2010年08月23日

火事

昨日、買い物に行く途中の道で、前方にただならぬ煙を発見。
野次馬もいっぱいそっちに駆けつけていて、すぐに火事だとわかった。
でも私たちが行く方角に火災現場。
まあひとまずこのまま進んでみようとしたら、後ろから消防車2台がブイーンと抜かして行った。
そのすぐ後、三叉路のところでまた別の消防車がものすごい勢いでバックしてきて、「はよー、バックしてきよる、はよー前行ってー前ーーー」とだんなに向かって叫びまくった。
裏手から水をかけようとした消防車だが、ホースが届かなかったんだろう。
ほんまあせった。
火事の場所を横目に見て通り過ぎた後、海岸側から見た煙にこれまたびっくり。

DSC00427.JPG

黒い黒い煙がモコモコモコー。
いやー、さっさと通り過ぎれてよかった。
5分遅かったら変なガスを吸い込んでいたやも知れぬ。
この時点で見た限り、家が3,4軒燃えてるように見えた。
こりゃ夕方のニュースに出るわと思ってたら、案の定見ることができた。
しかしびっくりしたのはテレビカメラよりも消防車のほうが来るのが遅いこと!
テレビカメラでは、燃えている最中の場面がおそろしげに映されていた。
水の入ったプラスチックのグラスをバンバン放り投げる人々。
そこへやっと駆けつけた消防車が、怒り狂っている住民らに乗っ取られていた。
消防士らは、「消防車から下りてください、離れてください、どいてください」ともうしっちゃかめっちゃか。
インドネシア人は消防士にまかせずに、自分でホースを握ろうとするんやーとこれまたびっくり。
1時間後に鎮火した後、焦げ焦げの屋根にいっぱい人が上っていた。
崩れ落ちるんじゃぁ、と冷や冷やする。
それから火事泥棒がいてもこりゃわからんなとも思った。
ちなみにニュースのタイトルは「集合住宅での火事、遅れた消防車」だった。

ニュースだけでは被害の状況がよくわからなかったが、今朝の新聞を見てこれまた驚いた。
家が3,4軒燃えているように見えたが、実は100家族80軒が燃えていた。
しかも私たちが見たのは3台だったが、消防車はあの後も駆けつけたらしく、合計30台も出動したそうだ。
ふわー、ほんまに大火事。
死傷者の情報は書かれていなかったのだが、とにかく住人らの無事を祈るばかりだ。

原因が電気らしい。
電線からかコンセントからかは分からないが、この手の火事はよく聞く。
去年も近所で電線から火が出て、それにつながっていた家が火事になったのを見た。
そういうのはどうにもこうにも自衛できない。
電力会社の管理の問題だ。
素人目には「あの電線はもう悪い」と判断がつけられない。

あと、これほどまでに被害が拡大したのは、住宅構造である。
インドネシアでは建ぺい率というものがなく、土地のいっぱいいっぱいまで家を建てる。
なので、ほとんどの家が両隣、後ろと3方面に面する家とくっついて建てられている。
いわば、長屋構造。
火が消えるまで隣へ隣へと被害が拡大していく。
また、大人一人が通れるくらいの道を入っていったところにでもいっぱい家が建っていて、とてもじゃないが消防車が入れないくらい密集した住宅が多い。
いろんな面で、本当に火の用心が必要な国と言える。

インタビューされていた被害者の男性が一言、
「Habis」(空っぽ)と言っていた。
なんともやるせない表情。
火災保険に入っている人なんかいたとは思えない。
また、電線の不具合であったとしても、電力会社からの補償があるとも思えない。
やられたもん負けは本当に可哀想でしかたがない。
同時に明日はわが身とも思える。
家を失った人々が、1日も早く元の生活を取り戻せますように。
心から祈っている。
posted by ubor at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 住居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

反エコ

我が家は今、玄関部分の修理をしてもらっている。
玄関を出たところのタイルの張り替え。

DSC00931.JPG

作業をしている人の後ろに見える黒いのが玄関ドアなのだが、雨が降るといつもそのドア前に水がたまってしょうがなかった。
なぜたまるのかと言えば、ドアの前あたりのほうが低く、写真向かって手前側のタイルの切れる部分のほうが高かったから、その傾斜のの結果、雨が降るとそこに自然とたまるようになってしたということだ。
言っておくが別に地盤沈下したわけではない。
家を建て、入居し、初めて雨が降ったその日に発覚したいろいろな不良箇所のうちの一つ。
大工のへまがそれはそれはたーくさん。
別に失敗したからといって弁償してくれるとか、ただで直してくれるなんてことはない。
謝罪の一言ももらうことはできない。
そういうことでこっちが無防備にぶち切れすると、相手に殺されることがよくある。
なのでここでは何事も被害者が泣き寝入りなのである。

うちは2年前に建てたのだが、入居したその日からちがう大工を雇って修復してきた。
水が排水溝へ流れない変な傾斜、水が流れ出ていかない排水溝、普通にどしゃぶり雨が降ってきた屋根、窓枠や壁からにじみ入ってくる雨水によってできたカビのしみ・・・などなど。
この玄関部分でやっと、雨対策の修復は終わる。
あとは隣の住人がベランダからタバコの吸殻をうち側へ投げ捨ててくるので、それを防御するためのフェンスを作るのと、ガレージ部分を車体に合わせてのばすのと。
だんなとは、ぼちぼち財布と相談しながらやっていこうと言っている。
あーだこーだ言っても日本の常識が通じないから、不良が普通なんだと思ってのんびりかまえておくしかない。

さて、そんな大工のへまのため、玄関前はどっさりゴミがもりもり〜。

DSC00932.JPG

前にしていたタイル、廃棄処分。
一回できっちり仕事してくれてたら無駄なお金も使わず、無駄なゴミも出さなくて良かったのに。
我が家の修復はかなりエコに反している。
地球さん本当にごめんなさい。
posted by ubor at 16:13| Comment(5) | TrackBack(0) | 住居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

建築中2

さてさて久々にお隣りさんの建築状況を。
1階部分の壁は終わったもよう。

519.JPG

下からパチリ。

517.JPG

上(うちのベランダ)からパチリ。

1階と2階をくぎる天井部分にコンクリートを流し込む作業のときだけ、ミキサー車のようなものが来てしていたが、そのほかはすべて手作業。
このように。

520.JPG

二人で砂をふるいにかける作業。

518.JPG

下にいる人が、レンガを一つ一つうえの人にほり投げる作業。

地味ぃ〜に大工さんたちが日々こなしている。
日本人から見れば、砂ふるい機はないのか、レンガはフォークリフトなどで大量に上に上げればいいんじゃないか、など疑問点は多々ある。
でもそれ以上に人件費のほうが安いのだろう。

ちなみに給料は、大工さんは1日朝から夕方まで働いて、5万ルピア(約560円)、見習いならその半分。
日本の喫茶店で1時間働くほうがいい。
カンカン照りのもと汗水たらして働く大工さんたちも、日本でスマイル0円の仕事ができたらいいのにねぇ。
家の建て方も賃金も、そのあまりの違いに少し悲しくなってくるのであった。
posted by ubor at 11:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 住居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

建築中

先週からお隣りさんが家を建て始めた。
もともと左隣は土地だけで、さらにその左のお宅の奥さんの弟だか妹だかの家族がその土地を買ったらしい。

まるまる一から建てる様子を日々見ている。
なのでインドネシアの建築事情、住宅に関して新しくカテゴリを作り、お隣さんの進み具合も含めて、定期的にこれから紹介していこうと思う。

DSC00358.JPG

ちなみにこれは3日前。
大工さん8人くらいで土を掘る掘る。
雨が降って溝のように見えるが、掘った跡。
1.7mくらい下までせっせこスコップで掘っていた。
でも全体的に掘るのではなく、壁ができるところや鉄筋がはいるところのみ。
この掘る作業、日本ならぜったいショベルカーだのドッドッドッドっていわすやつだのの機械で数時間で終わらせてしまうだろうなー。
4、5日えんえんと掘っていた。

DSC00381.JPG

これは今日。
掘った跡に人の頭2つ分くらいの大きな石を入れて、すき間にはセメントを入れて固めていく。
このセメント、別にセメントを作る機械などなく、セメントの粉と砂(上中央)と水をスコップで混ぜ合わせて作っている。
その分量は見ていて思うが毎回違う。
特に水の量。
雨が降っていてもそのままするから、雨水も混ざってちょっと固まりが悪いのではないか?
あと子の写真では見えにくいが、右側に縦に鉄筋が立てられている。
その鉄筋、小指ほどのを4本四角く組み立てて、これもセメントで固められていく。
小指ほどの太さなので、上に行くにつれてぐねーんと曲がっている。
こんなぐねーんとなった鉄筋ってええの?

我が家が建つとき、この土台部分を私は見ていなかったので、うちもこうなってるのかと思うと不安がよぎる。
耐震強度あるのか?
インドネシアは今や日本と変わらないほどに地震多発国となっている。
素人の目だが、震度5弱でそこらじゅうの家は倒壊、もしくはひび入りまくりのような気がする。

インドネシアでも、南スラウェシとカリマンタン島は地震のプレートからはずれているというのを聞いたことがある。
でも、高校時代に阪神大震災を経験した身としては、備えあれば憂いなしだと思う。
隣りの家の土台を見て、防災グッズをそろえなければと思った。
ある意味、ありがとう、お隣さん!と言えるな。
posted by ubor at 18:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 住居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。