2010年08月28日

案内表示

マカッサルでは、トランススタジオという遊園地に隣接して、新しくショッピングモールができた。
トランスモールと言う。
確か今月初旬にオープンして、ミーハー一家の我が家は初日に行ってきたのだが、ずっとここに書くのを忘れていた。

前々のうわさでは、その新しいショッピングモールには免税店が入ると。
それで、バリのDFSを思い浮かべながら、なんかいい化粧品があれば買おう、とウキウキしながら行った。
がしかし・・・
ああ悲し・・・
そんなもんはなかったさ。
ふっつーのショッピングモール。
しかもインドネシアでは、テナントがまだそろってなくても建てばオープンするので、まだ半分ぐらいしか開店していない。
ほとんど準備中の幕が張られていた。
噴水があってきれいなことはきれい。
だが店店を見回ってみても、よく見るメーカーばかり。
資生堂よー、いつになったらマカッサルにやってくるのーーー。
というかんじで、モール内を1周しただけで早々と帰ってきた。

まったく我が家をがっくりさせた新モール、一つだけ大笑いさせてくれることがあった。
それはトイレの案内表示。
男性と女性の絵が世界でも共通だと思う。
同じく男性女性であることはあるのだが、ご覧頂きたい。

DSC00429.JPG

男性も女性も、お股をおさえて足をくねらせてムズムズしているではないか!
あからさますぎるーーー!
いや、わかりやすくてよしと言ったほうがいいのだろうか。
誰がこんな表示考えたんやろ?
ウケねらいか?
今までいろんな国に行ってきたが、こんなに尿意及び便意を表した表示は見たことがない。
斬新かつ忠実。

新しくできたトランスモール、トイレ表示だけは一見の価値アリでござ〜る。
posted by ubor at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 不思議100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

マーク

学校は、あと10日ほどで学年が終わる。
アオもユメも今のクラスの子らとはもう少しでお別れ。
ユメは初めての園生活、とっても楽しめたようだ。
連絡帳を読み返してみる。

ユメの連絡帳 100608_161305.JPG

前は「可」や「不可」が多かったが、今は「良」も「優」もいっぱいでうれしい。
一日したことと、その評価が書かれている。
100608_161600.JPG

見にくいがわかるだろうか、優、良、可、不可のマーク。
100608_161444.JPG

これ、いつも不思議に思っていた。
何が「優」やったっけと見直さなければならない。
すぐ忘れる。
☆が優
三日月が良
わーい(嬉しい顔)(ニコニコマーク)が可
ふらふら(口がへの字マーク)が不可

ずいぶん長い間、ニコニコマークと口がへの字マークが心身面、星と三日月マークが勉強面で、それぞれ「よろしい」と「もっとがんばれ」の違いかと思っていた。
あるときこのページに気付き、☆がいちばんいいんだとわかった。

なんでマーク統一せーへんのやろ?

日本人のイメージなら、◎、○、△、× がいちばんしっくりくるんやけど。
それか顔マークなら、キラキラニコニコマーク、ニコニコマーク、素の顔マーク、口がへの字マーク、に分ければわかり安いんやけど。
なんか不思議なマークのそろえ具合。

来月からは年中組のユメ。
時間も11時半までと1時間長くなる。
新しいお友達とともに、めいっぱい楽しんで、いっぱい☆をゲットしてきてほしいものだ。
posted by ubor at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

フラフープ

今、インドネシアの子供たちの間で流行っている遊びと言えば、

フラフープ

何かの番組でしていたのかどうかわからないが、とにかく大流行中。
どの子も持っている。
アオは、この前日本に帰ったときに親戚の家で初めてして、そのすぐ後に買った。
今ではもうこの通り。

ワチャー

IMG_0322.JPG

歩きながらでもできる。
さらに、ウリャー

IMG_0325.JPG

ジャンプしながらでもできる。
そしてさらに

IMG_0319.JPG
IMG_0320.JPG

首技でもブンブン回す回す。

日本に売ってるのよりは軽いので、子供にはやりやすいようだ。
体育のある日は、学校にフラフープを持っていってもいいらしい。
でもうちは、みんな似たり寄ったりの柄で無くしたり壊したりしてくるかもしれんからおうちだけにしとき、と言っている。
体育でフラフープって単純運動しかできひんと思うんやけど・・・

道を歩けばどの通りでも、一人二人フラフープをして遊んでいる子供を見かける。
テレビコマーシャルでも、「○○に応募すればフラフーププレゼント!」なんてのもあって、やっぱり流行していると気付く。
一つあったらもういらんし、いまいちパッとせんプレゼントやで・・・
今こんなにも人気があるのが不思議。

もちろんそんな流行もん、私も試さないわけがない。
しかし何度試しても何度試しても、アオのようにできない。
おもしろくない。
私もだんなも義弟も声をそろえて、フラフープをやると体の節々が痛くなると言う。
じゃぁなんで子供らはあんなに続けて振り回せるんやろう。
さすがに大人はしてるの見たことないな。
アオのような歩き技、ジャンプ技、首技ができる大人の人、ぜひぜひそのコツを伝授してください。
今のところ、アオは私の師匠なのである。
posted by ubor at 23:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 不思議100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

1日2回

今朝は寒かった。
起きてトイレに行くまでにさぶいぼがウォーっと出て身震い。
昨日から雨が降ったりやんだりと、どんより天気のせいだろう。
これ、晴れ続きだと起きたらもうすでに体全体に汗じわーっとかいてるんよね。
マカッサルの天候は、ちょうど中間というものがないらしい。

この寒さの中、朝風呂は子供らも私もぶるぶる震えながら。
うちはソーラー式温熱器を屋根の上に付けているのでお湯が出るのだが、一般庶民の家庭は水のみ。
それでもみんな普通に朝6時には水浴びをしている。
しかも外の井戸のところで、腰巻だけしてザブーンと水をかぶっている人なんかもいる。
そんなさぶいのになんで朝水浴びするんやろう?

これ、いつも不思議に思う。
インドネシア人は、必ず朝と夕方に水浴びをする。
マンディ(mandi)というのだが、日本語でお風呂と訳すにはちょっとおかしくて、水浴びのほうがしっくりくる。
基本的に風呂につかるということはしないし、風呂釜がある家はほとんどない。
便器の横が体を洗う場所(写真はしゃがまずにの回参照)。
シャンプーはほとんどせず、体は石鹸で体をなでてそれで水を3,4回かぶって終わり。
インドネシア人の風呂所要時間はものの3分。
私の場合、クレンジングして洗顔して、シャンプーを2回してリンスして、体は石鹸泡立てて手ぬぐいで洗ってという過程なので、20分はかかる。
よその家でマンディしようものなら長すぎて心配して様子をうかがいにこられるので、ぜったい家でする。
ま、時間の話はおいといて、寒い朝でもなぜか水浴びしなきゃならない。
しかもドライヤーはしない。
髪の毛をぬれたまま外に出るのが普通。
私水浴びしたよという証明なんだろうか。
アオもユメも、そして学校まで送っていく私も、髪の毛ぬれたまま。
ぬれてなくて、ちょっとボーっとしてたりなんかすると、
「朝マンディしてないんでしょ、臭い、不潔だ」なんて言われる。
水浴び1日1回だろうと、毎回シャンプーして、石鹸泡立てて体洗うほうが清潔だと思うのだが。
でも日本人とは衛生観念が違うのはもう分かりきっていることなので、ごちゃごちゃ言わずに心の中にしまっておくのみ。

ちなみに山の上の涼しい気候のところでも、どこでもとにかく水浴びは朝夕1日2回。
アオの理科のテストにも
問 水浴びは1日何回しますか 
というのがあった。
もちろん答えは2回であって、1回だと×になる。
1日2回、ドライヤー無し。
あー風邪引く〜。
posted by ubor at 23:14| Comment(5) | TrackBack(0) | 不思議100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

心の友

今日アオが学校から帰ってきて、一言目。
「お母さん、お絵かき(図工)の先生な、日本の歌のCD持ってたでー」と。
「えー、うそー、何ていう歌?」と問うと。

「心の友」

やって。
なんやまたか。

インドネシアで一番知られている日本の曲は、五輪真弓の「心の友」。
私は覚えていないし知らなかったのだが、1987年にこの曲で紅白に出場している。
最近また、津波のあったスマトラ沖地震の後、五輪真弓はインドネシア人歌手とともに「心の友」のチャリティーCDを出した。

この歌さえ歌えれば、みんなものすごく喜んでくれる。
何かのパーティーでも、よくバンドの人が歌っている。
インドネシアに来た当初から、「心の友」のCD持ってるか?とか、心の友とはどういう意味だ?とか、いきなり歌ってくれとか、いろんな人に言われた。
残念ながら私は五輪真弓世代ではないのよ。
日本では「恋人よ」のほうが有名だと思うし、それならさびの部分は歌える。
でもなぜかインドネシア人は「心の友」がいちばん。
理由はよくわからない。

この歌は、唯一私がインドネシアに来て覚えた日本の歌。
あっちこっちで聞いて、もう今では普通に歌える。
来週図工の先生に会ったとき、アオが歌ってくれと言われやしないだろうか。
ま、そのときは私が歌ってあげることにしよう。
アオやユメもこの歌覚えとったほうがいいな。
「『心の友』が歌える」インドネシア在住の日本人の宿命なのである。
posted by ubor at 23:42| Comment(8) | TrackBack(0) | 不思議100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

照り焼き鮭

インドネシアで売られているポテトチップでいちばん好きなのが、Lays
抜群の歯ざわりなのである。
正確に言うと、ただ、日本のカルビーポテトチップスとなんら変わりがないということなのだが。
ほかもポテトチップスは売られているが、ギザギザしてるやつとか味が濃いやつとかで、カルビー基準にいろいろ試していった結果、Laysにおさまったというわけである。
うす塩やのり塩、ピザ味なんかもある。

100306_153120.JPG

私はこの照り焼き鮭風味がお気に入り。
私の舌で感じる限りではBBQ風味で、照り焼きほど甘くもなく塩気もわりとある。
鮭の風味ははっきり言ってない。
なぜこれを照り焼き鮭風味としたのか、謎だ。
インドネシア人からすると、照り焼きって何?
鮭って何?
そんなレベルだよ。
こじゃれたレストランで日本料理フェアなんかがあれば、肉も魚もなんでもかんでも照り焼き風味になったのが出ている。
スーパーにも端っこの高い所だが、照り焼きソースなるものが売られている。
富裕層の人なら知っている人もちょこちょこいるかもしれない。
が、鮭は・・・鮭はほんとに食べないんじゃないかと思われる。
2切れ千円くらいとめちゃ高い。
ノルウェーからの輸入物しかなく、マカッサルのスーパーでは2件しか見たことがない。
鮭のムニエルなんかしようものなら、晩ご飯前に「今日は高級料理やでー」と子供らに言ったりする。
カツオが1匹で200円から300円ほど。
それと比べると鮭は高いったらありゃしない。
ぜったいみんな鮭の味を知らないはず。
なのに、なのになんでこのポテトチップスを照り焼き鮭風味にしたのか、不思議だ。

そういえばコンソメ味は見ない。
日本ではメジャーな味だが、豚が入っているため、私も結婚してからは食べていない。
豚を使用せずにコンソメ味は作れないのだろうか?
Laysがコンソメ味出してくれたら私いちばんに買うんやけどなー。
と思いつついつも照り焼き鮭チップスを手に取るのである。
posted by ubor at 17:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 不思議100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

遠足

今日はユメの遠足の日。
クラスずつにわかれて学校所有の送迎車で出発。

DSC00240.JPG

行き先は幼稚園から車で40分ほどのところにある植物園。
着いたらまずは係員の説明を聞きながら植物を見て回る。

DSC00243.JPG

ランブータンがちょうどいい具合に熟れていた。
DSC00246.JPG

こちらはクドンドンという。
DSC00245.JPG

あまり甘くない果物。
生では食べるよりも、漬物風にした酸っぱいのを皆好む。

植物を見て回った後は、併設されている食堂で食事。
DSC00250.JPG

幼稚園から支給されるので、親が朝早くからせっせこお弁当を作らなくて良い。
あ〜楽チン。

その後は小さいプールで泳いで遊んだ。
DSC00261.JPG

ユメは以前プールに行って病気になったことがあるので、不潔な水か、不潔な人はいないか要チェックした。
今回は他のお客さんがおらず貸切状態で、わが幼稚園の子らは全員水着を着ており合格。
全員水着を着ていたのにはかなりびっくりした。
(詳しくは着衣水泳の回クリック参照)

それから釣りができる場所があるのでそこもちょっとのぞきに行って、ぐるっとまわって帰ってきた。
DSC00267.JPG DSC00270.JPG

さて、ここまでで何かおかしいことに気付いただろうか。
遠足に、親である私が同行していることである。
これはうちの幼稚園だけだろうか、いや、そんなことはないと思う。
遠足にしろ社会見学にしろ、親はついていってもいいのだ。
ただし入場料がいるところの場合は前もって幼稚園に同行すると予約して、入場料を払っておく。
あと、親は学校の送迎車には乗らないで、誰かしらの車に乗り合わせて行く。
行きも帰りもママ友同士でおしゃべりしながらとっても楽しかった。
行ってからもママさん連中は子供らよりも楽しんでいた。
いっぱい写真を撮ったのだが、子供らはもちろん、母同士の写真もいっぱい。
みんなでここで写真撮ろうよ、ここでも、ここでも、じゃ、今度はみんなでサングラスかけて撮ろうよ、なんてのもあった。
私は今日はサングラスを忘れてきていたので、「ママユメー(私)、サングラス忘れてきたんかいなー、かっこよくみんなできめたかったのにー」と。
ほんまにもう、心の中で何度も大爆笑。
だってこれ、子供の遠足よねー、親の遠足とちゃうよねー。
おもいっきりポーズ決めて一人で写真撮ってもらってる人もいるし。
おやつどっさり持ってきててこっちきて食べ食べーと言う人もいるし。
もういっぺん言うけど親の遠足とちゃうよねー。
かくいう私もママさん連中の写真がいっぱい。
感化されてしまった。
また来月も遠足があって遊園地に行くのだが、そのときももちろん行くよね、一緒に行こねーと皆が声をかけてくれた。

親同行の遠足は日本人からしたら不思議な感じだが、それはそれでいい点がある。
先生も親がいるからわりと楽できるやろうし。
ぜったいおやつをどっさり持って来る人がいるからおやつ持参しなくてもいいし。
ママさん同士の交流の場でもあるし。
そらみんな仕事休んでくるわ。
もっとインドネシア語を習得したらもっと楽しくおしゃくべりできるやろうなー。
おとなしめの私が私じゃない感じ。
まあでもおしゃべりすることが上達への道でもあるやろうし。
とにかく語彙をもうちょっと増やそう。
来月の遠足、あー楽しみやなー、私が。
posted by ubor at 23:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 不思議100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

お墓

日本から戻ってきてから、義父のお墓参りに行った。
基本的にイスラムはお墓を作らない。
大きい石を目印代わりにゴロンと置いておくのみ。
しかし、インドネシアでは割とみんなお墓を作っている。
長方形の石の上に名前と亡くなった日が書いたのものがたてられている。
花は束で置いたり生けたりするのではなく、ばらした花びらや葉っぱを墓の上に散らばす。

お葬式の日は慌しくてお墓でじっとしていることはなかったが、もう一度来てみると、周りは親族のお墓だとわかった。
義母も一緒に行ったので、いろいろこれは誰の誰のと教えてくれた。
義父のお墓の隣には義父の姉婿(だんなの伯父)、その隣には義父の甥(だんなのいとこ)の、そこから少し斜めのところに義父の両親(だんなの祖父母)のがあった。
その中で一つえ?と思ったお墓が一つあった。
だんなの伯父のであるが、引っ越してきたらしい。
お墓が引っ越すとはどういうこと?

日本のように骨壷なんかがあればそのまま持ってくればいいが、ここでは土葬である。
まさか掘り起こして??
って、そんなことはさすがにしていなかった。
お墓だけここに引っ越しただけで、実際眠っているのはお葬式をした場所の近くなんだそうな。

そのことで思い出したが、うちの近所にある中国人墓地は借地であるらしい。
賃貸期限が切れたら、そこはバスターミナルになるという噂もある。
けっこう広い霊園風なのだが借地。
やっぱりそれも引っ越すときはお墓のみで、中までは掘り起こさないようだ。
なんか不思議な感じである。
そこにその人は眠っていないのに、花を手向けるということなんよね。
それでもいいのだろうか。
お墓は、残されたもののための、故人の記憶の目印にしか過ぎないのだろうか。
秋川雅史ではないが要は、お墓の前では泣かずに千の風になったんだと理解することにした。
それならお墓が引っ越しても何の不思議もないということだ。
次にお墓参りしたときは、ゆっくりと風を感じてみようと思う。
posted by ubor at 23:23| Comment(5) | TrackBack(0) | 不思議100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

パンツ

ユメが持って帰ってくる幼稚園の連絡帳に、「今日、大のおもらし(ちびる程度)をしました」と書いていた。
着替えのシャツ、パンツ、ズボンは置いているのに、普通に制服だったので、「今日おもらししてもうたんちゃうの?」とユメに聞いたら、「うん、だからパンツ履いてない」と。
なんで先生パンツ履かせてくれへんのやろ?
今までも何度かおもらししたが、いつも直でズボンを履かせられている。

どうやらその辺の子らは、小学校に入るまではパンツを履いていないようだ。
親戚の子らを見ても、直ズボンか、パンツっぽい薄地の綿パン一丁で外で遊んでいる。
おそらくこれは私の推測だが、おもらしした場合、パンツとズボンと2つ洗うのが面倒なんだろう。
あと、水道代節約目的か?
でもやっぱりユメは女の子なんだし、パンツの着替えを置いてるのに、しかも洗うのは親の私なのに、う〜ん〜、履かせてほしいなぁ。

さて、話を大人のパンツに移そう。
まずは女もん。
一応ワコールなどの下着専門店があり、レースのきれいなのは売っている。
でも私の知る限りのインドネシア人女性は、デザインは日本の綿のパンツ(グンゼ等の)、だが3倍ほど生地が薄めののパンツをはいている。
1回洗濯したらもう破れてしまいそうな生地。
あと、ちょうど下っ腹にあたる部分にポケットがついている。
このポケットは、月に1度使うものなんだろう。
でも、そんなものパンツの中に入れてると、5日便秘ですか?ってほどに下っ腹ぽっこりだと思うけど。
ズボンは履けんね、スカートならごまかせるやろうけど。

男もんのパンツはといえば、こちらが顔を赤らめてしまうほどの急カーブブリーフ。
日本のデザインではありえないであろう食い込み&ピッチリ具合は、若き日のアントニオ猪木以外のなにものでもない。
トランクスは見ないなー、売ってるかどうかも知らない。
ひざまであるももひきっぽいのでうろうろしている子を見かけるが、直にももひきではなく、猪木パンツの上にももひきだと思われる。
ちなみにだんなはTOKIOの長瀬にあこがれ、ボクサータイプのブリーフである。
そのようなかっこいいパンツはインドネシアにはないので、全部日本から持ってきた。

あと、男女ともにパンツは穴が開いても使うようだ。
おもいっきりお尻の中央部分が破れていても、見えないからか使用し続ける。
せめて縫おうよと思うが、やっぱり見えないからかまわんのだろう。
日本で2千円もするパンツを買っていた私はばかばかしくなってくる。

こんなにパンツ事情がわかっているとは、のぞきでもしてるのか?なんて思われると嫌なので書いておくが、インドネシア人は服だろうが下着だろうが、洗濯物をその辺の木や門に干している。
どこのどんな道を通ろうとも、嫌がおうにも目に入ってくる洗濯物。
下着を家の門に干すの、恥ずかしくないんやろうか?
それも不思議なことである。
そしてさらに不思議なことは、下着泥棒がいないということ。
金品をねらった泥棒はゴロゴロいるんやけどな〜。
ある意味金品並みの私のパンツ、値段は決して誰にも言うまい。
posted by ubor at 15:39| Comment(7) | TrackBack(0) | 不思議100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

テスト

アオの中間テストの結果が返ってきた。
テストは5教科で、国語・算数・社会・理科・国民教育(道徳)。
先生が違うからか、英語だけ来週にテスト。
テスト用紙はA4の紙1枚で、問題はどの教科も10問で一つ10点。
ざっと見て、なんじゃこりゃ?が多かったのでここで紹介しよう。

まず、めちゃ簡単!
当たり前か、7月に小学校に入学して、ろくにアルファベットを書けなかったところから2ヶ月しか経ってないもんな。
でも笑えるほどに簡単。


国語 問い 朝、コケコッコーと鳴くのは?
   答え 鶏

擬音語の勉強かな?

理科 問い 鼻の穴はいくつ?
   答え 二つ

体の部分の勉強かな?

そんな問題ばっかりだった。
算数は唯一100点だったのだがこれまた簡単で、同じ数のものの絵を線で結んだり、多い順にならべたり。
授業用ノートには「21−7=14」のような二桁の計算が書いてあったりして、しょっぱなからえらい難しいことしてんねなーと思っていたが、テストは簡単で安心した。

あと、不思議な問題もあった。

道徳 問い 女の子がよくする遊びは?a.凧あげ b.お料理ごっこ c.戦闘ごっこ
   答え b

確かに答えはbだろうけど、凧あげってちょっと微妙なところやなー。
ていうか、これを道徳で勉強する必要があるんやろうか?
なにで遊んでもええやん。
これまた笑える。
   
あと、不思議なこと。
いや、これはきっちり山に住む日本人だからかもしれないが、スペルミスしてても答えがあっていれば正解ってのがわからない。
家で勉強するとき、私はいつも句点や濁点が抜けていても×で書き直させているのだが・・・
まだ1年生だから甘いんやろうな〜先生。
そういやよく見ると答えあわせをしていないようだ。
間違えたところは先生が答えを書いてくれている。
要は、テストをしてもしっぱなし。
みんなでテスト用紙を見直して、自ら赤で正しい答えを書くってことはしないのね・・・
間違いは直して覚えないと、賢くならんと思うねんけど。
ひとまず我が家は、間違っているところを考え直しさせていこうと思った。

小学校から中間テストって、うちの子大丈夫かいなと思っていたが、どうやら今回のところは楽しんでできたようだった。
8割できたら上等だと思っているので、今回の中間テスト、アオは母判定で合格でーす!
ただ、合格ではないところが一つ。
名前をアルファベット大文字小文字入り混じって書いていた。
何が大文字で何が小文字で書かなきゃならんのか、地道に教えていかねば。
そんなことこそ学校で教えてくれたらいいのになぁ。
自宅指導のスパルタ母ががんばろっと。
posted by ubor at 00:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 不思議100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

自転車

IMG_0905.JPG

昨日やっとアオがコマ無しで自転車に乗れるようになった。
まだブレーキのタイミングやカーブの曲がり方がいまいちだが、まっすぐな道ならすーいすい。
自転車の練習には毎度毎度だんなが付き添い、ハンドルを持ってあげて縦走。
「サッカー1試合するよりしんどい」と汗だくになって走りまくっていた。
はー、よかったよかった。
でもまだ縦走してあげないと、縁石にぶつかっていきそうになる。
もう少しだんなの汗だく縦走は続くだろう。

さて、実はこんなに自転車の練習をしているのは、アオとアオの学校の友達くらいなのである。
不思議なことに、一般的な村の子供たちは、なぜか勝手に乗れている。
誰かがが教えたわけでもなく、自転車を所有しているわけでもないのに、4歳ぐらいでみんな乗れる。
実際、アオのいとこやだんなのいとこなど、アオと同い年の子らは全員乗り方を教わったことがないのだが乗れる。
しかも、めちゃめちゃ背が高い大人用のでも乗れる。
けちけち乗りって言うんよね、確か。
見よう見まねで乗れるようになっていったんだろうが、不思議で仕方ない。
親戚の中で1台自転車を持っている子がいて、その1台でみんな乗れるようになっていったようだ。
その自転車はブレーキのついてないおんぼろ自転車なので、私なら絶対反対するだろうが、インドネシアの村のお母さん方は子供の遊びにおかまいなし。
子供らがどうやって自転車に乗れるようになったのか聞いたら、「知らんまに」が全員の答えだった。
毎日の外遊びの結果なのだろうか?
縦走いらずでちょっとうらやましい。

さぁ、休みはあと3日。
アオもユメもそして私も、いっぱい自転車で体を動かして楽しむつもりだ。
posted by ubor at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 不思議100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

トイレその2

前回トイレの話だったので、それをもう一つ。

つれしょんの定義が違う。
(つれしょんとは汚い言葉だとわかっておりますが、他のよい言葉を思いつかないのでこれで失礼)
日本人のつれしょんとは、トイレまで一緒に行く。
で、トイレの中の個室は別々に用を足す。
がしかし、インドネシア人はなんと、個室まで一緒に入っている!
最初はびっくりしたよー。
だって用を足すときの音って人に聞かれたくないし、人のを聞きたくもない。
日本には音姫とかっていうのもあるくらいだし。
でもインドネシアではおかまいなしのようだ。
ショッピングモールのトイレでも、若い女の子が2,3人で一緒に個室に入っていくのを見かける。
さすがにみんながみんなってこともないが、仲良しこよしの人たちは、ジャーだろうがブーだろうが同じ人間さって程度なんだろう。
ごめんやけど私は死ぬまでこれはできひん。

あと、このブログは男性も見ているので非常に書きにくいことだが、つれしょんよりももっとびっくりなので書いちゃおう。
インドネシアの一般家庭のトイレには、汚物入れのゴミ箱がない。
じゃぁどこに捨てるの?となると・・・
もけもけのふにゃふにゃのぼろぼろになるまで洗って流すらしい。
けっこうな作業よ、それ。
例えば、ドラマ見てる合い間のコマーシャルでちょっとトイレって立っても、戻ってきたら完全にコマーシャル終わって始まってるよ。
ごみ箱に捨てて人に見られたらいけないってことなんだろうが、なんか他に効率的な方法はないんだろうか?
いつも不思議に思い気にはなっているのだが、んー、やっぱりごめんやけどこれも死ぬまでできひんわー。
郷に入っては郷に・・・従えないこともあるものだ。
posted by ubor at 00:21| Comment(6) | TrackBack(0) | 不思議100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

くつした

あー、ユメはインドネシア人だなーと思ったこと。

IMG_0629.JPG

玄関で靴を脱いで、その靴の中に靴下を脱いで入れてた。

いつも不思議に思う。
なぜかインドネシア人はよその家に入るとき、靴と靴下を脱いで裸足で入る。
日本にいるとき、だんなのインドネシア人の友達が来たときも、真冬にもかかわらず玄関で靴と靴下を脱いで入ってきた。
なんでやろ?
そんなにみんな靴下に汗がにじんでるんか?
なら裸足で足の裏べたべたさせて人の家にあがるの?
インドネシア人はわりと中と外の区別がなく、大人も子供も裸足で家の中と外を出入りする。
なので足の裏が汚れていることが多く、逆に私は靴下を履いたまま入って欲しいといつも思うのだが。
靴下を履いたまま家に入るのは失礼に当たるのかとだんなに問うてみたが、「いやー、なんでやろ、そんなもんちゃうんか?」と靴下を脱いで入るということを意識したことがないらしい。
モスク(イスラム教寺院)には裸足で入るので、そのなごりか?

いずれにしろ、ユメには靴下はうちでは脱がんでいいよと言っておかないと。
とにかく家に帰ってきたら靴下は洗濯かごへ。
お友達の皆さん、我が家へは靴下を履いたまま上がってくださってかまいませんよ〜。
posted by ubor at 22:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 不思議100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

避難訓練

昨日、アオの幼稚園からの手紙に、
「明日、避難訓練があります。場所は消防署。おやつ持参」と。
意味わかりませんがな!

避難訓練をどうして消防署でするのだろう?
普段の生活の中、せめて幼稚園内で、消防署の職員の指導の下、行われるのならわかる。
なぜそんな場所で?

次になぜおやつ持参?
避難訓練って真剣にしないといけなくないかい?
おやつ食べて悠長にしてたら逃げ遅れることは必至。

そんな不思議な避難訓練にぜひ私も同行したかった。
帰ってきたアオにいろいろ聞いたが、その内容はごくごく一般的な避難訓練だった。
しかし!
寝る前にアオが言った言葉。
「寝てるときにバンジル(洪水)とかになったらあかんから、絶対いっぱい用意しといてよ!そこに置いといてな、絶対やで!」

???

今日の避難訓練では、逃げるときにまずを持っていきなさいと指導されたのだろうか?
枕よりももっと大切なもんいっぱいあるはずやん!
なんでや?

インドネシアでは地震や大雨洪水などの災害が多いので、そういう訓練はしておいたほうがいい。
我が家でも、今のうちからきちんと災害に対する身構えを教えておいく必要がある。
アオ、お母さんは枕より防災セット用意しといたるからね。
posted by ubor at 00:26| Comment(5) | TrackBack(0) | 不思議100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

調理の不思議

だんなもたまに料理を手伝ってくれるのだが、ときどき不思議なことをやってくれる。


1、魚をそのまま油にほりこむ。

これは素揚げするときなのだが、まだ水気があるのに高熱の油に入れるから、油がバチバチバチー。
めっちゃこわい。
ぜったい私はようせんよ。
水気ふきとるよ。
それか片栗粉なり小麦粉なりをまぶすよ。
だがインドネシア人は気にしないようである。


2、肉を洗う。

スーパーでパックに入った肉、きれいに洗ってから調理する。
だんないわく「だって血があるやん、汚いやん」と。
私は今まで洗ってなかったので、ちょっとはずかしかった。
でも、日本のやと洗わんでもええんちゃうかなー・・・?
さすがにインドネシアのはきれーいに洗うよ。
殺されたての血まみれでもらうことがあるし。


3、米の洗い方。

私は普通の日本人風の「研ぐ」というかんじで、まぜっ、ぐいっ、まぜっ、ぐいっ。
だんな、およびだんなの家族親戚のやりかたはそうではない。
石けんで手を洗うときにゴシゴシする、そのやり方で米を少しつかんではゴシゴシ、少しつかんではゴシゴシ。
私はそんなやり方では栄養のあるところまで削れてしまうんじゃないか、とだんなに注意したが、「研ぐ」という動作ができない。
どうしてもゴシゴシ洗うかんじになってしまう。


いろいろ不思議があるものの、ときどきは料理を手伝ってくれるだんなに感謝するとしよう。
posted by ubor at 23:24| Comment(5) | TrackBack(0) | 不思議100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

居候

日本語で言うところの「核家族」で暮らしている家は、インドネシアではわりと少ない。
祖父母、子夫婦、孫という家族はよくあるが、その子夫婦ってのが子供全員というのもよくある。
親戚にも、父母、長男家族、長女家族、三女(独身)で一つ屋根の下に住んでいる家族もある。
部屋数がたくさんあるわけでもなく、いつもみんなどこでどのように寝ているのか気になってだんなに聞いたことがあるが、
「その辺で寝よんちゃうのん」と。
そうやね、インドネシア人は枕も布団も無しに床ででも寝れるんやったわ。

で、その親戚に次女(独身)もいるのだが、その次女は徒歩1分のところにある叔父さんの家で寝泊りしている。
家に部屋がないからかと思えるが、その叔父さんの家のほうが狭いし部屋数もない。
なんだかよくわからんが、居心地がいいのかそこに居候しているようだ。

ここは居候をする人が本当に多い。
親戚の人や子が知らんまに家でご飯を食べて寝泊りしていても、誰も何も言わない。
なぜいるのかわからないし、いつ出て行くのかもわからない。
インドネシアに来た当初から、居候がいるのが不思議で仕方なかった。
一度だんなに聞いたことがある。
「あの子のお母さんは家に帰って来いとか言わへんの?あの家のお母さんはこの家に家賃とか食費とか、居候代みたいなん払いよん?」と。
どちらも答えはNOだった。
かといって、居候の身分やのに別に家の仕事とか手伝ってないし、ひがな1日その辺ぶーらぶーらしてテレビ見て。
全然肩身が狭そうじゃない。
ほんで別に誰も文句言わんのよね。
信じられんわ。
単なる米食い虫やで。
いいように言えば人助け、悪いように言えば甘やかし。

もちろんのことだがうちは居候禁止である。
それ以前にみんなうちには来にくいようだ。
私の目が厳しいから。
ゴミをその辺にポイしようものなら
「ゴミ箱に捨ててよー」
裸足で外に出ようものなら
「靴履きよー、ほんで足洗ってから入ってよー」
食器を拭く布巾でその洗った足を拭こうものなら
「足は足拭きマットか雑巾で拭いてよー」などなど。
そういった衛生観念が私レベルであることが、居候の最低条件。
逆に、私は絶対どこにも居候なんてしたくないわ。
自分の家がいちばんやと思うんやけど、そうは思わん人が多いんやね。
不思議不思議摩訶不思議〜。
posted by ubor at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 不思議100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

ピアニカ

アオの幼稚園では特別選択科目というのがあって、園が終わる時間からさらに1時間お勉強ができる。
すべて曜日ごとに分かれていて、前期はピアニカ、歌、お絵かき以上3科目の中から2科目まで選べる。
けっこういろいろなことをやってくれる幼稚園だ。
高校や大学でもあるまいし、幼稚園で選択授業があるってなんかおかしな感じやな〜と思いながら、無料なので欲張ってピアニカと歌をやらせている。

アオ、ピアニカ練習中。

DSC00930.JPG

いつもピアニカのあった日は「あんまり上手にできひんかったー」としょんぼりして帰ってくる。
なんでやろなー、4歳の誕生日にキーボードを買ってあげて、ちゃんと楽譜でドレミ読めて弾けるように教えたのに。
おかしい、できて当然やのに!と思って「なーアオ、今度先生に楽譜もらってきー。ほんで幼稚園でやってるピアニカ、おうちでも練習しよ」
と言ってもらってきたのがこれ。

928.JPG

なんじゃこりゃ?
手のひらにおさまる程度のメモ用紙に数字が書かれてあるだけ。
「ほら、お母さんといっつも一緒に勉強しよる五線の楽譜はないの?ほいでこんなもんどなして読むの?」
と言ったらアオがそれを見ながら演奏してくれた。
普通の数字のみのは2拍、数字の上に横線があるのは1拍で、数字と数字の間の縦線は1小節でもなく、よくわからない。
0は休みのようで、1から5までは親指から小指の順のよう。
全部「これがドでな、これはレでな・・・」と丁寧に教えてくれた。
そうかー、楽譜で覚えたドレミを、アオはいちいち幼稚園仕様に数字に訳して読んでたんかー。
良かれと思って私が教えたドレミとの違いで苦戦していたようだ。

幼稚園では日本でもこうやって数字で教えるんやろうか?
せめて拍の違いぐらいは表記方法をもうちょっとわかりやすくしてほしいな。
なんか不思議な楽譜。
ま、読めるようになればすらすらできるんやろうけど。
まだまだ根気の要る練習が必要やな〜。
これを機に音楽教室にでも通わせようかな。
別にミュージシャンになってほしいってわけでもないんやけどね。
posted by ubor at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

断食始まり始まり

080831_143412.JPG

8月31日日曜日、スーパーで買い物。
カートからはみ出て落ちそうなほどに買い込んだ。
でも、これでも我が家は少ないほう。
他の人はカートを2つ3つ押している。
レジに何十分並んだことだろう。

皆が大量の買い物をする。
9月1日からイスラム教徒は30日間の断食生活に入ったためだ。
前日は日曜だったこともあり、とにかくみんな買い物買い物。
私は晩ご飯用に鶏の小を1匹買ったのだが、横のおばさんは大を6匹も買っていた。
なんで?
断食に入る前の時間(午前4時ごろ)にそんなに食べるのか?
それとも作り置きしておくのか?
誰かお客さんでも来るの?
まだ鶏なら理由も類推できるが、歯磨き粉を30個くらい買ってる人も。
なんで?

毎年毎年不思議なのだが、なぜあんなに断食前に買い込むのか。
断食中でもモールもスーパーも市場も開いてるよ。
断食前に買いこんで断食中はあまり買い物しないのかと思いきや、断食中でも特に夜はどこも盛況してる。
しかもみんな買い込むから、どこもかしこも足元見てるのか物価上昇がはなはだしい。
断食セールはなく、断食値上げ。
ほんま飲食しなくてくらくらして、物の高さにもくらくらして。

これはインドネシアだけなのかな?
他のイスラム諸国も買い込むのかな?
買いこんでもいいが、値上げは勘弁してほしい。

ちなみに我が家のいっぱいになったカートは、ただ単にユメの紙おむつがかさ張っていただけなのであった。
posted by ubor at 01:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 不思議100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

円周率

私は学生時代から極端な文系人間。
古典は授業中寝ててもいい点とれる。
化学は真剣に先生の話を聞き、きっちり教科書を読んでもさっぱり理解できない。
なのでいつも理数系の授業は、地理歴史と同じやり方、つまり教科書丸覚えをしてテストに臨んでいた。
もちろん教科書にない問題は・・・まったくもってできなかった。
そんな私が、この年になって無謀にも数学を勉強する機会ができ、ぼちぼち取り組んでいる。

その数学のお勉強で知ったインドネシアの不思議。
いや、もうなんで?という疑問を通り越してショックだったこと。

円周率のことなのだが、日本ではπ(パイ)=3.141592・・・と果てしなく続いていく無理数と習う。
計算するときは私の時代は3.14を使っていて、面倒な計算だった記憶がある。
それがインドネシアでは、

22



を使うんだと。

えー、分数やん!
確かにそのほうが計算しやすいし簡単やけど・・・
有理数やん!
何やわからんけど掛けたら円の面積が整数になることもあるやん!
そんな数学の常識を打ち破ってええの!

もちろんきっちり数学を専門とした人は3.14を使うらしいが、小中の勉強およびテストでは3.14でも7分の22でもいいらしい。
ちなみに高校では、日本でもそうだが、πしか使わないらしい。
でも、でもショックやー・・・
いや、円周率を何十桁までも覚えてる人は私以上にショックを受けるやろう。
確かに7分の22は惜しいとこまでいってんねんけどなー。
posted by ubor at 22:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 不思議100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

少ない?

いつも気になるスーパーでの不思議。

インドネシアでは、コーラ(炭酸系のもの)はいっぱいじゃないのに売られている。

080203_141321.JPG

ふたのぎりぎりのところまでではなく、だいたいふたから5,6センチほど空間がある。
最初、内容物がきっちり入ってない、もしくは飲みさし売ってる?と思っていたが、いっぱいじゃないのがどうやら普通らしい。
炭酸やから?
破裂すんの?
きっちり飲み口のところまで入っててほしいなー。
なんか損してるみたい。

スナック菓子も似たような傾向がある。
袋はめっちゃパンパン。
ここは山の頂上ですか?ってくらい。
なのに開けたらもんのすごい中身が少ない。
期待を裏切るチップスたち。
それはチップスたちが割れないように?
でも開けたらじゃがいもの原型をとどめていないほどに粉々やったことあるぞ。
意味あらへんがな。
これまた損した気分。

こんなことが気になる私。
貧乏性なんやなー。
posted by ubor at 11:08| Comment(9) | TrackBack(0) | 不思議100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。