2010年08月17日

独立記念日

今日はインドネシアがオランダから独立して65年の記念日だった。
日本が終戦したその2日後、インドネシアは独立したのである。

毎年幼稚園でも小学校でもそれに関連した行事(運動会)があるのだが、今年は断食中なので、断食に入る前の5日の日にちょろっとあっただけ。
去年は3日連続運動会を見に幼稚園に出かけていっていたのに、今年は小学校が1種類だけ競争しただけ。
幼稚園は園の近所を練り歩いただけ。
ちょっと拍子抜け、を通り越して寂しい。

「ムールデーカー!(独立!)」と言ってこぶしを振り上げる。
IMG_0607.JPG

竹馬ならぬ、ココナッツひも?競争に挑むアオ。
IMG_0615.JPG


さて、こういった学校行事以外にも、国の独立記念式典が各地であり、テレビで放映されていた。
記念式典を行う広場で、朝に国旗掲揚して夕方におろす。
その夕方のを生放送で見ていたら、
デヴィ夫人発見!
久しぶりに見たわ。
ちなみにデヴィ夫人は元大統領スカルノ氏の奥さん。
日本のテレビばっかり出てるんじゃなくて、ちゃんと公務もしてるのね。

しかし軍隊の行進がすごかったなー。
両手グーで目の前まできっちり90度上げておろして上げておろして。 
そしてユドヨノ大統領を始め列席者全員が、右手を指先までピシッと伸ばしおでこにあてて、敬礼。
きびきび動けるやん、インドネシア人!と突っ込みたくなる。
行進と敬礼には圧倒されたが、バックで演奏し始めた吹奏楽隊の音程のバラバラ具合にはずっこけそうになった。
いいよいいよー。そういうとこ、憎めないんだな〜。
そういやそのあとのニュースもおもしろかった。
パプア州での独立記念行事でのこと。
用意をしていた国旗を掲揚しようと、ひもを引っ張ってみたら国旗が逆さまだったってー。
インドネシアの国旗は上半分が赤、下半分が白なのだが、上が白、下が赤になってしまっていた。
それ、ポーランドやがな!
列席者全員、あっちゃーと言う顔。
国旗掲揚をまかされていた軍の数名は掲揚できず、その場で手に持って反対むけた。
そのニュースを紹介していたアナウンサーは、大笑いもできず鼻がピクピクしてムフフと笑っていた。
誰かどっかでつっこみ入れようよーーーー。
はー、笑った笑った。
いいよいいよ、これがインドネシア。
来年の独立記念行事でも珍事を期待しよう。
posted by ubor at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事ゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

禁煙

断食中は日中の飲食を絶つだけでなく、喫煙もしてはならない。
これもいい機会だと、だんなは禁煙を始めた。
いつもは風邪を引くたんびに「もうたばこやめるわ」と言っては治ればまた吸い始める、この繰り返しだった。
今回も断食が終わればまた吸い始めるんじゃぁ・・・と思ってはいるが、さてどうだろう。
やめてくれると家計は助かるし、ごみは減るし、もちろん健康にもいい。
何より、53キロの極細ペンのような体が少々太ってくれるのではないかと期待はふくらむ。

一応インドネシアにも禁煙パイポなるものは売っている。
でも、使っている人なんて見たことがない。
数ヶ月前だっただろうか、YouTubeでインドネシアの2歳の男の子がプカプカとタバコを吸う映像が話題になったのは。
2歳はちょっとひどいが、学校に行っていない小学生ぐらいの子供が吸っているのはよく見かける。
彼らは禁煙しようとも思っていないし、たばこの健康被害の知識すらもない。
その2歳の男の子の父親は、「子供は病気にもなってないし、問題ない」と言っていたが、周りの親もその程度の知識なのだろう。

日本には6千円ぐらいの禁煙できる偽たばこの機械?があるらしい。
だんなはその話を聞いてきて、「今度帰ったら禁煙できるそれ、よさそうなら買うてきて」と頼まれた。
で、この前日本に帰ったときにどんなものか聞いたところ、なんや専用フィルターを随時交換せんならんということで、高いし荷物も増えるしで無視した。
今、何もしなくても禁煙できてるやん。
買わんでよかったー。

ご飯を食べた後、それから子供らが寝てゆっくりしたとき、必ずタバコを吸っていただんな。
今は、そんな時、必死に落花生の皮をむきむきしている。
それでええ、それでええ。
豆を食べろ豆を食べろ。
断食が終わっても落花生は家に常備しておくことにしよう。
禁煙成功か否か、落花生の味が鍵を握っているやもしれぬな。
posted by ubor at 00:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常チャ飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

タラウィ

ウイルスに大分汚染されていたパソコンとはおさらばし、やっと新しいのを購入した。
先月からあまりアップできずにすみませんでした。

さあさあ、断食月が始まった。
病気になったりイライラしたりして、もう二度と断食なんかするもんかと毎年思うのに、やっぱりなんでかしてるんだなー。
今さら言うことではないが、私はまじめ一徹ではない。
断食をして飢えの苦しみを知り、慈悲の心、宗教心を養う、という理屈は理解している。
でも強制ではない。
じゃ、なんでするんだろうかと自分に問いかけると、みんなしてるしまあやっとこかってのもあるし、体重計に乗るのが楽しみだということもある。
動機は不純だがやるからにはやるよ、断食もお祈りも。

普段はそんなにお祈りしない私だが、断食月はわりときちんとしている。
アオが学校からお祈り表なるものを持って帰ってきていて、お祈りをしたらそのつどチェックを入れるのだが、そういうのは親がやらんと子供もやらんからねぇ。
家でお祈りするときは私もユメもともに、だんながいたら一緒にモスクに連れて行ってくれてる。
基本的にうちのだんなは、女はモスクじゃなくて家でお祈りするほうがいいという考えがあるので、私はほとんど行かない。
でも、断食月の特別なお祈り、タラウィはずっと行ってみたいんだけどと申し出ていた。
普通のお祈りの所作は3回とか4回なのだが、タラウィは11回する。
時間は午後8時ごろから。
その前にイスラムの先生の説法もあって、9時過ぎまである。
毎日先生も説法の内容も変わる。
もちろんアオのお祈り表にもタラウィの欄があって、チェックだけでなく、説法内容を書き、先生のサインまでもらわなければならない。

で、昨日初めて家族4人歩いて近所のモスクへタラウィに行ってきた。
男性は2階、女性は1階なので、入り口でだんなとアオと別れる。
ユメとともにおどおど中へ入るともういっぱいの人人人。
どうやらタラウィの前のイシャのお祈りのときからい続けているようだ。
仕方なくものすごい端っこの枠からはみ出たところに場所を確保した。
説法に興味があったのだが、拡声器を使って話しているというのもあり、私のインドネシア語力ではさっぱりわからなかった。
その間も小さい子供がうろちょろうろちょろ、ぎゃんぎゃん泣きわめいたり、お菓子をポリポリ食べたり。
今まではユメが小さいから行ってなかったが、別におかまいなしだったのね・・・
ようやく説法が終わりお祈りが始まっても、騒々しさは変わらなかった。
最初のうちはユメもちゃんとお祈りの所作をしていたのだが、うろちょろっ子たちにじゃまをされ、やる気をなくしてやめてしまった。
やっぱりユメにはタラウィは早かったか。
お祈りの所作は2回ごとに一息あって、そのときはちょろっとしゃべったり携帯をいじっている人がいる。
ユメもそれを見て話しかけてきた。
一息目、「なあお母さん、子供がじゃましてくるー」「ほんまやなー、ほっときほっとき」
次の一息、「なあお母さん、暑いー」「もうちょっとや我慢しー」
またその次、「なあお母さん、おならが出そうや」「あかん、我慢しー。出てもたらお祈りが全部パーになってまう」
おならや尿、便が出てしまうと、もう一回最初からやり直しになる。
ユメのガスさんと時を同じくして、私の膀胱もけっこうな膨らみ具合になっていた。
家を出る前にトイレに行ってきたのにもかかわらずだ。
次の一息でユメは「ちょっとおしっこもしたいな」と。
「あんたもかいな!」
もうあきらめた。
8回で切り上げて小走りで帰ってきてしまった。
ということで初めてのタラウィは未消化で終了。
もはや尿路感染症ではないかと疑うほどにトイレが近い私。
次こそはタラウィすべてできるだろうか。
ユメもともにこの断食月で修行できればと思っている。
posted by ubor at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 学ぶ、イスラム教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

ジャーナル

アオの小学校では、週に1時間、ジャーナルという授業がある。
作文や日記を書いているようだ。
先日のジャーナルのノートを見てびっくりした。

1.今日は体育があってうれしかった。
2.今日は遅刻しなくてよかった。

なんじゃこの短さはー!私の子供じゃないぞー。
まず、体育があってうれしいとは・・・
なんで?
いや、でもそれが普通の子なんか?
私は体育が嫌いで嫌いでしかたなかった。
休み時間に外にドッジボールをしに行く子の気がしれなかった。
1年生のころから一人ででも教室で本を読んでたんだけどなー。

それから文章が2文だけって・・・
なんで?
私は「せんせいあのね」は得意分野やったぞー。
アオにはいつも日本語で日記を書かせているのだが、最低5行といつも言っている。
あと、1日あったことをだらだら書くんじゃなくて、一つの出来事について、そのときの気持ちもともに書くようにずっと言っている。
まあでもこのジャーナルで書いた2文には、「うれしかった」と「よかった」と気持ちが入っているので、その点は私の教えを守っているからよろしい。

この2文だけのノート、これだけでも先生は点数を付けている。
それにまたびっくり仰天。
95点!
えー、こんなんでそんな高得点もらってええの?
先生の基準がわからない。
でもこの授業がいちばんノートを見るのが楽しみなのは事実。
さてさて、明日は何を書いてくるだろう。
ビシビシ指導していこ。
posted by ubor at 23:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 学校のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

フォトコンテスト

今日は、ユメの幼稚園でフォトコンテストがあった。
朝から浴衣を着せて化粧もしてあげて、かわいらしくして行った。
優勝するべく気合入ってたんだけど・・・

フォトコンテストではなかった。
ただ、「一人ずつ壇上で写真を撮ろう」デー。
お母さん連中、「なんじゃそりゃ」と皆腰を抜かしてしまった。
きちんとしたカメラマンが来ているのかと思いきや、先生方が携帯や普通のカメラで撮っている。
IMG_0572.JPG
はりきって一眼レフのごついのを持っていっていた私。
「ママユメ(私)のカメラ、先生に貸してあげたらいいやん」とさえ言われた。
IMG_0576.JPG

結局優勝とかそんなものもなく、みーんな写真撮ってはい終わり。
多分それらは、後日掲示板のところに張られるんだろう。
先生たちと、私やお母さん連中との間で「コンテスト」の意義が異なるようだ。
まあでもユメはおしゃれして幼稚園に行けたので、楽しんでいたようだった。
もうそれでそれでよしとすることにしよう。
posted by ubor at 23:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

エレベーター

体がだるい。
まだだるいんかというくらいだるい。
日本でそんなに動きすぎたんやろうか。
仕事して子育てしてる友達には申し訳ないが、むちゃくちゃ昼寝をしている。
午前に1回、午後に1回、夜は10時になったらもう眠い。
生後9ヶ月の赤子のごとく寝ている。
寝すぎでだるいわけではないと思う。
とてつもなく体が動かなくなり、仕方なく横になるのだから。
テキパキという言葉がまったくもって似合わない国、インドネシア。
日本帰りだと、眠くなって当然かもしれない。

おーっと、今日はこんなことを書こうと思っていたんじゃない。
今朝見たニュース。
ちょっと怖いエレベーター内での強盗事件の話である。
監視カメラの映像だったのだが、エレベーターに乗っていたのは男性二人、女性一人。
男性のうちの一人が女性の荷物をひったくって、それをもう一人の男性が制止に入って、荷物がぐっちゃぐっちゃのばっらばら。
叩きあいの殴り合い。
それでも男は荷物の中でも主要なかばんだけをどうにか奪い、そのときドアが開いて逃げて行って男性と女性がそれを追いかけるというものだった。

おっそろしいーー。
普段からエレベーターには乗らなかったが、それは故障するからという思いがあった。
しかししかし、いやー、ひったくりかー、怖い怖い。
女性だろうが、男性だろうが、インドネシアでエレベーターに一人では乗るべきではないと思った。
知らない人と密室になってはいけない。
多少歩いても、エスカレーターを使おう。
でもエスカレーターもしょっちゅう故障して止まってるんよなー。
動かないエスカレーターを上るのは、階段よりしんどい。
階段も階段で、1段ずつ高さが違うことがよくある。
テンポよく上れず、何度もこけそうになる。
そうだ、スロープがいい。
子供もお年よりも車椅子の人も、みんな安全。
名案名案。

などと一人つぶやきながらの朝のひと時ニュースタイム。
posted by ubor at 10:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常チャ飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

アオ2年生ユメ年中

皆さん長らくご無沙汰しておりました。
日本を十二分に満喫し、無事にマカッサルへ戻ってまいりました。
来年の夏まで帰省することはないと思うので、また1年当ブログをご愛好のほどよろしくお願い申し上げます。


さてさて、本編へ。
今回の帰省では、アオは日本の小学校へ3週間通わせてもらった。
えー、そんな少しの間だけでもできるのー?と思った方、それならうちの子もできるかしらとも思った方、その学区域の小学校にお問い合わせいただきたい。
ちなみに我が母校でもある実家近くの小学校は、1学年1クラスの小規模な学校で、先生方はいやな顔ひとつせずに受け入れてくれた。
学校でいるものも親戚からお下がりをもらえたりして、特に困ることなく3週間を過ごせたと思う。
運よくその間にオープンスクール(今はもう参観日とは言わないのね・・・)があり、日本の小学校とはこういうものだったのかーと、いろいろインドネシアとの違いを改めて知ったのだった。

DSC00395.JPG
DSC00401.JPG

毎日おいしいものを食べ、楽しい場所に行き、子供らは「もうインドネシアに帰りたくなーい」なんて言い出すんじゃないの?と思われる方もいるかもしれないが、3週間経つといつものように
「そろそろインドネシア帰りたいなー」と言うのであった。
わが子らは日本ではだいたい20日が限度らしい。
私はまだ食べ損ねたものがあって、まだまだ未消化だというのに。
卵かけご飯と、温泉卵、来年まで待つしかない。
生卵&半熟卵よ、私を忘れないでいておくれ。

実はマカッサルに戻ってきてから1週間以上経つ。
なのにパソコンを開くのはやっとこさの今日。
アオは2年生になり、ユメは年中組になり、新学期の用意やらでばたばたしてたのと、インドネシア独特のこのだるさになかなか体を戻しきれなかった。
今日からは無事にやっていけそうだ。
と思いきや、もう来月から断食やないの!
また生活リズムが変わる・・・
読書を基本とした生活で、のんびりのんびりしていくこととしよう。
posted by ubor at 23:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

球技大会

昨日、日本勝ったねー。
ちゃんとゴールも見たよ。
よかったよかった。
サッカーに興味はなくとも日本は応援する私。
だんなも残業中に「日本何点や?」と電話してきたりして、なかなか日本に熱を入れている。
それに加え、今朝の新聞(マカッサルのFAJAR新聞)を見たら、なんと、日本チームの喜ぶ姿が一面に載っているではないか。
FAJARも日本応援してくれたんやな。
さすが同じアジア人。

さてさて、ワールドカップと時を同じくしてアオの小学校でも球技大会が始まった。
先週末で学年末試験が終わり、アオは今週1週間ずっとサッカー。

DSC00388.JPG

服は全員自前のユニフォーム。
学年ごとのクラス総当りで、昨日は1年4組として負け。
今日は1組として、勝てたので大喜びで帰ってきた。
明日は2組に勝つぞー、とアオは意気込んでいる。
がんばれ3組!

これ、男子はいいが女子は何をしているのだろうか、よくわからない。
フラフープを持ってきてる子が多かったから、フラフープ大会かも。
あと、こんな具合に勉強をしないから、通知表をもらうまで欠席する子もいる。
私はやっぱり体を動かすのも勉強のうちだと思う。
なによりアオはのりのりでサッカーしているというのもある。

朝7時に登校して、サッカー1試合して、9時に帰ってくる。
早すぎ!
家の掃除が半分も終わってないのに迎えに行かなくちゃならないので、とてもバタバタする。
それでも汗かいてその日の試合についていろいろ話してくれるアオを見ると、いきいきしていてこれぞ小学生、と思う。
先週勉強勉強だった分、ずいぶん楽しそうだ。
明日も活躍してくるんよ。
がんばれアオ!
がんばれ日本!
posted by ubor at 23:45| Comment(7) | TrackBack(0) | 日常チャ飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

フットサル

DSC00320.JPG

フットサル場。
だんなはいつも毎週日曜朝9時から、フットサル(ミニサッカー)に行っている。
休みの日なのにゆっくり寝ず、ゴロゴロしない。
朝から汗を流しに行く。

私はサッカーには興味がないので一度も見に行ったことがなかったのだが、この前初めて一緒に行ってきた
恋人時代ならどんなにサッカーを知らなくても、スポーツドリンクでも持って毎回必ず応援しに行くのだろうが・・・
行ってみて、やっぱり暇だった。
応援の「お」の字もせずにユメを連れてうろうろと場内を見て回る。

このフットサル場、いろんなことでびっくりびっくり。
6コートぐらいあって、ものすごく広い。
しかもその日は水曜の夜9時から10時という時間だったのにも関わらず、どのコートもいっぱいで、汗臭い男たちがわんさかサッカーに熱中していた。
そしてさらに、あんなに時間にルーズなインドネシア人なのに、だんなのフットサルメンバー全員8時50分には集合して靴を履いたりして用意をしているではないか。
もちろん他のコートにいる人たちもそのようだった。
そこまでさせるほど、インドネシア人にとってサッカーは人気スポーツなのである。

もちろんサッカーをすることも好きだが、観戦するのも大好き。
みんなで集まってワイワイとテレビを見る。
あー、ワールドカップが始まる。
マスメディア、何から何までワールドカップ一色。
インドネシアが出場しているわけでもないのに、インドネシア中が盛り上がっている。
4年前を思い出すと憂鬱になる。
夜中に外に大きなスクリーンを出してきて、イスもいっぱい出してきて観戦する。
しかもそれ、店とかじゃなくて普通の住宅地内のあちこちで。
非常にうるさくて寝られない。
一方だんなは深夜の丑三つ時だろうが関係無しに、
「ちょっと、あそこのスクリーンあるところに見に行ってくるわ」と走って出かけていく。
家でテレビで見ればいいものの、一人で見ててもおもしろくないんだとか。
来週から子供らと3人で日本に帰る予定にしておいてよかった。
だんなも文句を言われずにサッカー観戦に行けるからうれしいだろう。

だんなの本命はスペインなんだとか。
私はサッカーぜんぜんわからないけど、どんなに弱かろうが
ガンバレ日本!
日本を応援する日本人である。
posted by ubor at 09:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常チャ飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

マーク

学校は、あと10日ほどで学年が終わる。
アオもユメも今のクラスの子らとはもう少しでお別れ。
ユメは初めての園生活、とっても楽しめたようだ。
連絡帳を読み返してみる。

ユメの連絡帳 100608_161305.JPG

前は「可」や「不可」が多かったが、今は「良」も「優」もいっぱいでうれしい。
一日したことと、その評価が書かれている。
100608_161600.JPG

見にくいがわかるだろうか、優、良、可、不可のマーク。
100608_161444.JPG

これ、いつも不思議に思っていた。
何が「優」やったっけと見直さなければならない。
すぐ忘れる。
☆が優
三日月が良
わーい(嬉しい顔)(ニコニコマーク)が可
ふらふら(口がへの字マーク)が不可

ずいぶん長い間、ニコニコマークと口がへの字マークが心身面、星と三日月マークが勉強面で、それぞれ「よろしい」と「もっとがんばれ」の違いかと思っていた。
あるときこのページに気付き、☆がいちばんいいんだとわかった。

なんでマーク統一せーへんのやろ?

日本人のイメージなら、◎、○、△、× がいちばんしっくりくるんやけど。
それか顔マークなら、キラキラニコニコマーク、ニコニコマーク、素の顔マーク、口がへの字マーク、に分ければわかり安いんやけど。
なんか不思議なマークのそろえ具合。

来月からは年中組のユメ。
時間も11時半までと1時間長くなる。
新しいお友達とともに、めいっぱい楽しんで、いっぱい☆をゲットしてきてほしいものだ。
posted by ubor at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。