2010年04月12日

ユメ4歳

4月12日はユメの誕生日。
4歳になった。

IMG_0297.JPG

昨日は幼稚園のお友達や先生を呼んでうちで誕生日パーティー。
たくさんのお友達とプレゼントに囲まれて、歌を歌い、ろうそくをフゥー。

IMG_0312.JPG

そして今年のケーキはこちら。

IMG_0299.JPG

初めてキャラデコケーキというもの作ってみた。
ディズニーのアリエル。
空気が入って穴がポコポコできてしまったが、初めて作ったにしては上出来だと自画自賛。
来月、アオの誕生日にはその点を注意して仮面ライダーWか何か作ってみようと思う。
私は元来大雑把な性格で細かいことがぜんぜんダメ。
特にアリエルの手の部分を描くことは、この1年でいちばん目の寄る作業だった。
1色描くごとに30分冷凍庫へ、この作業を何度繰り返したことだろう。
その間にスポンジ焼いたりフルーツ切ったり。
おかげで今日は朝から晩まで体が動かなかった。

昨日は興奮してずっとはしゃいでいたから、子供らは7時に寝てしまった。
本当に楽しかったね。
ひらがなとアルファベットもだいぶん読み書きできるようになった。
服の着替えも食器の出し入れも自分でできる。
でもやっぱりまだ甘えたくて「抱っこ〜」ということもたまにある。
そんなユメの成長を母として、本当にうれしく、そしてありがたく思う。
寝顔を見ると疲れが癒える。
ユメ、お誕生日おめでとう!
posted by ubor at 23:22| Comment(8) | TrackBack(0) | 子の成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

入学・入園

IMG_0777.JPG

今日はアオの入学、ユメの入園日だった。
日本のような式はなく、オリエンテーションが1週間ほど続く。
その間は親が教室の外で待っててもよい。
アオはだんなにまかせ、私はユメとともに幼稚園へ。

ユメは家でずっと私やアオと日本語で生活していて、だんながインドネシア語で話しかけても絶対返事せず、断固としてインドネシア語を拒否していた。
だんなが、「お父さんとインドネシア語しゃべろう、な、幼稚園行ったら誰も日本語しゃべられへんねんで」と何度も諭したが、
「ユメ幼稚園行かない!」の一徹で、かなり心配していた。
しかし朝起きて制服を着ると、泣くこともごねることもせず、幼稚園に着き、担任の先生に手を引かれていった。
アオのときは1週間泣きっぱなしだったので、今回も最初の1週間はしんどいなーと思っていたが、意外にもユメは模範的園児だった。
3歳児の年少組は、ユメ以外全員、ずっとちょろちょろちょろちょろしていて、お母さんやベビーシッターの人が絶え間なく追いかける追いかける。
担任の先生も、クラスは7人だけなのにあっちに気をとられれば次こっちが、というふうに見ていてめまいがしそうだった。
が、ユメはというと先生の言うことだけをする。
何をするかわからないときは先生のそばにじっといる。
ご飯も残さず全部最後まで座って食べたのはユメだけで、先生がほめてくれた。
私はうれしいと同時に拍子抜け。
なんや、もう明日から付き添い来んでええやん。
ユメは朝、相当腹をくくって出かけたのかもしれない。
帰ってきてからも幼稚園での出来事をたくさん話してくれた。
「ユメな、今日な、先生と風船飛ばしてん。ほんでな、ご飯全部食べてん。でもな、人がうろうろうろうろしとったで」
同じクラスの子らを「人」呼ばわり。
日が経つに連れて「お友達」と呼ぶようになるだろう。
ユメの幼稚園生活、ひとまず出だしは好調でスタートを切ったのだった。
posted by ubor at 23:08| Comment(7) | TrackBack(0) | 子の成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

卒園式

今日はアオの卒園式。

9時から12時まで本当に堪能できるおもしろい式だった。
こんな卒園式一つとってみても日本とはえらい違いだな〜と感じた。
そんな違いも含めて紹介しよう。

まず生徒入場の前に、始まりの催し。
たいこ一つのリズムで数人の男の子たちがサルのような舞を繰り広げていた。
表情も指導されたのか、みんなサルっぽくて笑えた。
場が和み、生徒入場。
112人。
えー、なんでこんなにおるんや?と思ったら、同じ系列の3幼稚園合同だとのこと。
それでも欠席者は多数いた。
卒園式に多数欠席するってのもびっくり。
うちの幼稚園のPTA会長してる人も欠席してたし。
その辺がいまだもって理解できない。

次に国歌斉唱と校歌斉唱。
日本でもまだ国歌斉唱するのかな?
インドネシアの国歌は軽快なリズムでトランペットがよく似合うと思う。
みんな大きな声で勢いよく歌っていた。

その後、園長先生が、先生の優秀者に表彰。
一つの幼稚園につき一人選ばれて、3人が表彰されていた。
こういうのは日本ではまずないな〜。
ものすっごいガラスケース入りトロフィーも授与されていた。

で、メインの卒園証書授与。
メダルと証書をもらうのだが、ここでまたびっくり。
保護者と壇上に上がり、首からぶら下げるメダルと、証書を受け取っていく。
私もユメ連れてあがりましたがな。
下でだんなはビデオ担当。
私もアオもは先生方と一人ずつ握手して下りていった。

IMG_0714.JPG

しかし112人は長かったー。
飽きてその辺走り回る子供ら。
アオも同様にまったくもっておとなしくイスに座っていることはなかった。
18人先生がいたが、一人を取り押さえて座らせても、次から次へ遊びまわる子ら。
しかも入るときに受け付けで軽食セットをもらったのだが、その中のパンやジュースを飲みながら食べながら。
さらに、卒園式が行われていた体育館外に風船屋が来てたもんだから、風船を親に買ってもらった子がうろちょろうろちょろ。
体育館の天井には10分に1個手を離してしまった風船がふわふわ〜と浮いていっていた。

やっとそんな時間が終わり、クラスごとの写真撮影。

IMG_0721.JPG

それから先生方の舞。

IMG_0727.JPG

子供たちの催しもの。
アオは音楽のコーナーでピアニカの演奏だった。

IMG_0736.JPG

他にも歌のグループや踊りのグループ、あと保護者たちの踊りってのもあった。

最後に「ありがとう」という歌を歌いながら、先生一人ずつと生徒らは握手して閉会。

その閉会の握手をやっている最中に、アオと同じクラスの子のおばあさんに久しぶりに会ったので挨拶して少し話してたら、なんとそのおばあさんが「卒園式してもまだあと1週間行かなあかんのよね」と。
えっ?
今初めて知ったよ、それ。
卒園式したんだから、おもいっきり明日から休みだと思っていた。
びっくりびっくり。
そういや卒園証書受け取る行為はしたが、もらってはいない。
そうか、それは来週末に終わるからそのときに渡すってことか。
集合写真も一緒にそのときもらえるんだろうか。
そういえば今学期の通知表ももらってないし、園に置きっぱなしの服の着替えやら歯ブラシやらサンダルやらもある。
はー、あのおばあさんとしゃべらなかったら、うっかり来週全部ずる休みするところだった。
先生も言うてよね、そういうことは。
それかインドネシアでは、卒園式は最後の日ではなく、前もってやるってのが当たり前なのか?
ま、何はともあれ、無事アオはあと1週間を残して幼稚園を卒園することができた。(なんか変な表現だ)

思えば入園した当初は、アオは私が1mでも離れようものなら大泣きしていて困ったものだった。
それがいまや帰宅時間きっちりに迎えに行くと「もー、もっと遊びたいから遅く迎えに来てよー」と言うようになった。
成長したな〜。
日本の卒園式で歌われる、
♪いーつのことーだかー おもいだしてごーらん
 あんなこーとー こんなーこーと あーったでしょう
あんなのを歌われると涙がほろっと出てたかも。
でもこのびっくり連続のザワザワ卒園式ではそんな雰囲気ではなく、楽しく卒園を迎えられたと思う。
さあ次はユメの入園。
また毎日泣くんかな〜。
それもまたいい思い出となるだろう。
アオとユメの成長を私たち夫婦は、喜び笑いあいながらいつまでも見守っていきたい。

IMG_0741.JPG
posted by ubor at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 子の成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

アオ6歳

またまたご無沙汰してしまいました。
ほんと、よくパソコンがウイルスにやられて困っております。
先週のことになりますが、ぼちぼち書いていこうと思います。


5月31日、アオが6歳の誕生日を迎えた。
本当はユメの誕生日のときのように、どこか旅行にでも出かけたかったのだが、残念ながらそんな余裕はあらず。
家族4人で朝からお料理お料理。

IMG_0679.JPG 

IMG_0684.JPG
今回は某料理専門サイトより、クラッシュゼリーケーキ。
ほかはアオの好きなカニカマ入りの巻き寿司。
さらにアオの好きなハンバーガー。
これがしんどかった〜。
朝からパン生地をこねこねしてバーガー用のバンズを焼き、挽き肉でハンバーグを作るためこれまたこねこね。
疲れたからポテトは冷凍物の手抜きで勘弁してもらった。
がんばって作ったかいもあり、大口開けて力いっぱい食べてくれた。

IMG_0686.JPG

6歳ともなると食べっぷりが違うね〜。
でも言うことはまだまだ子供だった。
「おかあさーん、今度7歳のお誕生日はここ?」と言ってカレンダーの6月30日を指さしていた。
月末の日が誕生日だと思っているようだ。
毎月誕生日がきたら年取るんめちゃ早いって。
成長をうれしく思える反面、そんなかわいいことを言ってくれる今のままでいてほしいとも思う。
今年も1年健やかに過ごせますように。
posted by ubor at 22:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 子の成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

ユメ3歳

皆様、しばらくぶりです。
パソコンも回線も調子が悪く、どうにかこうにか今日はできましたが、まだ完全復帰まではもう少々かかりそうです。
ひとまずこの休止中にあった出来事を。



IMG_0643.JPG

4月12日、ユメが3歳の誕生日を迎えた。
やっぱり下の子は成長が早い。
アオが3歳のときよりもよくしゃべり、とにかくなんでもできる。
自分で服を着替え、おはしでご飯を食べる。
三輪車も前進、バック、切り替えし、めちゃめちゃ乗りこなしている。
服や持ち物はすべてピンクを好み、ぬいぐるみをいつも抱っこ。
あ〜、ユメは女の子だわ〜。

さて今回のケーキは、オランダナスの果実を絞ったものにコーンスターチでとろみをつけて表面は紫色で甘酸っぱく仕上がった。
ほかは生クリームと缶詰の桃でちょろちょろっと飾り程度に。
けっこうおいしかったよー、我ながら言うのもなんやけど。
マカッサルに住んでないとできないケーキやわ、これ。
来月のアオの誕生日もオランダナス使おーっと。

去年、ユメへの誕生日プレゼントは三輪車だったのだが、今年は連休を使って家族旅行!
北スラウェシ州のマナドへ行って来た。
さてさて、次回からはしばらくマナド旅行記が続くので、こうご期待を。

posted by ubor at 16:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 子の成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

ちょっぴんぴん

来週でアオの幼稚園年中組生活も終わる。
来月の新学期からは年長で新しい子が入ってきて、クラスも増えるだろう。
で、この前、新学期を気持ちよく迎えるために新しく制服を買ってきた。

インドネシアの学校では、曜日ごとに制服が異なる。
月曜、火曜、木曜の制服はまだ行けそうなので今ので続投するとして、水曜の体操服は、

DSC00620.JPG

足首丸見えのちょっぴんぴん。
ウエストもゴムの跡がくっきりつくのできつそう。
首周りも小さくなり、頭がぬけへん〜と言っていつも脱ぐのを手伝わされていた。
さらに金曜のイスラム服も、

DSC00642.JPG

これまた足首丸見えのちょっぴんぴん。
いちばん上のボタンをすると首が絞まりそう。
両肩もパツンパツン。

ふわー、一年でこんなに成長したんやなー。
大きくなりました。
来月からは新しい大きい制服、のびのび育ってくだされ。

ところで、「ちょっぴんぴん」は通じますか?
関西弁なんかなー?
それとも関西の中でも私の地元のみの方言なんかなー?

<ちょっぴんぴん>
意味:服の丈が短いこと。
用例:「さっき試着したズボン、ちょっぴんぴんやからもうちょっと大きいサイズ取ってきて」
posted by ubor at 13:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 子の成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

ユメ2歳

祝 ユメ 2歳!

初めてわが子のために誕生日ケーキを作った。
スポンジも、Happy Birthdayと書くチョコのプレートも。
日本ならおいしいケーキ屋さんなんていくらでもあるが、インドネシアでは甘すぎて口に合わない場合が多く、私の腕の見せ所となった。

521.JPG

ネット(クックパッド)で探して桜の季節にちなんだケーキ。
中はイチゴムースで外側は桜の模様。
真剣に疲れた。

DSC00527.JPG

親戚のおばさんや子供たち30人くらいに囲まれて「2」のろうそくをフゥ〜っと。
このときやっと自分が主役だと気付いたようだった。
今日来た子たちの中でユメがいちばん小さいので、上の子らのまねをして遊んでいたのに、いきなりろうそくを吹けと言われて何のことか分からなかったのだろう。
ケーキの前でキョトンとしてキョロキョロ周りを見ていたのがとてもかわいかった。


うちでするお誕生日会は、必ずお義母さんと親戚のおばさんたちで料理する。
私には別に誰も手伝えとは言わないし、だんなもしなくていいというので甘えてしまっている。
料理だけでなく、食器洗いも床のモップがけもキッチンマットを洗うのもおまかせコースに含まれている。
義弟の彼女は「新入り」と呼ばれ、たいそう手伝わされていたのを思うと、私は長男の嫁(しかも外国人)という座にでっぷりと座らせてもらっている。
ありがたや。
いやいや、今回はケーキ作ったどー。
いつもよりがんばったどー。

さてさて来月はアオの誕生日。
再びケーキ作りがんばりまーす。
でも本心は・・・
・・・不二家のんでええから日本でケーキ買いたい。
posted by ubor at 22:28| Comment(11) | TrackBack(0) | 子の成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

空手

アオは11時過ぎには幼稚園から帰ってくる。
帰宅後はずーっと私とユメと一緒。
遊んだりテレビを見たり。
でも暇。

アオの同じ幼稚園の子は、同じ年の子と二人で自転車でうちへ遊びに来ることがある。
ごめんやけど私はそんなことようさせられん。
4歳児が自転車(こまなし)で、うろうろと。
私が日本人的感覚だからか?
いや、危ないぞ、絶対危ないぞ。
車だってバイクだってうちの前はビュンビュン走ってるし、変な人に連れて行かれでもしたらえらいことでっせ。

でも普通のインドネシアっ子のように外に気軽に出していないので、かわいそうになってきて、空手を始めさせることにした。
週2回で1ヶ月7500ルピア(約100円)という破格の安さ。
ただ場所は普通の空き地で、雨ならない。
だんなのいとこも行っているので、知らない顔ばかりということもなく、がんばって行っている。

DSC00338.JPG

DSC00341.JPG

インドネシアでも空手のような武道を習っている人が多い。
アオの行っている空手教室は20人くらいいる。
先生は二人。
これから試合とか出たりして強くなっていってくれるのかなー。
お金のかかっていない暇つぶし。
長く続けられますように。
posted by ubor at 00:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 子の成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

おしゃべりユメ

271.JPG

ユメはこのところ、ものすごく言葉をおぼえだした。
上の写真も、ポーズをとってと行ったらこんな格好に。
なんでもかんでも
「にゃに?」(何?)と聞いてくる。
電話があったり、玄関チャイムが鳴ると、
「やえ?」(誰?)
母なる私は、一つ一つ返答せねばならぬと言う「何誰地獄」におちいっている。


ユメ語集[日本語]

「み〜」(テレビを見る)
「け〜」(開けて)
「とっ」(もっと欲しい)
「ちゃ〜」(お茶)
「ぬーぬー」(牛乳)
「くしゃっ」(くさい:大をしました)

    [インドネシア語・マカッサル語]

「ン二〜」(ini:これ)
「ナンギ」(nangis:泣く)
「○○ト?」(○○to?:○○でしょ?)
「ロッロ」(lollo:虫)

などなど。
さずが女の子、言葉の発達が早い。
アオがこのくらいの頃は、パパとママすらちゃんと言えてなかった。
ユメはパパ、ママはもちろん、アオ、ネネ(おばあちゃん)、じーたん(おじいちゃん)も言い分ける。

ユメの言語理解にひとつほーう!と思わせられる言葉がある。

jatuh(ジャトゥ)
日本語では、落ちる、転がる、倒れる、こける

例えばユメは、スプーンやお菓子、タオルなどの物が落ちたときは、
「ちたー!」(落ちた)
自分やその他の人がこけたり、ボテンと倒れてしまったときは、
「ジャトゥ」
と物の場合と人の場合でなぜか使い分けされている。

不思議不思議。
こうやって二つの言語をぼちぼち習得していくんだね〜。

アオもユメも賢い!
お母さんも負けへんようがんばります〜。


posted by ubor at 19:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 子の成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

二重

うちのユメ、1歳7ヶ月でなんでかわからんが左目が二重になった。

071210_124744.JPG

もともと、風邪を引いたりして調子が悪くなると両目ともに二重になっていた。
でもこの度は別に健康体のまま。
普段は私と同じ、薄っぺら〜い奥二重。
片方だけだからなんか変。
もとの奥二重に戻るより、やっぱり右目もがんばって(?)二重になってほしいなぁ。

奥二重、色白、と言う点でいつも
「ママにそっくりだねー。日本人だねー」
といわれる日々。
がんばれー、ユメの右目ー。
二重になるんだー!
だんなに似てるのは髪の量が少ないところ、爪の形のみなんだなぁ。

でもだんなは言ってくれる。
「ユメはママにそっくりでかわいいハートたち(複数ハート)」って。

はい、すんません、のろけました。
二重でも奥二重でもなんでもいいや。
posted by ubor at 14:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 子の成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

通知表

DSC00204.JPG

アオが手に持っているのは、クラス写真と通知表。
つい先日持って帰ってきた。
身体測定の結果も書かれていたのだが、小数点以下四捨五入なのか、日本よりおおざっぱな数字。
ちなみに今日は歯科検診があったらしい。
別に学期末でもないのに、なんだかんだとやってくれる幼稚園。

知能テストは数ヶ月前に結果をもらっていたので、通知表には生活態度に関してのことがずらーっと。
評価は☆、☆☆、☆☆☆に分けられている。

食事の前にきちんとお祈りができる。☆☆ ふむふむ。
友達とよく遊ぶ。☆☆ よしよし。
整理整頓ができる。☆☆ えー!私らの子?

ずーっと見て行ったが☆☆☆が・・・ない・・・
そらそうやな。
家でもごんたばかりしてるしな。
この前も、ごんた友達と二人で居残りさせられて怒られてたしな。
クラス写真ひとつ見ても、先生の言うことをちゃんと聞く男の子は、申し訳なさ程度にピース。
アオはゲキレンジャー仕様・・・

だんな「普通のインドネシア人よりは、かなり厳しくしつけてるはずなんやけどなー」
私「そうやな。ここの親たちはほんま子供に怒らへんもんな」
だんな「誰に似たんや?」
沈黙。
うちら夫婦は男か女かの違いだけで、ほんまに似たもの夫婦。
どちらに似たもない。
どっちも、と言うよりだんなと私で倍増か?

次回の通知表では、堺マチャアキのように、

「ほし、みっつ!」

と言ってみたいものだ。
と思っている横で、うちのゲキレンジャーは掃除用モップに足蹴りをかまし、折れてしまった。
マチャアキをうちには呼べない・・・
posted by ubor at 15:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 子の成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

共通語

DSC00366.JPG

アオとユメ、二人仲良くクッキーを食べながら子供番組を見ている。
最近、二人で遊べるようになってきた。
親としては微笑ましい限り。

ユメがアオのまねをよくする。
立っておしっこするポーズ。
飲むお茶を、ガラガラガラーゴックン。
おもちゃのピストルでドッドッドッド。
・・・女の子ですよ・・・


ユメはまだ簡単な単語しか発さないが、アオはどんどん話しかける。
うちはいくらインドネシアに住んでいるとはいっても、だんなと私は日本語でしか会話しない。
ということで、家族の共通語は日本語
アオはまだそれがはっきりわかっていないのか、ときどきインドネシア語でユメに話している。
そんなときはいつも、
「共通語は日本語やでーー!」
と言って注意するようにしている。

そんな厳しくしなくても?
いやいや、私は知っている。
アオが悪さをして私が怒った後、ユメのところへ行って、

「ママック ボド な、な」

とインドネシア語で言っていたのを。
日本語に訳すと、

「お母さんあほやなー」

ムムちっ(怒った顔)
こやつめ、4歳のくせに私がインドネシア語が上手じゃないのをわかってインドネシア語を使っている。
確信犯。
ある意味賢いが、良しとはできない。

そんな息子に屈しないためには、
@私のインドネシア語をもっと上達させる
Aアオの日本語使用頻度を高める

・・・完全に後者をとってるな。
負けへんでー。
VS息子の戦いは、もはや熱戦の火蓋をきったのである。
posted by ubor at 23:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 子の成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

ピアス

ユメのピアスがそろそろ小さくなってきて、形も悪くなってきたので、今日は新しいのを買いに行って来た。

さらのピアスは光った石付き。
一応23金。(日本で言うところの24金かな?)

DSC00271.JPG

前のわっかだけのより、ちょっとおねえちゃんになったかんじ。
かわいいぴかぴか(新しい)


インドネシアの女の子は、生まれてまもなくピアスをあける。
小さい子の場合、男の子か女の子かはピアスの有る無しで見分ける。
ユメは退院する日に看護師さんがあけてくれた。
それくらい小さいときのほうが、さわって化膿することはなさそうだ。
6ヶ月くらいになってしまうと、自分でさわって取ってしまうこともあるから危ない。

ただ、日本に帰るとみんな珍しそうに見てくる。
「赤ちゃんがピアスしてるよ」って。
確かにピアスつけてたら、高校までは先生に注意されるはず。
どうしよう、日本の学校行きたいって言い出したら。
こわ〜い体育教師が担任に当たらんことを願うわ。
posted by ubor at 22:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 子の成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

ユメの発言

DSC00138.JPG

最近ユメは、言葉がだいぶんわかるようになってきた。

私「ごみポイしてきて」
お義母さん「ブアン サンパ」
どちらも同じ意味だが、ちゃんとゴミ箱のふたを開けて捨ててきてくれる。
「靴履こうか」
と言えばこのとおり。

DSC00143.JPG


そしてついに、通じる言葉を発言した。
壁を見上げて指差し、

「チッチャ」

なんよぉ〜、初の言葉がチッチャかいな。
ユメはメイド・イン・インドネシアであることを思い知らされたわ。


(チッチャが何か分からない人はこちらをクリックしてください。)
posted by ubor at 17:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 子の成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

外へ

うちの玄関の網戸はいつも鍵をかけている。
なぜか。

070630_163721.JPG

このように、最近ユメは、放っておくとすぐに外へ行こうとするようになってしまった。。
しかも自分の靴をちゃんと両手に持って。

玄関の靴置き場をはだしでうろうろ。
誰か大人が寄ってくると、

「あいやいやいやい」
(ユメ語:靴はかせてよ!)

と言って、靴を差し出し、ちょんと座って待っている。

ユメちゃん、気を付けないと、お外にはこわーいおおかみさんがいるんだよー。
posted by ubor at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 子の成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

暗号

4 O A

アオがひたすらノートに書く。
なんだ?
何の暗号?

「お母さん、見て見て! あおって書いたで」

あー、右から読むのね。
アオは、だいぶひらがなやアルファベットがわかるようになったが、なぜか右から読んだり書いたりする癖がある。

「ほいで、このて何や?」
「え、ぼく4歳やで」

なんで名前の後に歳書くの?
まさか新聞よう見てるわけでもあるまいし。
幼稚園で書かされてるのかなぁ。

暗号は解読できたから良しとしよ。 
posted by ubor at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 子の成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

ゴミ箱押し

ユメはもうほとんどはいはいしなくなり、足取りも日に日にしっかりしてきた。
カタカタ言う手押し車のようなものを買ってやりたいが、

00224.JPG

ご覧のとおり、ゴミ箱押しで十分間に合っているようだ。
ゴミ箱を押してどこまでも行ってしまうから、ごみを捨てたいときに探さないといけなくなってしまった。

00217.JPG

親戚のおじさんにもらったクマのぬいぐるみを、一日の半分ぐらいは抱っこして連れまわしている。
つくづく女の子だなぁと。
アオはこのぬいぐるみを
「クマスーパーマン!」
と言って天井に放り投げたり、空中飛行の真似をさせて遊んでいた。
なんとか痛まずに今日までもっている。

「カシ タクッ パパ」(パパをこわがらせてみな)
DSC00229.JPG

目をぎゅっと閉めてパッと開ける。

今がいちばんかわいい盛り揺れるハート




早く髪の毛のびろ〜。
posted by ubor at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子の成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

よっつになります

明日はアオの4歳の誕生日。
明日は親戚一同が来て、鶏肉のスープや、ケーキやいろいろ作るのに忙しいので、今日のうちにプレゼントを買ってあげた。

バイオリンが欲しいと言っていたが、買ったところで両親ともにバイオリン未経験者。教えるのは無理。

で、ピアノがいいと言ったので、ピアノよりだいぶんお安い、初心者用キーボードにした。

DSC00151.JPG


「アオ、明日誕生日で4歳になるねんで」と言ったら、

「うん、アオ大きくなったで。しっこやで」と。???
「ん?おしっこするの?」
「ちがう!いっこ、にこ、さんこ、しっこやろ!」

おい、それを言うならよんこだよ! それと年は「個」と数えるもんじゃない、よっつだよ。

昨日に引き続き、パパの血をひいてます。
posted by ubor at 22:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 子の成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

ババー!

139.JPG

頭をポリポリかきながら近付いて来る。
ユメが5歩6歩とだいぶん歩くようになった。
よちよちとかわいいかわいい

146.JPG
私の大学時代の友人にもらった音の出る絵本がお気に入り。
音楽に合わせて体を揺らしたり、手を振ってみたり。

言葉もよくわかるようになってきた。
「クマちゃんとっておいで」と言うと、ちゃんとクマのぬいぐるみをとってきて、キューと抱っこしてあげている。
口に入れるものは、水だろうが、チュッチュだろうが、「まんま」と言う。
動物は絵本の中のものでも、その辺の野良猫でも、指差して「いー」と言う。
玄関のチャイムが鳴ると、パパだろうが客人だろうが、家のどこにいても玄関の方をのぞきこんで

「ババー! ババー!」

と叫び続ける。
日本語ではパパ
ですよ。

インドネシア語ではバパッ
ですよ。

んー、そんな間違いもかわいい。
posted by ubor at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 子の成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。