2010年06月04日

土産物

トラジャ旅行記C完結編

トラジャで買ったお土産は、昨日のはちみつと、トンコナンの絵が描いてあるお盆、Tシャツのみ。
タウタウという死者人形が有名だが、ちょっと我が家には・・・

でもトラジャからマカッサルまでの道のりで、てんこもりのお土産を買うことができた。
とにかく名前を聞いたことない、もしくは見たことない食べ物は制覇したというかんじ。
一つずつ紹介していこう。

まず、トラジャを出て次のエンレカンという町で。

どどどどでかいバナナ。
IMG_0479.JPG
IMG_0481.JPG

4,50センチはあるだろう。
この房の中で1本だけ熟れているものがあったので、車の中で試食することに。
皮を剥くと、普通のバナナよりも黄色い、いや、オレンジと言ってもいいくらい。
こりゃ甘そうだ〜なんてみんなでいいながら、みんなで分け分けしてパクッと一口。

・・・
・・・

全員沈黙の後、口をそろえて

「普通やな。」

色形が変われどごくごく一般的なバナナであった。
店の人は揚げるとおいしいよと言っていたが、揚げても普通のバナナであることが容易に想像できる。

同じくエンレカンで。
バナナの皮にくるまれたチーズ。
DSC00347.JPG

インドネシアで乳製品は珍しい。
日本ではよく見る白と黒の乳牛なんて見たことないし。
英語でナチュラルモツァレラと書かれていて、ピザにのせてもおいしいよと店員が言っていた。
それを聞いててっきりとろけるチーズや〜と感激した私、さっそく帰ってからオムレツに入れてみた。
とろけるチーズオムレツ〜となる予定だったが・・・
残念な結果が。

まったくとろけなかった・・・

チーズゴロゴロオムレツ。
やられたー。
そのゴロゴロチーズを食べてみると、味はチーズだが、まったく食感が違う。
チーズのずっしり感というか、ぐにゅっという食感がまったくない。
あれ、はんぺんやったん?と思わず見直してしまった。
よく言えばはんぺん、悪く言えば食器洗い用のスポンジ。
私はチーズに詳しくないが、ぜったいモツァレラではないことは確かだ。
で、本当の食べ方はというと、
DSC00350.JPG

せんべい。
店員が、このチーズは揚げるとおいしいよと言っていた。
また揚げもんかー・・・と思ったので期待をこめてチーズオムレツにしたが、もう揚げるしかないらしいと納得した。
でもこのチーズせんべいは本当においしかった。
ほんのりした甘みでさくさくしてて、どこの駄菓子屋に置いててもおかしくないような子供のおやつっぽいお菓子。

次に、どでかいだんご。
DSC00357.JPG

店の人はバクソマニスと言っていた。
バクソとはインドネシアの肉団子のこと。
名前を聞いただけで、えー、肉団子に椰子砂糖?あわへんやろーと思っていたが、なんのことはない、肉じゃなかった。
もち米で作っただんごに椰子砂糖がけ。
見た目だけで名付けられたようだ。
アオはずいぶん気に入ったようで、こんなごっついだんご4つをぺロッと食べてしまった。

同じく椰子砂糖を使ったお菓子トリ。
DSC00376.JPG

見た目は完全にかりんとう。
味もほとんどかりんとう。
でもポリポリ食べるものではない。
また、外はカリッと中はふわふわ、そんなもんでもない。
一言で言うと、極度に湿らせたかりんとうとでも言おうか。
するめとまではいかないが、引きちぎる感じで食べた。
揚げ揚げならまだそこまでいかないだろうが。
でもかりんとう懐かしさのあまり、車中でだいぶん食べてしまった。

そのほかエンレカンではサラック(サラックの回参照)や、バワンメラ(シャロット)など安くておいしいものをゲット。
その後バルルという町にて。
スラベンというお菓子。
DSC00360.JPG

確かダダルの回で、インドネシアのお菓子は椰子砂糖、ココナッツ、パンダンの葉を使うのが基本だと書いたが、もう一つもち米を忘れていた。
このスラベンは、ココナッツミルクともち米粉を混ぜて丸めて焼いたものを、椰子砂糖水につけて食べる。
思ったよりもち米粉の量が少なくて、ふわほわのやわらか食感。
いい加減椰子砂糖の味に飽きるころだがさらに・・・
DSC00344.JPG

その横で売られているダンゲというお菓子も買ってしまった。
ごつい鉄板を使っていて、カリッと焼いたおもちのよう。
これもまたいつもの椰子砂糖と、紫黒米のもち米粉とココナッツを型に入れて焼いたもので。
型が独特。
DSC00362.JPG

ん、鯛の形にしたらタイヤキできるんちゃうの。
これを買った辺りは20件以上もこの「ダンゲ・スラベン」という看板の店が並んでいる。
いつもインドネシアでは不思議に思うことだが、
なんでとうもろこし屋の隣にトウモロコシ屋作るねん!
1件ぐらい違う形で「鯛の形したダンゲ」と看板出したらはやるんじゃないだろうか?
同じ店がずらっと並ぶ中で、自分の店だけ目を引く努力というのはここの人はあまりしていないようだ。

とまあこんな風に、マカッサルに近づくにつれ車の中はお土産いっぱいになっていったトラジャ旅行だった。
だんなよ、長時間の運転お疲れさまでした。

トラジャ旅行記完
posted by ubor at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常チャ飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

トラジャコーヒー

トラジャ旅行記B

日本人でトラジャを知る人は、コーヒー通の人が多いかもしれない。
トラジャの名産品「トラジャコーヒー」は有名である。
コーヒー関連の日本企業が入っているので、友人にお願いしてコーヒー農園を見学させてもらってきた。
恥ずかしいが言っておこう。
私はカフェインアレルギーのため、コーヒーが飲めない。
さらに、だんなは典型的インドネシア人のごとく、コーヒーにはスティックシュガー4本、ミルクポーション2つも入れるという、コーヒー通でもなんでもない夫婦である。
でもかねてから見たかった。
インドネシアのプランテーションというものを。
そしてコーヒーの木というものを。
緑茶は製造工程が想像できるが、コーヒーは?マークがいっぱいである。
コーヒー豆の何がどないにどうなってコーヒーとなるのか。
さてさて、レポートいたしましょう。


行き道。
これにはおったまげた。
四駆で行くなんとかラリーとはこのことか。
道なき山中を行く。
右を見れば深い谷底、左を見れば崖崩れしそうな山肌。
心中穏やかではない。
座っているのに何度もジャンプして頭やあごを打った。
そんなジャングル山道をぐんぐん突き進む。
熱帯雨林のジャングルにあるといえば、こちら。

IMG_0430.JPG

カカオの木もいっぱい。
こんな実からどうやってチョコレートができるのか、気になるな。
今度はどっかカカオ農園も行ってみたいと思う。
カカオアレルギーのくせにまたそんなことを考えてしまった。

ラリーを終え、農園到着。
高級品、B級品、炒る前、薄皮付きの豆、いろんな豆を見せてもらい、工場での作業も見学。
IMG_0420.JPG

おばちゃんが手作業で選別していた。
実をとって、豆の薄皮むいて、選別して、それでもう出荷するそうだ。
その時点で色は薄緑のような大豆のような色。
出荷先で炒ってあの黒ーい色になる。

これはコーヒーの木。
ki.JPG

けっこう低木なんやね〜。170センチほどか。
そして実。
mi.JPG

さくらんぼ風。
赤いのがもう熟している実で、何粒か拝借して食す。

甘い!

そらそうか、木の実やもんな。
でも実とは言え、食べる部分はない。
皮からプチュッと出てきた種をねぶる感じ。
梅干の種をいつまでも口に残しておくと・・・そんな状態。
だからねぶってもすぐペッと種を出さなきゃならない。
あ、でもこの種の部分がコーヒー豆になるんやな・・・

コーヒー通ではない夫婦とはいえ、一応私も2口ほど飲ませてもらった。
ブラックのやつ。
さらっとした酸味の後に苦味がほわん。
芳ばしい香りがのどから鼻まで漂っていく。
だんなも、あれ、これはブラックででも飲めるな、とびっくりしていた。
そらそら全部手作業の高級品ですから。
ガイドのおじさんは、ブルーマウンテンに近いが、もうブルーマウンテンは有名になりすぎて機械を使っていい加減なものになってきている、と言っていた。
そうかー、いいコーヒー作りには手作業がかかせないんやな。
山にわんさかなってるコーヒーの実を、一つ一つ手で収穫し、人間の目で選別し、なんと手間をかけているのだろう。
トラジャコーヒー万歳!である。

実は、この農園でアオは泣いてしまった。
というのも蜂が多かったから。
ワーとかギャーとか言うとよけい近寄ってくるから、静かにじっとしときなさいと言ったのだが、それができないお兄ちゃん。
いじけていたので、ラリー並みの帰り道にはちみつを買ってやった。
IMG_0432.JPG

山道沿いに、こんなビール瓶に入れられて道々売っていた。
農園でとれたもののようだ。
コーヒー農園に行って蜂蜜を買って帰る。
なんかおかしいな。
いや、これが我が家風ということにしておこう。
posted by ubor at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常チャ飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

風葬

トラジャ旅行記A

ケテケス村、奥へ進むとトンコナンの形をしたお墓があった。
IMG_0445.JPG

上のほうに位牌がかけられており、下の丸いところに埋葬されているらしい。
でもこういうのはお金持ちの人がやってるわけであって、一般的な本当のお墓と言うのが・・・
なんと恐ろしげなこちら。
kanoke.JPG

岩壁に取り付けられたいくつもの棺桶がーーー。

jinkotsu.JPG

さらにさらに、もう棺桶もなんもあったもんじゃない。
人骨散乱てーー。

おっそろしいことこの上なし。
岩の階段は上まで続いていたが、だんな一人に見に行ってきてもらってどんなもんか教えてもらった。
だんな、けっこう写真撮ってるし。
もう、ほんま、変なもん写ったらあかんからそないそない撮らんでええって!

これは風葬というもので、遺体を土に埋めるわけでもなく、燃やすわけでもなく、そのまま放置。
骨になりきるまでは絶対見たくない。
一応、この一族はここ、というふうにお墓の場所は決まっているらしい。
亡くなった人たちの人形がこの檻の中に納められていた。
IMG_0440.JPG

人形は人形だが、家族写真のごとく整列している。
ふとロサンゼルスのろう人形館を思い出したが、同じ観光名所と言ってもテンションがぜんぜん違うなと感じる。
トラジャ観光は葬式とお墓だとは知っていたものの、衝撃的な骨の有り様だった。
葬式を旅行プランに盛り込まなくてよかったわ。
お墓だけで体中のさぶいぼが出尽くしたのだった。
posted by ubor at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常チャ飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

トンコナン

タナトラジャ旅行記@

タナトラジャと言っても、日本人でその地を知る人は少ないと思う。
マカッサルと同じスラウェシ島で、マカッサルから車で10時間。
飛行機はないの?と突っ込まないでください。
そんな長時間かけても行く観光客がいる。
ホテルででも欧米人がちょこちょこいた。

トラジャ独特の建築様式「トンコナン」の形をしたホテル。
hotel.JPG

部屋の鍵もトンコナンの形でかわいい。
IMG_0411.JPG

インテリアの小人人形もかわいい。
IMG_0384.JPG

私かわいい?
IMG_0342.JPG


トンコナンは、普通の家屋とは違い、屋根の両端が反り上がっている。
一般家庭での用途は穀倉で、高床式になっている。
昔からのトンコナンが立ち並ぶ、ケテケス村というところへ行ってきた。

ketekesu.JPG

保存状態がいいと歩き方には書いていたが、屋根の上は草ボーボー。
だいっぶん年季が入っていた。
写真を撮ったりしていると、この近所のおばちゃんが通りかかって「この中人住んでるんよ。私のおじいちゃんが一人で」と言う。
えーー、全部穀倉じゃなかったんー?
そんなことを聞くとどうしても中が見たくなる。
だんなは「もうえーって、やめとけやめとけ」と言うが、こんな観光地の建物内で堂々と生活しているおじいちゃんに、どうしても会ってみたいとごねる私。
そこを運良く欧米人3人組観光客とガイドがやってきて、そのおじいちゃんが住むと言うトンコナンの前で説明を始めた。
そして一通り説明したら階段を上って行くではないか。
しれ〜っとその仲間のごとく一緒に入ってみた。
だんなは子供らとともに外で待つ。
中は暗く臭く汚く、異様な空間だった。
全部で10畳ぐらいあっただろうか、それが3部屋に分かれていた。
コンセントとディスペンサーの水があるのが現代風で、そのほかは洞窟生活者のような簡素な炊事場。
棚に無造作に置かれている牛の頭蓋骨。
天井からは大量のカビか虫の糞か土か、何かわからない黒いものがいっぱいぶら下がっている。
おじいちゃんを探す。
ガイドさんが「その隣の部屋で昼寝してますよ。どうぞご覧ください」
ご覧くださいって!珍獣扱いかいな。
ガイドいわく、そのおじいちゃんはもうだいぶん歳がいってて病気なので、たいがい寝ていると。
で、観光客がこうやって入ってきても気にしてないんだとか。
それでもやっぱり写真を撮るのは気が引けたので撮らなかった。
いや、なんか怖くて撮る気になれない。
一緒に入った欧米人も、恐ろしげな表情で萎縮したかんじだった。
空気があるのに息苦しい。
一通り見渡した後、まだ説明中のガイドと欧米人を残して早々と出た。
ふぅー、下界へ降り立った気分。
だんなに内部はこんなんこんなんでと説明した。
先の欧米人と同じように、自然と恐ろしげな表情になりながら。
人の家だというのに、そぞろ恐ろしい。
で、このケテケス村、奥へ進むともっとさぶいぼもんの人骨が散らばっているのであった。
その話はまた次回ということで。
posted by ubor at 21:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常チャ飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

アオ7歳

今日はアオの7歳の誕生日。
先月ユメの誕生日でけっこうなパーティーをしたので、今回はのんびり家族旅行をしようということになった。
運良くインドネシアでは金曜が祝日だったので、この3連休でタナトラジャへ。
トラジャ旅行記はまた明日からのんびり書いていくことにする。

昨日旅行から帰ってきて、今日は朝からケーキ作り。
旅行に行っても一応誕生日ケーキはいるわな。

仮面ライダーwファングジョーカーの顔ケーキ。

DSC00365.JPG DSC00374.JPG

仮面ライダーwは、ルナトリガーやサイクロンジョーカーなどなど派手なバージョンがいっぱいあるのだが、しょうたろうよりもフィリップが好きなアオはファングジョーカー一筋。
よって白と黒のシンプルな顔に、燃える炎のような目でできあがり。
もりもり食べてくれ、来年の誕生日もファングジョーカーのケーキをお願いされた。
そんなもん来年なったらまた違う新しい仮面ライダーのんがええって言うとると思うんやけど。
今週と来週は学年末テストでいっぱい勉強しなきゃならんのがかわいそうだが、旅行してケーキ食べて力をつけてくれただろうか。

アオ、7歳のお誕生日おめでとう!
posted by ubor at 22:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

国勢調査

ちょっと前に知らないおばさんが我が家を訪ねてきて、うちの家族構成を聞いてメモしていった。
それから数日後、またそのおばさんがやってきて、今度はさらに詳しくうちの家族全員の名前、生年月日、職業、国籍の有無、最終学歴、宗教を聞き、用紙に書いていった。
あやしいおばさんではない。
今、インドネシアでは国勢調査を行っていて、その調査員である。
その済印として、玄関先の窓ガラスにペタッとステッカーを貼られた。

DSC00342.JPG

うわー、こんな玄関先のガラスに貼ってもてー・・・嫌やなーと思っていたが、お隣さんも、いや、ご近所中みんな、玄関先の窓ガラスに貼られていて文句の言いようがない。

この国勢調査、10年に一度行われるらしい。
10年に一度なのに、調査員はみんなおそろいの「2010年国勢調査調査員」とかかれたシャツを着て各家庭を回っていた。
この調査が終わった後も普通にシャツとして着るのだろうか?
何かイベントがあると、やたら服装や格好をそろえたがるインドネシア人である。

日本の国勢調査は確か基本自分で記入するはず。
ここでは一件一件調査員が訪問し、その調査員がすべて鉛筆で用紙に手書き。
大丈夫?不安がよぎる。
というのも、大概の役場で間違って入力されているから。
戸籍でも、名前が間違えられている人、生年月日が間違えられている人、そんじょそこらに数多くいる。
うちのユメもそう。
家族構成表という日本で言うところの住民票のようなものに、ユメは性別が男として入力されており、さらに、生まれ月も間違えられている。
いったん入力してしまうと修正するのが面倒なのか、だんなが役場に間違いを訂正してもらうよう言ったが、1年経った今もまだ直してもらえていない。
そんなことが頻繁なインドネシアで今回の調査員、機械では読み込みできなさそうな、すれた用紙に殴り書き。
間違って入力されやしまいか、不安にならないはずがない。
でもこの調査での間違いが我が家に悪影響を及ぼすことはないとみて、さらっと流すことにする。

調査員の皆さん、この暑い中、てくてく歩いてお仕事お疲れ様でした。
posted by ubor at 11:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常チャ飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

素手で

ゴキブリを見つけたら

@新聞紙を丸めてパチン
A素手で捕まえる

@が日本人の常識だとすれば、Aがインドネシア人の常識のようである。
今日、つくづくそう思った。

今晩、だんなは残業のためまだ帰っていない。
そのため、明日のアオのテスト勉強をみてやるために義弟が来ていた。
ふと、トイレに入った私。
ゴキさんを1匹発見。
義弟を呼ぶ。
義弟、普通に手で捕まえて外に捨てに行った。
再度トイレに入る。
ドアの裏側にまた新たなゴキさん発見。
義弟、さっきと同じ手順でゴキさんを処理。
私が「石鹸で手を洗いなさい!」と言ったから一応洗っていた。
たぶん私が言わなければささっと水洗いだろう。

この工程を、義弟は何の抵抗もなく自然な対応でやってのける。
これ、日本人化しているだんなは新聞紙派。
パチンの後は拾ってトイレに流す。
今でこそトイレに流すようになったが、以前は「かわいそうだ」と言って半殺しのまま外にほり投げていた。
今日の義弟、やっぱり生きたまま外に。
「捨てる」というより「はなしてやる」感覚。

日本のようなすばしっこくてでっかいゴキさんなら、「こんちくしょう!」と言って追わえ回されるんだろうが、のろまでちびなインドネシアゴキブリは同情を買うのだろうか。
できない、私にはできない。
不潔の代表格を昆虫一族として見てやれない。
ほんっま、無理。

義弟がはなしてやったゴキさんたち。
今晩中に我が家に舞い戻ってきやしないだろうか。
今夜は不安な夜を過ごすことになる。
posted by ubor at 23:49| Comment(7) | TrackBack(0) | 日常チャ飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

えび

親戚のおじさんからもらった

DSC00339.JPG

大量のブラックタイガー
久々の豪華えび。

えびはインドネシアではけっこう獲れる。
しかし、市場で売られているのはしょぼいかき揚げ用ばかり。
こんな立派なブラックタイガーもあるのに売って欲しいわぁ。

ではこういう立派な魚介類はどこへ行くのかと言えば・・・
そりゃ日本ですよ。
タコなんかほっとんど日本。
ま、日本じゃなくともとにかく外国へと輸出されていく。
国内ではレストランや大手スーパーに流通している。
庶民の行くような市場で売るよりも、手間をかけてでも輸出したほうがもうかるようだ。
このブラックタイガーをくれた伯父は、韓国系のえび輸出会社に勤めているため、残り物をときどきもらえる。
韓国人の口に入る予定だったものが、運良くインドネシアに留まり、我が家へとやってきたというわけだ。

このな何キロあるねん、というブラックタイガー、ひとまず頭、殻、背わたをとりのぞいた。
手の平がまけてしまってかゆいことかゆいこと。
耐え忍んでなんとか3つに小分けにして冷凍庫へ。
さあ何にしようかなー。
一つはアッサム(タマリンドという酸味のある調味料)つけて素揚げにしよう。
で、も一つはえび天丼。
も一つはエビフライで決まりーっと。
えび贅沢、しばらく楽しめそうだな。
posted by ubor at 10:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常チャ飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

緑茶

今日、抹茶プリンを作ったら見事に大失敗。
日本から持ってきた抹茶の粉が濃すぎたよう。
粉っぽい粉っぽい。
高かったのに、ちびちび使えばよかった。

そういえばだんなは抹茶が苦手だ。
顔をしかめてただ一言「苦い」と。
まあインドネシア人には砂糖無しのものは無理だろう。

DCF_0016.JPG DCF_0015.JPG

一応インドネシアでもこのようにごく普通に緑茶が売られている。
しかし、日本の緑茶とはまったく異なる。
砂糖、もしくははちみつがた〜ぷり入っているから。
緑茶の色と匂いはあるものの、味はどこをどないにがんばっても砂糖水。
砂糖やはちみつはありがちだが、アップルシナモン緑茶というのもあって、もはや緑茶の原型から逸脱している。

失敗した抹茶プリン、だんなは間違いなく食べてくれない。
でも子供らは濃ゆーい濃ゆーい抹茶味を「苦いー、けど、おいしいおいしい!」と言って食べてくれた。
ピッコロのように唇が緑色になった子供らを見て、
この子らが日本人の舌も持ち合わせててくれて、あー、よかったーとほっこりなごんだのであった。
posted by ubor at 22:32| Comment(7) | TrackBack(0) | 日常チャ飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

そろばん

昨日文房具屋に行ったとき見かけたもの。

DSC00334.JPG
うわーカラフル!

DSC00335.JPG
惜しい!短すぎ!

DSC00337.JPG
何段あるのやら・・・

DSC00338.JPG
ちなみにこれは日本から持ってきた私のもの。

見ておわかりのように、これら全部そろばんである。

インドネシアでもそろばんがあるのは知っていたが、こんなにも色形が違うとは知らなかった。
というのも、周りでそろばんができる人がいないし、そろばんを習いに行ってるという子もいないから。
文房具屋にこんなに売っているのに、需要は??という疑問。
のちのち学校で勉強するのかな?
でもこれらのそろばんの形?長さ?何をどう統一して授業するのだろう?

日本ではもうそろばん塾は減少傾向にあるのだろうか。
私は一応そろばん2級をもっている。
2級なんて大したことはないが、今でも買い物をしていて暗算するときは指が動く。
いずれは子供らに教えてあげようと思っている。
あと、指先動かして私の老化防止のためにもなるかもな。(爆)
posted by ubor at 11:54| Comment(6) | TrackBack(0) | 日常チャ飯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。