている人はあまりいない。
ん?うちのだんな、ちょっとこの中では浮くんじゃないかい?
でも本人は、はりきっている。
本気で真剣に取り組んでいるようだ。
今日はコーチにすすめられたと言う、高い栄養ドリンクまでスーパーで買わされた。

でも私の目の錯覚かもしれないが、昨日1日行っただけで腕の筋肉がプリッとしたような気がする。
だんなも「筋肉見て見て〜」と調子に乗って言ってくる。
サボりだすといけないので、12月末までの期限付きにしたのだが、それがやる気をさらにパワーアップさせたようだ。

がんばれパパ!
麻薬中毒者と間違われないためにも。
posted by ubor at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

おばあちゃん

今朝7時半頃、玄関のドアをドンドンドンとたたく音がした。
突然の来客。
朝早くにドンドンドンと言えば正体は、

DSC00180.JPG

おばあちゃんexclamation

正確に言うとだんなのおばあちゃんの妹だが、こちらの人は皆おばあちゃんの姉妹もおばあちゃんと呼ぶ。
おばあちゃんはインターホンと言うものを知らないので、いつもドンドンドン
そして、朝4時に起床して、一仕事済ましてから来るのでだいたいいつもこの時間。
数ヶ月に1度、田んぼや畑で採れたものを片道1時間かけて持ってきてくれる。
今日はとれたての新米10キロウビカユ(←分からない人はクリック)をてんこもり持って来てくれた。


このおばあちゃん、めちゃーくちゃ健康
腰は曲がってないし、歯は4本しかないけどもしゃべりはしゃんしゃんとしている。
朝4時に起き、丸一日機械も使わずすべて手作業で田畑を耕す。
そして日の入りとともに寝る。

ある意味、“本当の人間”である。

インドネシアのお年寄りで、臥せっている人を見たことが無い。
臥せてしまったら最期、臥せる直前までみんな働き盛りのようだ。


このおばあちゃんの家はかなりの田舎で、3年前に訪れたきりだった。
それで今日は久しぶりにおばあちゃんを送ってあげるついでに、みんなで遊びに行こうということになった。
昼ご飯をうちで食べてから出発すると言ってても、いつも動いているおばあちゃんはじっと待てない。
「早く行こう、早く畑仕事がしたい」と。
じっとできないおばあちゃん。
ゆっくりしてるうちの家族。


出発する前に、おばあちゃんに何か欲しいものは無いかたずねたら、「もう着ない服ちょうだい」
と言ったので、私のいらない服やアオとユメの小さくなった衣類を車に詰め込んだ。
あと、おばあちゃんはコーヒーが好きなので、途中スーパーに寄ってコーヒーと砂糖を買ってあげた。
おばあちゃん、本日スーパー初体験。
だいたいみんな買い物は市場でするので、スーパーやショッピングモールなんぞ行ったことが無い。
おばあちゃんは、キョロキョロしながら後ろをついてくるのみ。
何がなんだかわけがわからないようだった。


1時間後到着。
3年ぶりに行ったおばあちゃんちは、まったく変化無しの田舎だった。
小動物園。

sapi.JPG

牛や鶏が何十匹も放し飼いで飼われていて、アオもユメも大喜び。
その辺に生えているいろんな果物をもいできてくれ、ごちそうになった。
田舎生活、一日や二日なら心があらわれるのよね〜。
そして帰りには、果物類と鶏1匹を手土産に持たせてくれた。
帰り道、アオは、ご主人様と離れ離れになり緊張した面持ちの鶏をずっと気にしていた。
今日は楽しかったね、明日食べようねーと言っておいたが・・・ちょっと残酷?


あ、明日は絶対早起きになる。
うちの倉庫にくくりつけられてある鶏さんが
「コーケコッコー」
を連発すると思われるから。
おばあちゃんと同じ4時起きにならざるを得んだろうな。
たまには“本当の人間”をしてみるのもいいか・・・
posted by ubor at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

家解体

今日は親戚の家が建て替えのため、家の解体作業をするというので見に行ってみた。
私たちが行ったときにはもうすでに家はこんなだった。

DSC00016.JPG

築50年を過ぎる、弥生時代風高床式の家だった。
左斜めに10度は傾いていた。
歩くとミシミシと音がして、いつ床が落ちてもおかしくないぐらいだった。
もう本当の本当の本当の寿命


写真を見て、あれっと思った方はいるだろうか。
何かがありませんよ。

大きな機械。
そう、ショベルカーだのブルドーザーだのといった機械をまったく使っていない。
全部人手で地味ぃーに壊していったのだ。
しかもその人手というのも、全員大工さんではない。
親戚の男連中が集まって、木を1本1本抜いたり切ったりしていったのだ。
そしてその奥さん連中は、皆で昼ご飯を作ったり、小休憩の紅茶やお菓子を作ったり、洗い物をしたり。


この家の解体作業は、親戚一同の連携プレーで一円のお金もいらずにすんだ。
そして無事にけが人も無く終了し、夕方頃みんな解散となった。


手伝ってもらった側は、これといって感謝の言葉があるわけでもなく、また手伝った側は貸しを作ったというかんじもなく、生活の中では当たり前にすることのよう。

昭和初期は日本もこんなふうに、親戚やご近所同士で助け合って生きていたのだろうな。
今の日本の人間関係の希薄さを思うと、悲しくなる。
こういう親戚連携プレーは、日本人ではなかなかもう見られなくなってしまった。

あぁ、なんだか今日はノスタルジックな気持ちだ・・・
懐かしき日本の親、兄弟。
お元気ですか?
posted by ubor at 23:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

新衣装

来月だんなのいとこの結婚式があるので、パーティー用の服を新調することにした。

今までは日本から持ってきた結婚式用ドレスか、親戚のおばさんのを借りていた。
日本から持ってきたものは、ワインレッドのワンピースで、日本の結婚式に行くならフォーマルでいいのだが、こちらの人の衣装より地味だ。
かといって親戚のおばさんのをずっと借りるのも申し訳ない。
ということで、お義母さんもついでに新調しようと言って、ともに出かけた。

私の買ったのはこの生地。

DSC00013.JPG

上は花柄、下は水色。
素材はシルク。
ちょっと派手かなあ?
いや、もっとどピンクの衣装の人もいるから大丈夫だろう。


日本では既製品を買うほうが安いが、こちらでは自分で生地を買ってきて、仕立ててもらうほうが安い。
仕立て屋をしている親戚のおばさんに、体中のありとあらゆるところをメジャーで測られた。
ぴったりサイズはうれしい。


もうすぐ三十路を迎える。
中年のおばさんになっても、いつまでもこの服が入るように体形維持に努めよう。
そう自分で自分をいましめるための衣装となるのであった。
posted by ubor at 23:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

キャンディキャンディ

今日、テレビドラマで

キャンディキャンディ

をやっていた。

そう、♪そばかすなんて 気にしないわ〜   の。
アニメではなく、インドネシア人の実写版。

タイトルは「キャンディ」
なんでひとつに減らしてんの?

友達にキャンディキャンディやってるよと聞いたので見たが、

えっ?

そばかすありまへんがな。

お目々キラキラしてなかったっけ?

言われないとまったくわからない。


あと、私がキャンディキャンディ世代でないので、テレビで見た記憶もなく、キン肉マン大好きで少女漫画に興味がなかったこともあり、ストーリーや登場人物をまったく知らない。
ただ、♪そばかすなんて 気にしないわ〜  と歌えるだけ。


このドラマ、人気があるのかどうかは知らないが、大して興味をそそられることもなく、来週はもう見ないこと確定。

キャンディキャンディファンの方々、レポートできずにごめんね。
アニメのドラえもんレポートならいくらでもできるんだけど。
posted by ubor at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

こぼれ話

今日、昨日父兄会に来ていた知り合いの奥さんとたまたま会ったので、だんながどんな話をしていたかを聞いてくれた。

以下、昨日の「父兄会」をまだ見ていない人は、先にそちらを見てから今日のを見たほうがいいです。


くじ引きで選ばれた私。
てっきり今月のご飯当番に選ばれたんだと思っていたが、実はなんと、

PTAの会長に選ばれていたらしい!

なにぃーー!

そんなもん、よけいできるかっちゅううねん!
外国人枠作っといてくれよーー!
誰や、くじ引きで決めようなんか言うたんは!


よくよく考えると、「ワなんとか」はPTAの役員のことだったんだと今になってわかった。
みんなで決めようと言ったのは、PTAの役員と、毎月のご飯当番だったのだ。

そう、「ご飯」の単語は知っているが、「PTA」や「役員」の単語は知らない。
だから大事なところを聞き流してしまっていた・・・


だんなに「ワなんとか」の単語を繰り返し言って教えてもらったが、まったく頭に入らないくらい長い単語。
無理。

PTAの役員は選挙で決めるべきです!
日本人の皆さんならそう思うはず!
posted by ubor at 14:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

父兄会

お知らせ:なぜかコメント欄が出なくなりました。
でも皆さんからはコメントいただいてるので、私のPCに問題があるのかも。
返事できなくてすみません。ほんますんません。
修理しますのでしばしのお待ちを。



今日は、園児のこれからの生活についての説明があった。
前の幼稚園のときは、このような父兄会に一度も参加したことがなかった。
だんないわく、
「暇なおばちゃんらの集まりや」と。
今日は、まだアオが慣れていないので行ったついでだったし、だんなが
「黙って座って、聞いてるフリしてるだけでいい」
と言うので参加してみた。

先生やお母さん方のいってることは半分くらいしかわからない・・・
私のインドネシア語の語彙は本当に乏しい・・・
で、出されたお茶菓子に夢中になってしまった。

あー、やっぱ暇なおばちゃんの集まりやなと実感しながらも、最後にご飯当番を決めだした。
ここの幼稚園は1ヶ月ずつ交代で、ペアを組んだお母さんが全員のご飯を作ってくることになっているそうだ。

私はご飯の話をしているのは分かっていたが、要所要所に出てくる、
「ワなんとかと言う言葉が分からず、だんなの言いつけどおり(?)黙って聞いていた。
すると、今月の当番を決めるのにくじ引きが始まった。
先生がくじを引き発表する。
「さて、今月の当番は、アオくんのお母さんです」

シェーーーーー!!
がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

ちょっと待てよ!
なんでこんな何十人もおるのに、よりによって私なん!
黙って座ってたら良かったんちゃうんかい!

ひたすら先生が、
「ワなんとかをなんとかしてくださいね」
と言う。
私「すみません、ワなんとかって何ですか?意味は?」
先生「ワなんとかは、なんとかなんとかなんとか・・・・」

顔が青ざめる私。
次の言葉が出ない私。

先生が私のあまりの顔色の変化に、
「もう1回くじ引きしなおしましょう」と言ってくれた。

フー良かったー

結局、言葉が分からないうちと、何人かの、両親が医者の家庭を除く、その他のお母さん方が交代でやってくれることになった。
みんな寛容なお母さん方でよかった。

その辺は日本じゃなくて良かったと思う。
日本なら、「忙しいのはどこも同じよ」ってなふうに言われてしまうかも。


帰ってからだんなにこのことを話すと爆笑していた。
妻が冷や汗かいたというのに。ちっ(怒った顔)
そしてさらに
「な、暇なおばちゃんの集まりやっていうんがよー分かったやろ」
とまで言った。
はい、よーーーくわかりました。


かくして私はもう二度と父兄会に出ないと心に固く誓ったのだった。
posted by ubor at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

おでき

070717_202421.JPG


ひざ小僧におできができた。
にきびみたいなの。

めーーーちゃ痛い

3日前からひざをついたり、ひざ立ちすると痛かった。
2日前、赤くはれてきた。
昨日、中がうんでいる。
今日、うみもはれもがでっかくなってきた。


何ですか?これは?

ひざを曲げるのも痛いので、階段なんて泣きそう。
ユメのあせも用の薬を塗った。
効き目は?よくわからん。

だんなは
「1本毛が抜けた後にばい菌入ったんかも」
とか、
「良性腫瘍かな」
といい加減な回答。

でもこんなんでお医者行くのもねぇ・・・
それにただでさえ誤診の多いインドネシアの医者。
あてにはできない。

誰か助けて〜!
posted by ubor at 21:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

新幼稚園

DSC00010.JPG


今日からアオの新しい幼稚園生活が始まった。
入園式のような形式ばったものは特になく、普通の服でビーチサンダルで来ているお母さん、おばあちゃんもいた。


アオは年少2組でチューリップ組。
なぜだか年少1組は年少1組で、〜組という名前はない。
同じく年長1組も名前なし。
年長2組はゆり組。
なんでや???


最初、お母さんのそばから離れない子もたくさんいたが、
アオはもうすでに1年学校生活を送っているので、一番前で先生の言う事に返事したり、食事の前と後にする長いお祈りの言葉もきちんとできていた。

ところが、
なぜか、急に泣き出してしまった。
園内を先生やクラスの子らと見て回っているとき、
一度だけ狭い職員室のようなところに入って、出てきたら泣いていた。
あれ?
その後泣き続け、先生に
「お母さん、そばにいてあげてください」
と言われてしまった。

先生も不思議がっていた。
最初泣いている子はよく見るが、アオはなんで後半に泣いた?

後でアオに聞くと、
「お母さん一人で帰ったらあかんで」と。
職員室を見てるときに、私が勝手に帰ってしまったと思ったらしい。
知らない人ばかりの中では心細いのだろう。


家に帰ってから、アオは前の幼稚園のビデオを見ていた。
郷愁にふけっている4歳児。

きっと新しい幼稚園も楽しくなってくるよ!
前を向いて、上を向いて歩こうよ、アオ!
posted by ubor at 22:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

プール

お詫び:昨日のサッカーは日本VSカタール戦の間違いでした。失礼!


もうすぐアオの春休み(?春はないが)が終わってしまうので、今日は家族4人でプールに遊びに行って来た。

DSC00356.JPG

ユメは初プール。
チャプチャプと大はしゃぎ。 

DSC00370.JPG

アオはバタ足がだいぶん上手くなってきた。

DSC00365.JPG


私とだんなは・・・体力の限界が早くなってきた。
おかしいな。
25メートルほど泳いだら腕がパンパン。
独身時代はスポーツジムで毎回3キロは泳いでたのに。
だれもお客さんいなくてよかった。
ブザマな姿見られなくて。


インドネシア人はここのプールではあまり見かけない。
でも川では子供たちが泳いでるのをよく見かける。
川と言ってもどろだらけの汚水の川。
男の子は裸で水遊びをしている。

日本人の私としては、アオとユメの泳ぐ場所はここのプールだけにしてもらいたい。
免疫不十分なうちの子供たちですから。







posted by ubor at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

おかま大臣

日本人である私がインドネシアに住んでると、日々ストレスがじわりじわりとたまっていく。
昨日、それが大爆発した。
だんなは私が暴徒化しないように、今日は遊園地へと連れ出してくれた。


マカッサルからは車で1時間半くらいの田舎にポツンとある遊園地。
日本の約50年前の遊園地とよく似ている。
アオは乗り物に乗ったり、ユメは芝生のところでちょろちょろと遊んだり。
楽しいひと時。

DSC00344.JPG

DSC00349.JPG


とその時、派手な格好をした人たちの大名行列が始まった。
たまたま今日は増設部分のオープンで、記念式典のひとつのようだった。

DSC00332.JPG

DSC00334.JPG

よく見ると、化粧をしている男性がずらり。
なんと、おかまちゃんの大名行列!
でもそんなちゃらちゃらしていなくて、重厚な雰囲気が漂っている。

だんなに尋ねると、どうやら、この地域に昔から伝わる王族の遣いのようだと。
その遣いの中にはいろいろと所属があり、財務大臣や農水大臣のようなものもいる。

そしてこのいちばん前の人はおかま大臣

何ですかそれはーーーー!


このおかま省に属する人は、何かしらの式典がある際のメイク担当で、おかま大臣の家来はもちろんおかまでないといけない。
若者からおじいちゃんまで、みんなまじめなおかまだった。

なんで女性やったらあかんのやろ?謎。

さらにわけがわからんのが、このおかま省の人たちは口でまじないを唱えると、刃物を体に刺しても血が出ないらしい。
証拠を見せろー!
と言わんばかりに後ろからついて行ったが、ショータイムでもない限りやってくれないようだった。
でもその大名行列だけでも十分見ごたえありで、帰るまで興奮しまくっていた。


今日は家族4人で本当に楽しめた。


そう、私のストレスはおかま大臣によってすべて消し去られたのであった。
なんともおかしなめでたしめでたしかわいい
posted by ubor at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

お疲れ様です

最近だんなは仕事量を増やしたせいか、疲れて9時や10時に子供らと寝てしまうようになった。
なのに私は3食昼寝付きで、申し訳ない。

日本語教師をしていたので、ときどきしてくれないかと頼まれることがあるが、今の私のビザでは仕事はできないらしく、何か申請をしないといけないらしい。
でもその申請には、だんなに動いてもらわないと私はどこに行って何を申請するのかもわからない。
だんなあってのインドネシア生活。
必然的に3食昼寝付きとなってしまった。
日本にいるときは出ずっぱりだった私も、ここでは1週間外出しないこともある。

いつの日か仕事がしたい。
日本語を教えて、日本の文化を教えて。
生徒たちと共感しあったり、そこから新しい価値感を見出したり。

だんなさま、いつの日か二人でちっちゃな日本語教室でもしましょう。
いつも猛烈に動いてくれてどうもありがとう。
お疲れ様です。
明日も7時には起こしますので。


           半目が開いたまま寝ているだんなさまへ
posted by ubor at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

合気道

070616_203953.JPG

今日は合気道教室の見学に行ってきた。
テレビでは見たことがあったけど、実際に見たのは初めて。
力よりも技というかんじ。

インドネシアで合気道?
だよねぇ。でもけっこう柔道や空手、少林寺拳法なんかも好きな人いるのよ。
土曜日の合気道は、日本人の先生。
日本語で教えてた。
16人の生徒たちは見よう見まねでまじめに取り組んでいて、一緒に見学に行っていただんなの友達は、習う気まんまん。

多分アオは見たらやりたいってい言うやろうなぁ。
前から空手やりたいって言ってたもんなぁ。
まじめにできるかどうか・・・

合気道というと、痴漢や通り魔を撃退できるようなイメージがある。
アオは正義の味方になってくれるだろうか。
まだ考え中だけど、乞うご期待。
posted by ubor at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。