2010年08月17日

独立記念日

今日はインドネシアがオランダから独立して65年の記念日だった。
日本が終戦したその2日後、インドネシアは独立したのである。

毎年幼稚園でも小学校でもそれに関連した行事(運動会)があるのだが、今年は断食中なので、断食に入る前の5日の日にちょろっとあっただけ。
去年は3日連続運動会を見に幼稚園に出かけていっていたのに、今年は小学校が1種類だけ競争しただけ。
幼稚園は園の近所を練り歩いただけ。
ちょっと拍子抜け、を通り越して寂しい。

「ムールデーカー!(独立!)」と言ってこぶしを振り上げる。
IMG_0607.JPG

竹馬ならぬ、ココナッツひも?競争に挑むアオ。
IMG_0615.JPG


さて、こういった学校行事以外にも、国の独立記念式典が各地であり、テレビで放映されていた。
記念式典を行う広場で、朝に国旗掲揚して夕方におろす。
その夕方のを生放送で見ていたら、
デヴィ夫人発見!
久しぶりに見たわ。
ちなみにデヴィ夫人は元大統領スカルノ氏の奥さん。
日本のテレビばっかり出てるんじゃなくて、ちゃんと公務もしてるのね。

しかし軍隊の行進がすごかったなー。
両手グーで目の前まできっちり90度上げておろして上げておろして。 
そしてユドヨノ大統領を始め列席者全員が、右手を指先までピシッと伸ばしおでこにあてて、敬礼。
きびきび動けるやん、インドネシア人!と突っ込みたくなる。
行進と敬礼には圧倒されたが、バックで演奏し始めた吹奏楽隊の音程のバラバラ具合にはずっこけそうになった。
いいよいいよー。そういうとこ、憎めないんだな〜。
そういやそのあとのニュースもおもしろかった。
パプア州での独立記念行事でのこと。
用意をしていた国旗を掲揚しようと、ひもを引っ張ってみたら国旗が逆さまだったってー。
インドネシアの国旗は上半分が赤、下半分が白なのだが、上が白、下が赤になってしまっていた。
それ、ポーランドやがな!
列席者全員、あっちゃーと言う顔。
国旗掲揚をまかされていた軍の数名は掲揚できず、その場で手に持って反対むけた。
そのニュースを紹介していたアナウンサーは、大笑いもできず鼻がピクピクしてムフフと笑っていた。
誰かどっかでつっこみ入れようよーーーー。
はー、笑った笑った。
いいよいいよ、これがインドネシア。
来年の独立記念行事でも珍事を期待しよう。
posted by ubor at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事ゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

独立記念行事

17日がインドネシアの独立記念日のため、今週は幼稚園も小学校もその関連行事があり、毎日送り迎え以外に学校へ出かけていって、ほんまに心底疲れた。
去年まで1日にで行事を済ましていた幼稚園なのに、なぜかちょびっとずつ3日に分けて行われた。
しかも今週1週間はインドネシアの国旗にちなんで、服を赤白でコーディネイトしていかなければならなかった。

で、まずは幼稚園の運動会初日。

年少組は、赤白の箱を走って取ってくる競争。
位置についてー(よそみしている)

DSC00015.JPG

よーいドン!

DSC00016.JPG

1着、金メダルだった。

二日目、赤白のボールを探して箱に入れる競争。

ちゃんとほかの人の応援もしている。

DSC00035.JPG

で、ユメの番。

DSC00031.JPG DSC00033.JPG

2着、銀メダルだった。

連日のメダル獲得、ユメすごい!と思うかもしれないが、なんのことはない。
年少組はユメともう一人の子以外まともに競技をしなかったからだ。
運動会とか、競技、というものをまったく理解しておらず、うろちょろうろちょろ。
競技がまったく進まず、年中組や年長組の先生も全員でうろちょろ組を追わえまわしていた。
ユメはただ先生の言うことを聞き、スタートラインに立ち、ごく普通に競技をした結果のメダルということ。

3日目、全員で住宅地内を練り歩く。
これは幼稚園から中学校まで全員なので、アオも1年生のコースを歩いた。
DSC00060.JPG


ユメは幼稚園のコースで親とともに。
みんなおそろいの服でかわいい。

DSC00067.JPG

その後は幼稚園に戻り、運動会の表彰式。

DSC00072.JPG

うろちょろチームに惑わされることなくユメがまともに競技をした成果、これはひとえに我が家でのきちんとした躾の賜物やわ、と鼻が高かった。

表彰式の後はおやつを食べて歓談し、終了。
すぐさまアオの小学校の運動会に駆けつけた。
だんなは小学校のほうに見に行っていたのだが、アオの競技が終わってすぐ仕事に行ってしまったようだった。
私とユメが見にいったら、アオの姿はない。
でもほかの子らはまだ競技をしている。
アオを探して探して。
いた。
ぜんぜん別の場所で友達と走り回っていた。
聞くところによると、スプーンを口にくわえて飴玉を運ぶ競争をしたそうな。
しかし慎重派のアオ、1回戦敗退だったらしい。
それでもうすることがなくなって、その辺で遊び始めてしまったんだな。
はー、ほかの子を応援するっちゅうことができんのかね。
さらにびっくりしたこと。
アオは靴を履いていなかった・・・
外よ。
運動会よ。
靴を履かずに走り回っているなんて・・・
先生も誰一人注意してくれなかったのか・・・
毎日毎日「外に出るときは靴を履きなさい!」と口を酸っぱくして言っているのに・・・
まだまだ私の注意が足らんってことやね・・・

アオとユメ、同じように育てているつもりだが、はっきりと個性が出た笑える運動会だった。
posted by ubor at 22:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 行事ゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

ウシの味

昨日はイスラム教徒の犠牲祭で、早朝から集団礼拝に行ってきた。
その後は牛肉ゲット。
(犠牲祭とはなんぞや?というかたは牛だらけの回犠牲祭の回、をクリック参照してください。)

IMG_0204.JPG

去年は牛の解体後の写真をアップしたので、今年は、まさに生を終えようとしている牛さんの写真。
真ん中の刀を持っている人、この人はイスラムのお偉いさんで、お祈りの言葉を言っている。
その後、首を切り落とす。
さすがに解体中の写真はえぐいのでひかえておくとしよう。
ちなみにその他のおっちゃんたちは、牛が暴れないようにおさえておく役割である。

さてこの牛さんのお肉、晩ご飯に登場したのは言うまでもない。
肉メインにがいいと思って、牛肉のココナッツミルク煮チリソース風味を作ったが、ん〜、なんか食べられなかった。
気持ち的に牛肉じゃないんやな〜。
ウシさんなんよ。
別に生臭いわけでもなく、味が悪いわけでもなく、圧力鍋で煮たから硬いってわけでもなく、
これ数時間前まで生きてたんよなぁ、というのがあるんかな。
私もだんなも一口食べて、
「なんか牛肉って感じせんよな、ウシよな、ウシ
と言って、それ以上手を付けられなかった。
大人二人は食べられなかったが、子供らは全然平気のようで食べる食べる。
アオなんかは解体現場をしっかり見てきたわりに、「これあの牛の肉やねんで」と言っても「うん、見たで、だから?」とバクバク食べる。
アオは強くたくましく育ってるんやな〜。
自分の息子ながら、異国人だな〜とつくづく思ってしまった。
posted by ubor at 21:57| Comment(7) | TrackBack(0) | 行事ゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

セパタクロー

毎年8月17日前後に行われる、恒例の地域スポーツ大会。
去年は確かだんなは出場しなかったが、今年は大活躍!

DSC00719.JPG

DSC00721.JPG

ちなみにこれ、何の競技かおわかりになるだろうか?

セパタクローという。

足でするバレーボール。
2チームがネットを境に3対3で対戦する。
手だけはつかってはならない。
サッカーと同じく、使えるのは足だけでなくヘディングもあり、胸を使うのもあり。
点数が入る仕組みはバレーと同じだが、同じ人が2回連続ボールをさわってもいい、そしてサーブはいつも同じ人がするというところだけがちがう。

だんないわく、スポーツの中でいちばん得意なのがセパタクローなんだとか。
じゃ、なんでおととしバドミントンに出たの?
さらにその前はサッカーに出てたし。
とにかくアタックが得意らしい。
いや、バレーで言うとアタックだが、セパタクローで言うと回し蹴りか?
ジャッキーチェンやジェットリーの映画好きなのが、こんなところに表れているのかと納得。

このセパタクローの難点、それはボールが硬いことである。
サッカーやバレーボールのような弾力性が無く、プラスチック製。
だんなは毎日、おでこやくるぶしに青あざをいっぱい作って帰ってくる。
そこまでしてセパタクローやりたいんか・・・
嫁としてはだんなに傷を負われるのは心が痛む。
少しでも怪我をしないよう、鉢巻きと長い靴下持って行きと言ってみたが、小っ恥ずかしいようで却下された。
ま、今日はラストの決勝試合だそうだから、勝って気持ちよく帰ってきてほしいものだ。
きっと「傷は男の勲章」気取りで帰ってくることだろう。
posted by ubor at 18:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 行事ゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

赤と白の服

17日はインドネシアの独立記念日。
それを祝うため、というか盛り上げるため、学校へは赤と白の服を着用していく。
インドネシアの国旗は上半分が赤、下半分が白であり、それを意味する。

DSC00739.JPG

見よ、この赤白赤白赤白・・・の人々。
朝からアオの幼稚園の行事に参加してきたのだが、日本人から見ると、紅白でほんにめでたそうに見える。

行事と言うのは去年も確か書いたが、まず独立記念の歌を歌いながら幼稚園のご近所を皆で練り歩く。
その後運動会。
運動会と言ってもそんな大したものではなく、親子むかで競争と親子で水風船をキャッチする競争。

競争事に熱い私とアオ、調子に乗って2競技とも参加した。
水風船キャッチは惜しくも1回戦敗退だったが、な、なんとむかで競争は2位!
無事に景品をもらって帰れて私は大満足だったが、アオは1位になれなかったことにすごく悔しがっていた。
アオ、来年は小学校でもっとがんばって1位とりなや。
私は来年ユメと再挑戦するぞ!

この運動会、日本だと考えられないかもしれないが、全員参加しなくてもよい。
そういうのに熱い人だけしか参加していない。
興味の無い子はその辺で遊んでいて、先生に呼ばれても「いやだ〜」と言う。
そしてその親も「この子出たくないって言ってるんです〜」でじーっと座っている。
先生も別に強制せず。
ちと甘やかしている気がしないでもない。

それが日本でまかり通るのなら、私も組み立て体操なんて出たくなかったな〜。
サボテンもピラミッドも扇も、きっと今でもできるはず。
しかも当時、女子はブルマだったから、たびたびハミパンしてないか気にしてたっけ。
ここでは赤と白ならどんな服でもいいし、熱い人のみの参加だから勝率は高いし、久々にいい汗をかける。
幼稚園行事、楽しんでいるのはどうやら子よりも私のほうかもしれないな。
posted by ubor at 22:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 行事ゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

犠牲祭

今日は犠牲祭のため祝日。(牛だらけの回参照)
午前7時に集団礼拝があった。


ところが我が家は・・・

目が覚めてふと時計を見ると、短針がを指しているではないか!
急いでだんなを揺すり起こした。
しかしだんなは片目を開け、
「もうあかん」
と一言だけ言って二度寝の床についてしまった。
それで私ももう一度寝ることに。

起きると8時。
ヒェー寝すぎた。
おそるべし二度寝。
隣でユメはまだ寝ていたが、だんなとアオはすでにシャワーを浴び、礼拝用の帽子をかぶり、「お祈りに行ってったように見えるかな」などと言いながら出かける準備万端。
で、準備のできた二人は、牛&ヤギをさばく現場へと出かけていった。
私とユメはお留守番・・・

だんなが帰ってきて撮った写真を見ると、この場ではアップできないほどに生々しい解体現場。
こではすでに肉のみとなったもの。

DSC00265.JPG

一人1キロずつ分配されるため、量りではかる。

DSC00268.JPG

そうそう、ここで一つ訂正が。
牛だらけの回では牛を買った人はもらえないと書いていたが、実は3キロずつもらえるらしい。
今までだんなはその3キロをお義母さんにあげてしまっていたのを私は知らず、もらえないものだと思っていた。
今年は2キロをお義母さんにあげ、1キロをうちに持ち帰ってきたので発覚した。

牛はだいたい、食べられる部分が1頭あたり約50キロ。
7人で1頭買ったので、その7人には3キロずつ配られ、残りの29キロは牛肉券を持っている人に分配される。
一人1キロなので、29人、今日は牛4頭がさばかれたので、29×4=116。
116家族で今日は牛肉が調理されていることだろう。

こちらでは魚に比べ、ほんとに肉は高い。
牛肉券の皆様は、久々であろう豪華料理を堪能したのかな。
よかったよかった。
こんなかんじか?

268.JPG

ちなみにこれはお義母さんが作ってくれたお祝い用の食事。
食事の準備いらずなうえ、満腹満腹。
寝坊で始まったが、終わりよければすべて良しってこったね。
posted by ubor at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事ゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

お遊戯会

アオの幼稚園は明日で前期が終了する。
それで、今日はこの前期に勉強してきたことを披露するお遊戯会があった。
もちろん親バカな私とだんなは、きちんとビデオカメラもデジカメも持って出かけた。

8時開演なのに家を出たのが8時10分。
私「あー、遅刻遅刻、アオの出番いちばんやのにもう終わってもとったらどうしよう」
だんな「ここはインドネシアやで。大丈夫大丈夫」

さすがだんな!
私たちが幼稚園に着いた時点で、まだ開演する気配はまったくなかった。
20分くらい待っただろうか。
園長先生と代表の子らの挨拶が終わり、出てきたよ出てきたよアオの年少男子グループ。

DSC00237.JPG

左から2番目がアオ。
みんなでお祈りの言葉を暗誦し、意味も言う。
ん?こんなの家ででも言ってるで。
ちょっと簡単すぎやしないか?
いやいや、ちゃんと大きい声でみんなでそろって言えるってことや、よしよし。
で、これだけ?
・・・そのようだ。

次は年少女子の歌、年長女子の踊りと続いた。
最後は年長組全員でピアニカ演奏。
写真を撮り忘れたが、このピアニカ演奏、見てる分にはかわいい。
アオも来年はピアニカやなーと思いながら。
しかーし、その演奏にはびっくらこいた。
誰かが指揮をすることもなく、伴奏もなく、せーのの合図もなく、急に誰かしらが吹き始めて、ボーっとしてた子はそれに続け続けと吹く。
だから全員ばらばらで、まったく何の曲かすらもわからなかった。
来てたお母さん方も、情けなさそうに笑っていた。
いやいや、お子さんが悪いわけではないと思う。
ちょっと先生、誰か音楽に精通した人いないの?
来年のことを思うと、アオに下手な演奏はさせられねぇなぁ。

私が教えよか?
自慢じゃないけど元吹奏楽部やで。
音楽のテストは98点以下は取ったことないで。(←んー、かなりの自慢。お気を悪くしないでください)
ピアノは下手やけど、ピアニカぐらいならいけるいける。
だんなに交渉してもらおーっと。
果たして来年私はピアニカ教師に着任できるだろうか・・・
さ、ピアニカ買いに行こう!
posted by ubor at 18:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 行事ゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

牛だらけ

071216_125605.JPG

ここんとこ、そこいらじゅう、牛牛牛
牛がたむろしている。
その辺の日陰でのんびりと。

これらの牛はもちろん食べられるわけでして。
と言うのも、20日の木曜はイスラム教の犠牲祭。
その日はヤギや牛を買ってさばき、貧乏な人に配るのである。
そのための牛たち。

だんなの親戚や友人たちとで1匹牛を買うことになり、うちもお金を出した。
だいたい毎年うちはそのようにして、6,7人で牛1匹を買う。
もちろんうちは買ったほうなのでその牛肉はもらえない。
もらえる人は、所得によって決められているのか、牛肉券のようなものを村からもらっている。

一度、牛をさばくところに立ち会ったことがある。
内臓はこんなのだったのか、骨がけっこうあるななどと半ば研修医気分。
でも最後に頭だけになった牛さんの目を見て、人間の生は動物の死によって成り立っているのだなとしみじみ・・・

牛さん、あと数日ですが日陰でのたむろ、楽しんでくださいね。
私たちの血となり肉となり、ありがとうよ!
posted by ubor at 17:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 行事ゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

木登り争奪戦

昨日も独立記念日のための行事が朝から目白押しで、なかなか楽しい1日であった。

中でもメインイベントの木登り争奪戦がおもしろい!

DSC00164.JPG

長い竹の棒をよじ登り、いちばん上に吊り下げられてある賞品を争奪しあう。
この竹は油が塗られてあって、すべりやすい。
でも男どもはのぼるのぼる。
7,8人で組んで肩の上にのっかりのっかりして、いちばん上の人が賞品を取るのがいちばん確実に取れる。
一人でてっぺんまでは絶対無理。
落ちてもけがしないようにか、やわらかい湿った土のところでするので、みんな服も体も泥だらけ。
靴なんて誰も履いてなく、はだし。


きたなーい。


でも・・・  だ。

そのきたなさ、汗臭さ、一生懸命な姿。

これはまぎれもなく男の色気。

しびれる〜


香水つけて、澄ましてサングラスなんかしちゃって、ブランド物の財布持ってるやつは男じゃねーよ!

私の男論。

「男はサバイバルであるべし」
posted by ubor at 18:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 行事ゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

カラオケ大会

昨日は独立記念日だったので、この週末は各地で催し物が開催されている。

うちの近所では今日、式典が行われる予定だったが、昼過ぎに数ヶ月ぶりの大雨で明日に延期。
しかーし、夜8時頃から始まるカラオケ大会は昨日も今日も大音量でにぎわっている。

みんなジャイアンなみ。

このカラオケ大会、歌っている途中でブチッと音を切られるのが笑える。
某放送局ののど自慢大会みたいに、
♪キンコンカンコン キンコンカンコン キンコンカーン〜
のベルも無し。
みんな納得してるんやろうか?
それじゃやっぱいちかばちか、ジャイアン戦法で行くしかないか。

それより何時に終わるんやろう?
昨日は12時に私が寝る時点で、ジャイアンたちはまだまだフィーバー中だった。
ま、年に一度のお祭り騒ぎ。
ジャイアンをバックミュージックに就寝というのも良しとするか。
posted by ubor at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 行事ゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

体育大会

明日はインドネシアの独立記念日。
そのため、各地でいろいろな勝ち取る行事、すなわち、スポーツ行事が行われている。
今日はアオの幼稚園での体育大会に、私も参加して来た。


まずは、幼稚園の周辺を練り歩く。

DSC146.JPG

インドネシアの国旗は上半分が赤、下半分が白。
それにちなんで今日は全員、赤の服に白のズボンを着てこなければならない。
親も。
みんなで国旗を振りながら歩く。
幼稚園はまだましで、小、中学校の生徒は太鼓をたたいて歌を歌いながら、かなりの距離を練り歩いていた。


そして戻ってきて、幼稚園の前の道でいろんな競争が行われた。

親子で出ちゃったよ、二人三脚?じゃなくてムカデ競争っての?

DSC00147.JPG

1回戦は勝ったけど、2回戦で惜しくも負けてしまった。
んー、残念無念たらーっ(汗)
でも親たちは、あまり白熱しているかんじではなかった。
「はー、やっと出番終わった、やれやれ」と。
でも私とアオは、
「残念やったなぁ、2回戦勝って決勝出たかったなぁ」
と悔しがった。

お遊びでも勝負は勝負なのよ!

その後、親子で洗面器の中の水をスプーンで運び、ビンの中に入れて、その水の量を競い合う競技にも出たが、1回戦敗退。

くやしいーー

絶対来年こそはなんでもいいから勝ってやるぅ〜!
さ、明日からムカデ競争の練習だ!
板作ろう、板。


未練がましい、いや、勝負心あふれる母と子の絆はさらに強まったと言えよう。
posted by ubor at 12:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 行事ゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

結婚式の脇役

今日は、だんなのいとこの結婚披露パーティーだった。

親族なので、何か脇役をしなければならないのだが、まともにインドネシア料理のできない私は、新郎新婦席の横に並び、お客さんが来たら握手をしていくという、簡単、かつ目立つ役目があたった。

DSC00075.JPG

仕立ててもらったばかりの衣装に身を包み、誰だかわからんが、とにかく握手握手。 
結婚式となると、親族はとにかく手伝いが忙しい。
お義母さんとお義父さんは、3日前から泊り込みでお茶菓子を作ったり、テントを張ったりのお手伝い。

脇役は大人だけではない。
親族の幼児も、最低男女一人ずつ新郎新婦の隣にちょこんと座っていなければならない。
今日の子らは、アオもよく遊ぶ子らだったので一緒にパチリ。

DSC00078.JPG

新郎の妹たちは、食事を済ませた方々にお茶菓子を配りやく。

DSC00088.JPG


日本の結婚式は、本人同士がいろいろと決めたり大変なようだが、こちらでは親族があれやこれやと大変だ。
次は今日の新郎の妹やろうか?
近々結婚する親戚は今のところいないと思うから、当分、新しい衣装も出番無し。
義弟は・・・いや、まっだまだ先やわ。
だって今日もまた違う彼女連れてきてたし・・・
posted by ubor at 23:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 行事ゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

自宅出産

実は昨日のプッテリちゃんの割礼のパーティーは、プッテリちゃんの妹が生まれて7日目のお祝いパーティーも兼ねていた。
こちらがその赤ちゃんで、名前はジュリアナちゃん。

DSC00327.JPG

ぺビーパウダーつけまくって半目開きで写りはよくないが、パッチリ二重でいんぐりもんぐりとかわいかった。
なんだかわからんが、おでこにはドゥクンがつけたまじない薬が付けられている。

写真はちょっと撮り忘れたのだが、このジュリアナちゃん&プッテリちゃんのお母さんはめちゃ美人!
いつも薄すぎず、濃すぎない化粧をきっちりしていて、すらっと背が高くプロポーション抜群。
いつもだんなに、「いつ見てもあの奥さんきれいよな。私もちょっと見習わなあかんわ」
といって、一目置いていた人。

がしかし、

何と彼女、ジュリアナちゃんを自宅で出産したと言う。
誰もが驚いて、私は絶対ようせんわ、と皆々が言っていた。
マカッサルはけっこうな街。
産婦人科なんてどこにでもある。
家が病院のようにきれいでいろいろそろっているならまだしも、彼女の家は弥生時代にあるような高床式住居。

のに、のによ、
彼女のお母さんと、お姉さんと、だんなさんと、ドゥクンの4人でなんとか産んだと。
「家で産んで怖くなかった?」
「(笑いながら)ぜーんぜん」
「なんで家で産もうと思たん?」
「1回試したかってん」
ヒャー、出産は試しにしてみることかいな!
さて彼女はあと何人子供を産むのやら。

見た目はモデル、中身は肝っ玉母ちゃんでした・・・

完敗です。
posted by ubor at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 行事ゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

割礼

今日はだんなのいとこの子供が、割礼の儀式、パーティーをするのでお祝いに行ってきた。
行ったらすでに、この通り米やココナッツ、ケーキが供えられてあった。
DSC00325.JPG


割礼と言うのは、男も女も大事なところの先っちょをちょんと切ること。
宗教的な清めの儀式のひとつ。
男の子はだいたい12歳くらい、女の子は4〜8歳くらいでする。
そのちょんと切る人は、ドゥクンと呼ばれる昔ながらの医者や産婆さんで、もちろん男の子は男性のドゥクン、女の子は女性のドゥクンがする。
今日するのはプッテリちゃんという女の子。

DSC00329.JPG

水浴びをして体を清めた後に、こんなかんじでする。
女の子の場合は、もんじゃ焼きのこてのようなものでさっとこするよう。
見えないし、私はしてないからはっきりわからんけど、みんなはそう言う。
痛くもかゆくもないらしい。


さて、男の子は。
うちも何年か後にアオもするのだが、男の子は一瞬痛いらしい。
ドゥクンにしてもらうと1日もせずに治る。
医者に行くと2週間痛むらしい。

その違いは、
ドゥクンはほんとうに何もなしにちょんとするだけ。
医者はちゃんと麻酔して、きれいにしてしまう。
どっちのんがいいんだろう?

だんなは医者のほうがのちのちもきれいだし、衛生的だと言う。
お義母さんは2週間も痛いのはかわいそうだと言う。
私はよくわからんので、意見しない。
うちは義両親や兄弟の家族の中で、だんなの意見がいつもいちばんなので、医者になること間違いなし。

日本の両親も私も、かわいそうだと思っている。
できればやらなくてすむならとも思う。
でも、調べてみるとこの割礼の儀式は、イスラム教だけでなく、ユダヤ教でもアフリカの諸部族でも行われているそうだ。
世界中のどんな有名な芸能人も、政治家も、サッカー選手も、何億人もの人がしているのに、アオだけしないわけにはいかない。

あと、だんなはこうも言う。
「日本人って割礼してないから、汚いで。中にごみとか入ってもとるで。病気のもとやで」
う〜ん、男じゃないので詳しくはわからんが・・・
なんせ割礼したものからは、そう見えるらしい。

誰か割礼したい日本人男性いたら、うちへおいでください。
お義父さんのお兄さんがドゥクンだから、いつでも承りますよ。
誰もいーひんかな?
posted by ubor at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 行事ゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

卒園式

DSC00272.JPG

今日はアオの幼稚園の卒園式。
来月小学校に上がる子たちは、博士帽の子ら。
年少さんは、きれいな服なら何でもよし。
アオはスーツで行った。
まずは皆で集合写真をパチリと。
でもちょろちょろする子供らばかりで(もちろんアオも含め)、整列させるだけでも何分かかったか。
私幼稚園のときこんなちょろちょろしよったかいな?

そして校長先生方のあいさつ。
DSC00283.JPG

女性の先生方の舞。
これは日本ではしないな。
DSC00285.JPG

あとはだいたい日本と一緒かな。
修了証の授与、来賓の挨拶、園児代表のことば、
クラスごとの舞と続いた。

最後は園児全員の楽器演奏。
みんなは竹でできたアンクルンという楽器を演奏して、
なんと、アオが、アオが
先頭でマイク持って歌ってるぅ〜!
しかもめちゃめちゃでっかい声。

DSC00295.JPG

歌い終わった後もアオは定位置に戻らずに、全員での合唱も先頭でやりきってしまった。

DSC00303.JPG

卒園生の皆さん、ほんますんません。
違う幼稚園に行くとは言え、まだあと2年幼稚園に行かんなん身やのに目立ってしもうて・・・
4歳にして、ステージデビューさしていただき、先生方、どうもありがとうございました。


思えば去年まだ幼稚園に入った頃は、アオは団体行動をまったくせず、前へならえすらみんなと一緒にしようとはしなかった。
でもアオの今日の姿を見て、位置は違えどもみんなと一緒に歌って踊ってできていた。
うれしき限り。

明日から約2週間の休みの後、今度は新しい幼稚園で新しい友達や先生との生活が始まる。
アオ、またステージに上がれるように新幼稚園生活はりきっていこう!
posted by ubor at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事ゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

結婚披露宴

今日は、この前結納しただんなの友達の披露宴。
式は19日に身内でしてたので、今日はパーティーのみ。
最近はホテルなどでも行われるようになってきたが、私たちのときと変わらず、自宅前でテントを張って行うのが主流。

DSC00263.JPG

入り口では親戚の子達が出迎えてくれる。

258.JPG

新郎新婦は座っている。
でもお客さんが来たら立って、一人ずつ握手していく。
お客さんは握手して、その横にあるご祝儀箱にご祝儀を入れる。

DSC00264.JPG

そしてセルフサービスでご飯をいただく。
食後はお菓子を配ってくれたりもする。
食べたら新郎新婦にもう一度挨拶して帰る。

今日のパーティーは質素でよかった。
いつもはとにかく人がいっぱいで、ごちゃごちゃしてて早く帰りたくなるが、今日はゆっくりできた。
おかまちゃんが歌って踊るステージもなく、ステレオから音楽が流れてるのみ。
お客さんも少なめで、いすにも余裕で座れた。


新郎は私も以前からよく知っているが、今日の日がこんなに早く迎えられようとは思っていなかった。
口下手で恥ずかしがりやで、そんなにもてるタイプじゃない。
いつでも結婚できるようにと、貯金だけはがんばっていた。
3月に友人の結婚式で知り合い、3ヶ月後プロポーズし成功。
11歳も年下のかわいいお嫁さん。

帰りの車の中でだんなと、ほんまによかったな、よかったなと言い合った。
あー、めでたい!
posted by ubor at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事ゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

赤ちゃん

070617_093328.JPG

昨日、アオがパーティーの招待状を持って帰ってきた。
アオの友達に妹が生まれたので、そのお祝いパーティ。
うちは、そのおうちと親戚関係にあるので、プレゼントを持って今日おじゃました。

070617_122555.JPG

生まれて7日目のファイカちゃん。
ちっちゃくてかわいいハートたち(複数ハート)
ユメのときもそうだったが、だいたい、生まれて7日目にパーティーをする。
イスラムのお偉いさんが7,8人きて、コーランを唱え続ける儀式をする。
私たちが行ったときは、まだその儀式は始まっていなかったので、それについてはまた今度の紹介ということで。

070617_131734.JPG

お客さんは家の人に挨拶をして、それぞれセルフサービスでご飯やお菓子をいただく。
そしてちょっとゆっくりして、帰る。
それほど長居はしなくてもいい。
食べたら帰る。

仕事で行けなかっただんなに、今日のことを話した。
「今日のパーティーのご飯は、なかなかこってておいしかったわー。お菓子もめちゃ種類あって、全部味見してもた。あんなに食べものすべてがおいしいパーティーは初めてや。あの家また子供生まれへんかな」

だんなは小さくぼそっと
「びっくりするわ」

私は食べ物が話題になる率高いんです・・・

赤ちゃんもかわいかったよ。
遅いけど。
posted by ubor at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 行事ゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

結納

今日はだんなの友達の結納があった。
マカッサルでは、新郎が新婦にお金やアクセサリー、米、お菓子を送る。
あとで返しはしないので、女姉妹ばかりの家はだんぜん得。

午前11時、新郎の家に集合。
その後、贈り物を一人ずつ持たされ、並んで出発。
185.JPG

わかれて車に乗り、新婦宅へ向かう。
なぜか車は、停止の時に押すハザードをチッカチッカさせながら。
だんな曰く、「見たらすぐ、結婚式に行きよる車やってわかるやろ」
・・・「私やったらこの車いつ停止すんねん!って思うわ」

新婦宅に到着後、贈り物を並べる。
186.JPG
奥の宝箱みたいなのにお金が入ってる。
ちなみに額は1100万ルピア(約16万円)。ま、こんなもんです。

披露宴をいつにするか決めて、最後にみんなでご飯とお菓子を食べて終了。
披露宴の日取りは新婦の家で23日、新郎の家で24日と決まった。
うちは24日に行きます。



結納に関して、だんなはよく人に聞かれるようだ。
「日本人の嫁さんもらうんやったら、相当な額払ったんか」と。
「いや、日本人そんなんせぇへんから1ルピアも払ってないで」と答えているのを私は知っている。
今日家に帰ってきてから、だんなに「あれ結納っていうねんで」と教えたら、

「えっ、日本人もすんの?」
とだいぶ驚いてあせり、冷や汗タラーとなった。
「したい人はするで。昆布とか贈るねん」と言うと、「なんや」と素の顔に戻り、とっとと仕事に行ってしまった。

うわー、正直に言うてもた。
もっとおどかしときゃよかった・・・
私も昆布くれ〜!
posted by ubor at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 行事ゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

誕生日おめでとー!

今日はアオの4歳の誕生日。
親戚一同でお誕生日会をした。

DSC00163.JPG
ケーキは初の手作り。
イチゴは売ってないので、パパイヤショートケーキ。

日本で歌われるハッピバースデイトゥーユーの歌はなし。
こちらでは、♪セーラーマーッ ウランターフーン〜・・・・
とけっこう長めの歌のあと、ろうそくの火を消す。

DSC00168.JPG

写真でもわかるように、こちらではお誕生日会で、なぜか子供は全員

とんがり帽子をかぶる。
なんの意味かはわからない。
ピエロのつもり?
メルモちゃんだかメモルちゃんだかのつもり?
そういや、のっぽさんのゴンタくんもちっちゃいのかぶってたような・・・
posted by ubor at 23:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 行事ゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

うらめしや

朝の6時半に電話が鳴った。
どうやらお葬式ができたらしい。
お義母さんは早々と洗濯物を済ませ、オジェック(バイクタクシー)で出かけていった。

こちらのお葬式は日本のとは本当に違うところだらけである。
うちはイスラム教なので、イスラムのやり方ですが、

まず、葬儀場はなく、家でする。
喪服はなく、皆普段着で行く。
医者の検死は特にないし、死んでも医者を呼ばない。原因不明の急死だったらわからないまま・・・
火葬ではなく土葬。
土葬は亡くなって24時間も経たないうちにする。

昨日の深夜に亡くなったおじいちゃんは、今日の昼ごろ、イスラムの偉いさんに体を水で清められ、白い布にくるまれ、鉄筋の担架で5,6人にかつがれてお墓の中で安らかな眠りについた。

ここまで書くと、お気づきの人もいるかと思うが、

ごくまれに生き返る

こともあるらしい。特に水で清められてるとき。
うれしいような、怖いような。
年中暑いから涼しい話もしたくなるって?
posted by ubor at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事ゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。