2008年02月14日

ベチャ

読者の皆様、ここんとこ更新してなくてすんませんでした。
電気代節約のため、PCは週1,2回の使用ということに決定しましたので申し訳ないです。

マカッサルは相変わらず雨模様。
先日行ったとある店の前は床上浸水か、床下浸水か、微妙な川状態だった。
そんな状態でもがんばっているおじさん。

DSC00392.JPG

DSC00394.JPG

「ベチャ」を運転するおじさん。
前に座席があり、大人がかなり密着して2人座れる。
後ろではおじさんががんばって自転車を扱いでいる。
超近距離タクシーとでも言おうか。

うちの近所にはいない。
坂道があるから。
平坦な道で近場なら、道路の中でもかいくぐって目的地まで連れてってくれる。

ベチャを運転するおじさんは、職種では最低ランクなのである。
暑い日でも雨の日でも、かさ地蔵のような傘をかぶり、ぼろぼろの服をまとい、休みもなく働いても。
とにかく頭がいらないからだそうだ。
体さえあれば、学校を出ていなくてもできる仕事。
ちょうど交差点のところや、モールの前にわんさかいる。
一日1万ルピア(約140円)くらいは稼げてるのかなーと思いながら横を通り過ぎる。

こうやってベチャのおじさんたちを見ると、値上がり値上がりで財政危機に陥っていても、うちもがんばらなきゃと思う。
ガソリン代節約のため、アオの送り迎えをだんなは自転車でするようになった。
ベチャおじさんに負けないくらい歯を食いしばってだんなは扱ぎまくる。
だって坂道なんだもーん。
だんなよ、ベチャおじさんに負けるなー!
posted by ubor at 16:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

オジェック

ojek.JPG

うちのお義母さん、このようにオジェックに乗ってよくお出かけをする。
オジェックとはバイクタクシーのこと。

うちの地域では黄緑色のヘルメットをかぶった人が、オジェック。
バス停ならぬオジェック停に行けば乗れる。
たまたま近所を通ればそこからでも乗れる。

私はインドネシアに来てから、オジェックには一度も乗ったことがない。
これからもないはず。
なぜか。

お義母さんの乗り方を見ていただきたい。

横乗り

自転車の横乗りは淡き少女時代に経験したが、バイクの横乗りはとんでもなくおそろしい。
自転車とはスピードが違う。
一度、ものは試しとだんなのバイクに横乗りさせてもらったが、悲鳴を上げ
「おーろーーしーーてーーーー!」
と100mも行っていないのにギブアップ。
まっすぐの道だけならいいが、カーブよカーブ。
何と言っても知らんおっちゃんなので、淡き少女時代のように、運転手の腰に手を回すっちゅうわけにはいかない。
自分の座っている部分の座席部分を少しつかんでおくぐらい。
なのでカーブではボトンと自分自身が落ちそうになる。
カーブになるたび事故寸前。

でも、男性は普通に二ケツしている。
女性のみにこの横乗りが強いられる。
理由は一つ。
二ケツしてて、オジェックの運転手が急ブレーキを踏んだら胸がドンと当たるから。
そりゃぁいやよね。
知らんおっちゃんに胸がドンよ。
彼氏や家族なら良しとしても、知らんおっちゃんとこんなに密着してさらに胸がドンは女性としてよろしくない。
かといって女性のオジェック運転手は、この辺りでは一人しかいない。
おっちゃんの後ろにみーんな横乗り。

オジェックを使いこなしているインドネシア人女性は、すばらしい平衡感覚を持ち合わせていると言えよう。
スノーボードが大好きだったのに、まったく生かされていない私の平衡感覚。
いや、ただ歳とっただけか?
でも練習はもうしません!
posted by ubor at 14:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

ヘリコプター

夕方、近所のサッカー公園に行ってきた。
だんなのいとこがサッカーの練習しているというので、アオとユメも連れて。

071121_174149.JPG

公園と言っても、だだっ広くて、遊具なんてない。
サッカー観戦席ならあるのだが。

この公園はうちの住宅地内にあり、徒歩7分ほど。
今までもときどき散歩に来ることがあった。
そんな公園に今日、突如として現れたもの。

071121_173755.JPG

ヘリコプター

びっくらこいた。
お恥ずかしながら、ヘリコプターをこんな至近距離で見るのは初めて。
プロペラをじっくり見たりなんかして。

さてはて、これ誰のもの?


見るとヘリコプターに名前が書いてた。
某お偉いさんの。

自家用ヘリコプターって名前書くもの?

ほんで、ヘリコプターにカバーしてあるけど、おもいっきり車のカバーでっせ。
半分しかカバーできてまへんで。

みんなインドネシアのお金持ちは、ヘリコプターに車のカバーしてんねやろか?
お金あるんやったら、ヘリコプターカバー、特注したほうがいいと思いまーす。
posted by ubor at 22:32| Comment(5) | TrackBack(0) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

ガルーダ

うちはいつも日本へ帰省する際、ガルーダインドネシア航空を使う。
インドネシアの飛行機である。


だんないわく、今日の新聞に、
インドネシアの航空機のヨーロッパ上空飛行禁止命令が、EU(ヨーロッパ連合)から出された。
とあったらしい。

理由はもちろんよく落ちるからだろう。


インドネシアの飛航機はとにかくよく落ちる。
今年の1月1日に落ちたアダムエアーはまだ見つかってない。
3月に私たちが帰省した日に同じガルーダ航空が落ち、こちらの家族はパニックになったこともあった。


なんでこんなに?
いろいろな理由が考えられる。
中古の飛行機を使っているというのもあるだろうし、
点検整備をきっちりしていないようにも思う。


雑学王の友達に聞いたことがある。
飛行機が落ちて死ぬ確率は、
宇宙からいん石が落ちてきて、それが頭にこつんと当たる確率と同じなんだと。

いつも命がけの気持ちで日本へ帰省するが、
それよりやっぱり、いん石をキャッチしたいよ。
posted by ubor at 14:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

ペテペテ

00257.JPG


この水色の車は、乗り合いタクシーペテペテ
路線は決まっていて、その路線内ならどこでも乗り降りできる。

ペテペテの運転手はほぼ全員危険運転。
右左折のウインカーを出さない。
サイドミラー、バックミラーを見ない。
急停車、急発進、急右左折。


今日はこのペテペテとぶつかって、右手足骨折した友人のところへお見舞いに行ってきた。
友人はバイクに乗っていて、隣を走っていたペテペテが急に友人側に曲がってきたらしい。
レントゲン写真を見せてもらったが、見るに無残な姿の骨。
手首と手のひらが左右に3センチほどずつずれていて、足のほうは太もものちょうど真ん中が折れた骨同士重なり合っている。
ヒャーーー。
恐怖車ペテペテ。


ペテペテっていう名前は、なんかアンパンマンに出てくるキャラのようなかわいい名前なのに。
いっそのことその名前、ボンバーとかに変えませんか。

「ペテペテにやられた」
って言うより、

ボンバーにやられた
のほうが、
あー、しょうがないなーと思えるかも。
posted by ubor at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。